山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:根子岳偵察  名前: 2012/08/30(木) 21:58 No.2791  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2791の画像を原寸大表示します 杵島岳は、引っ掻き傷だらけです。
  
 

題名:Re: 根子岳偵察  名前: 2012/08/30(木) 22:54 No.2792  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2792の画像を原寸大表示します 地質巡検をしている。
車のは「群馬」のナンバープレートと、レンタカー。


知り合いはいないようでしたので、通過。

  
 

題名:Re: 根子岳偵察  名前: 2012/08/30(木) 22:08 No.2793  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2793の画像を原寸大表示します 根子岳のヤカタガウド登山口まで向かうと・・・



  
 

題名:Re: 根子岳偵察  名前: 2012/08/30(木) 22:13 No.2794  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2794の画像を原寸大表示します 釣井尾根コースは崩れている所があるものの、大丈夫。
前原牧場登山口も大丈夫そう。

大戸尾根ルートの上色見登山口は、


  
 

題名:Re: 根子岳偵察  名前: 2012/08/30(木) 22:17 No.2795  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2795の画像を原寸大表示します 鍋の平から日ノ尾峠への道は、当然ダメです。
  
 

題名:Re: 根子岳偵察  名前: 2012/08/30(木) 22:51 No.2796  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2796の画像を原寸大表示します ちなみに、根子岳南峰のルートは崩壊しています。
迂回するしかありません。

  
 

題名:Re: 根子岳偵察  名前: 2012/08/30(木) 22:59 No.2797  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2797の画像を原寸大表示します 次の日曜日、根子岳登山が楽しみ!


題名:阿蘇の米塚   名前: 2012/08/30(木) 21:53 No.2790  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2790の画像を原寸大表示します 2012年08月30日(木)
仕事を休むことができる日には、休む。

気になる山がある。
そうです。根子岳!
先月の雨で、変わり果てているようだ。
しかし、午後には雨になりそう。崩れる前には何度も雨でも登っていたので、雨は問題ない。
でも、日曜日にみんなで登る予定なので、今日は根子岳は断念して、偵察へ。

阿蘇山系に近づくと、雲行きが怪しい。低いところは、まだ大丈夫。

機会がなかった米塚に登ってみるチャンス!
『養生のために登山禁止』の看板はなくなっている。以前に登ったはずだが、記憶と違う。登山口もルートもなくなっている。藪漕ぎしかない、元登山ルートは落とし穴のように深くなっており危ない。もちろん、最近の踏み跡は全くない。これって、今も登山禁止なのかもしれない。

頂は、いい風。
凧を、一気に浮揚させるものの、雲行きが怪しい。200mほどラインを出して、10分ほどで回収。いつ雨になるか・・・

米塚の全容を捉えるには足りないようだ。ラインを長く出すか、カメラを広角にするか。

さっさと、下山。



題名:五家原岳(小川内渓谷) 沢  名前: 2012/08/26(日) 19:41 No.2786  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2786の画像を原寸大表示します 2012年08月26日(日)
朝7時に福岡を出発。
いつものメンバー、Oさん、Tドライバーさん。

2時間ちょっとで黒木の登山口。
大勢の先発隊にびっくり! 小川内渓谷に入ったのは全部で30人位か。長崎方々、久留米の方々・・・

2m,6mの滝、先行する人たちに追い着く。あとは順番待ち。目の前には10人ほど取り付いている。
Tドライバーさんに続いて、取り付く。これだと、フリーで充分です。

8mほどの斜滝がある。上の部分がちょっと難しいかもしれないが面白そう。しかし、横の階段状の岩場を登る。
あれっ、落し物。スリングとカラビナ。グループ名と名前が書いてある。先行するグループに聞くと、更に先行する人たちの物らしい。

沢を登りつめて、林道に這い上がり終了。

平谷温泉(600円)で汗を流して帰路に着く。



題名:大山内岳(藤河内渓谷並松谷)  名前: 2012/08/28(火) 21:45 No.2781  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2781の画像を原寸大表示します 2012年08月19日(日)
去年、藤河内渓谷の並松谷を登り観音滝に見るつもりだった。
分岐で、明るき開けたコシキ谷に行ってしまった・・・

今回はリベンジです。

朝6時に福岡を出発。今回、ご一緒させて頂いたのは、OさんとTドライバーさん。
10時半に入山。
川の水が気持ちいい!

先発隊がいるようだ。あれっ、降りて来られた・・・忘れ物を取りに戻っているらしい。
南阿蘇から来られた方でソロ。昨日も登って、一泊したとのこと。すごい!

登っている我々とは逆に、キャニオニングで滑り降りている人たちと離合
https://sites.google.com/site/otterdownstream/
楽しそうです。

今回は間違えずに、分岐を右へ。

どんどん進む。難度がない登りだが用心しながら進む。

一気に、
広々とした、
真上に見上げる滝。
すごい!これが、観音滝!


さっさと、下山。
一般登山ルートで30分ほど、車道を15分ほど。
皆さんを迎えに車を回す。

ヒルに2か所吸われた。
「湯〜とぴあ」で汗を流して帰路に着く。

帰宅後に片付けていると、お土産になったヒルがいる・・・

  
 

題名:Re: 大山内岳(藤河内渓谷並松谷)  名前:登るタクシードライバー 2012/08/24(金) 03:17 No.2782  HomePage 58-3-41-194.ppp.bbiq.jp

2782の画像を原寸大表示します  凧さん 日曜日はお疲れ様でした!

観音滝想像以上に大きな滝でした。
26日は鋸切谷ですか?
それとも沢グルメさんが遡行した沢ですか?

私は腰が痛いので安全に鋸切谷で遊びたいです(笑)

  
 

題名:Re: 大山内岳(藤河内渓谷並松谷)  名前: 2012/08/24(金) 15:41 No.2784  211.121.166.168

2784の画像を原寸大表示します 26日,天気によっては違う所にしないといけないようですね。



題名:北鎌尾根&立山とはビックリですよ。  名前:クライマーDON 2012/08/18(土) 21:12 No.2779  HomePage 116-94-186-49.ppp.bbiq.jp


クラシックルート制覇おめでとうございます!(^^)!

しかも続いて、立山家族登山とはまたまたビックリです。

北鎌尾根&立山の空映最高です。(^.^)/~~~

そうすると来年は剱または奥穂高の写真を見たいですね!!

  
 

題名:Re: 北鎌尾根&立山とはビックリですよ。 
名前: 2012/08/19(日) 22:32 No.2780  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2780の画像を原寸大表示します DONさん、こんばんは。

宿題をいただき、ありがとうございます。
剣、魅力的です。



題名:黒部立山アルペンルート  名前: 2012/08/14(火) 20:04 No.2768  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2768の画像を原寸大表示します 2012年08月10日(金)
黒部立山アルペンルートを家族登山。

0時に福岡を出発。11時間半、1000km超。
扇沢から車を回送してもらい、トロリーバス、ケーブル、ロープウェイを乗り継いで室堂。

室堂付近を散策後、みくりが池温泉に宿泊。
食事が美味しい。

2012年08月11日(土)
天気予報では降雨確率が50%以上、当初の予定の浄土山はパス。

7時に宿を出て、2時間弱で雄山(3003m)。
しっかり御祓いしていただきました。

風は強いが、このチャンスは生かしたい。
頂上のお社で揚げるわけにはいかない。社務所の南側の三角点付近から一気に浮揚。200m以上ラインを出す。
山頂の神殿を写すために、揚げたまま鳥居付近に移動。
これより先は神域という所で、宮司さんに止められる。当然です。そんな罰当たりなことはいたしません。
30分間ほど浮揚して撮影。

立山最高峰の大汝山へ。
気流が乱れる。浮揚し難い。ポツリ、ポツリ・・・雨。
即撤収。

レインコートを着る。富士の折立の頂はパスして、真砂岳。
昼過ぎに、内蔵助山荘に着く。
快適な山小屋、ゆっくりとくつろぐ。
雪渓で冷やされたビールが美味しい。

2012年08月12日(日)
天気予報では雨だったが、見事に外れて夜明けから快晴。

5時の朝食後に出発。

西に白山が見える。南東遠くに富士山も見える。
日本三霊山。

雷鳥の雌雄2羽を見かける。
雛のようだ。

別山・南峰(2874m)で弱い風を捉えて浮揚。10分弱、数十mのみ。
三女も凧を揚げている。

硯ヶ池は雪渓になっている。
北峰(2880m)に行ってみるが風が弱い。

剣岳を見ながら、のんびり下山。

雷鳥沢ヒュッテに宿泊。
露天風呂が素晴らしい。

2012年08月13日(月)
6時の朝食後に宿を出る。
バスターミナルまで40分ほどかかる。ザァーと雨が降り出す。レインコートを着て、ザックカバーを付ける。
バス、ケーブルを乗り継いで立山駅。
170kmほど回送された車に乗り込み、帰路に着く。
大阪付近の混雑のため、12時間以上かかって帰宅。

  
 

題名:Re: 黒部立山アルペンルート  名前: 2012/08/14(火) 23:28 No.2771  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2771の画像を原寸大表示します のんびり、くつろいだ山歩きでした。
  
 

題名:空撮成功おめでとうございます。  名前:凧男 2012/08/15(水) 06:30 No.2772  HomePage softbank219015220019.bbtec.net

わ〜すごい!3000mを超える雄山での空撮成功をお祝い申し上げます。それも家族登山でのできごととお聞きしました。うらやましい限りです。天候や風や仲間に恵まれての空撮…本当におめでとうございます。
  
 

題名:北信越往復ですか!?  名前:風来坊 2012/08/15(水) 16:08 No.2773  p4054-ipbfp1303fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

2773の画像を原寸大表示します こんにちは、凧さん。
久し振りにHPを見て、北鎌尾根、そして2日後に立山とありました。まさか、一旦帰ってから再び遠征とは!!
立山の日程が長めでしたので、家族登山とは思いましたが、立山で凧が揚げられて満足されたのではないでしょうか?
娘さんも凧を揚げたとか!? 凧の子は凧ですね(笑)
日本三霊山を見れて最高の山歩きを楽しめたことと思います。
私も立山に8月中には行きたいと計画中です。

  
 

題名:Re: 黒部立山アルペンルート  名前: 2012/08/15(水) 18:29 No.2774  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2774の画像を原寸大表示します 風来坊さん、こんばんは。
立山の山登りでは2000km以上運転しました。富山・石川県は初めてでしたので、地名も馴染みがなく新鮮でした。

今、福岡は30℃以上あります。立山山系は過ごし良かったです。

  
 

題名:Re: 黒部立山アルペンルート  名前: 2012/08/17(金) 08:52 No.2777  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2777の画像を原寸大表示します さすが立山、登山者がたくさんいました。
  
 

題名:Re: 黒部立山アルペンルート  名前: 2012/08/17(金) 16:33 No.2778  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


11日は昼から雨でしたが、翌朝には快晴でした。



題名:北鎌尾根  名前: 2012/08/09(木) 20:45 No.2764  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2764の画像を原寸大表示します 2012年08月05-08日

(レポートは後日いたします)

  
 

題名:Re: 北鎌尾根  名前:クライマーDON 2012/08/09(木) 21:41 No.2765  HomePage 210-191-106-131.ppp.bbiq.jp

北鎌尾根、行きたいけれども行けてません(-_-)

レポート期待して待っています。

  
 

題名:Re: 北鎌尾根  名前:豊津の信ちゃん 2012/08/10(金) 09:38 No.2766  HomePage i219-167-123-3.s02.a040.ap.plala.or.jp

2766の画像を原寸大表示します お疲れ様でした〜
とうとうやりましたね!!
今年は徳本峠〜霞沢岳〜上高地〜焼岳〜西穂山荘〜西穂高岳〜上高地と歩きました。
前半雨でしたが、西穂は素晴らしいお天気でした。
西穂から見た槍ヶ岳です。
レポート楽しみにしています。

  
 

題名:Re: 北鎌尾根  名前: 2012/08/14(火) 20:02 No.2767  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2767の画像を原寸大表示します クライマーDONさん、豊津の信さん、こんばんは。

北鎌尾根、レポートいたします。


2012年08月05日(日)
Tドライバーさんと出発。登山口までのアプローチが困難。
登山者らしき人に、次々に声を掛け同じアプローチのお二方とタクシーを同乗する。

3時間ほど歩いて、この日のねぐらに着く。
天気予報が心配。夜半過ぎには雷雨・・・

2012年08月06日(月)
朝5時に食事。雨の中、5時半には歩き始める。
大曲から水俣乗越へ。
張り切りすぎると、調子に乗ってしまう。ルートミス!
300mほど東の稜線に這い上がる。1時間半ほどロスしてしまう。

天井沢を降り、北鎌沢出会。
水5L以上を背負って登る。
分岐は右へ、右へ・・・、最後の分岐は左へ。
あれれ、またルートミス!しかし、そこにも踏み跡がある。

北鎌のコルより南100mの稜線に出る。
17時過ぎ、P8でテント設営。

夜に見上げた空は月が出ていても天の川がはっきりと見えてきれいでした。

2012年08月07日(火)
ご来光がきれい。夜明けとともに行動開始。雲行きが怪しい、小雨が降り出す。
顔に2〜3か所、ブユに刺されており、右目が半分しか開かない。
ルートは分かりやすい。天狗の腰掛を過ぎ、独標のトラバース。
核心と言われている所もあっけなく通過。
途中から稜線を目指して斜面を這い上がり、独標の頂(2899m)へ。
7時半、一気に晴れあがり風もある。Tドライバーさんにお気遣いいただき、浮揚。
100m以上ラインを出す。10分ほど撮影。

稜線上の岩をトラバースを繰り返す。
どうもおかしい。核心と言われていた所より難しい。

P15に、大きなザックが2つ。支点にスリングを掛け、さらに小岩で押さえ付けられている。
救助用品なのだろうか。

11時前、北鎌平。
ここで稜線を登れば良かったのだが、右手に見えたトラバースルートに誘われた・・・
稜線から外れ、小槍に近づく。
ガレの斜面にヘルメットが転がっている。何かのはずみに落としてしまい、回収できなかったものだろう。
ということは、やはりルートはこのガレの斜面の上のはず。
ガレ場を這い上がり稜線に戻ると、踏み跡がしっかりあるルート。

あとは、有名なチムニーを登るだけ。

祠の後ろから頂へ。
反対側から登って山頂に居た人が10人くらい。私どもが登ってくると拍手してくれる人もいて有難い。

ガスで視界は360度、真っ白。時折、上昇気流がある。
浮揚させてみるが、墜落。岩角に引っ掛かる。回収のため岩場をクライミグダウン。同じ事を3度も繰り返し、断念。

一般ルートの鉄梯子を降り、肩の小屋で遅い昼食。

後ろ髪を引かれながら下山。Tドライバーさんは、足の調子が悪いようだ。一歩一歩、ゆっくり進んでいる。
18時過ぎに宿泊地点にたどり着く。


2012年08日08日(水)
5時の朝食後、さらに下山。
Tドライバーさんは歩くのが辛そう。

テレビや映画の『剣岳 撮影の記』で見覚えのある山岳ガイドとすれ違った。
その次に、全く違ったオーラが・・・
押切もえ さんとすれ違った。

昼食後、アルペンホテルで汗を流して帰路に着く。
帰路も行きと同じお二方とタクシーを同乗していただく。

今回の北鎌尾根、Tドライバーさんとご一緒していただいたので心強く歩むことができました。感謝、感謝です。

  
 

題名:Re: 北鎌尾根  名前:豊津の信ちゃん 2012/08/14(火) 21:37 No.2769  HomePage i219-164-99-126.s02.a040.ap.plala.or.jp

2769の画像を原寸大表示します 凧さん、レポート拝見しました。
素晴らしい山行でしたね。
やはり水俣乗越から歩かれたんですね。
槍ヶ岳から東鎌尾根を通って歩いた時に、水俣乗越からのトレースが付いていました。
私たちも槍ヶ岳の山頂に居た時に、北鎌からの登山者に出会い、
やはり拍手しました〜

けど、槍ヶ岳から帰られてまたすぐに家族サービスで立山へ。
ゆっくりと休養されてくださいね。
2010年の東鎌尾根から眺めた、槍ヶ岳北鎌尾根です。

  
 

題名:Re: 北鎌尾根  名前: 2012/08/16(木) 07:52 No.2770  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2770の画像を原寸大表示します 豊津の信さん、こんばんは。

今回、北鎌尾根は先行者も後続者も居ませんでした。


Tドライバーさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/shinoji2001/

  
 

題名:Re: 北鎌尾根  名前:登るタクシードライバー 2012/08/17(金) 03:10 No.2775  HomePage 58-3-41-177.ppp.bbiq.jp

2775の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

北鎌の後、車を運転して立山に登るなんて!!!
超人としか思えません。

私は疲れが取れずに大変でした(笑)
初めての北アルプスだったので
レポートに力が入り
やっと昨日投稿終わりました。

私はお盆の山小屋泊まりは出来そうにないので
来年も今回と同じような日程で
アルプスに行きましょう!

  
 

題名:Re: 北鎌尾根  名前: 2012/08/17(金) 08:46 No.2776  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2776の画像を原寸大表示します 登るタクシードライバーさん、こんにちは。

お疲れさまでした。
尾根筋のルート上の獣の糞(たぶん猿)や私だけがさされたブユは、他の登山道では見かけませんでした。あそこだけなのでしょうかね。

来年?
まず今週末をどうしましょう・・・



題名:金山(坊主川)  名前: 2012/07/31(火) 16:57 No.2761  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2761の画像を原寸大表示します 2012年07月29日(日)
私事のため近場に変更。金山の坊主川になりました。
ご配慮いただき有難うございました。


OさんとTドライバーさんと8時半に出発し、入山は9時過ぎ。


下山後、大雨。
途中に見かけた水遊びをしている人たちは大変だっただろうな・・・


「もう、その帽子は恥ずかしいぞ」と言われて購入。
ごもっともです。

  
 

題名:Re: 金山(坊主川)  名前: 2012/08/08(水) 21:30 No.2763  HomePage ntfkok132062.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2763の画像を原寸大表示します 沢でのGPSはあてになりません。


題名:阿蘇の情報  名前: 2012/08/01(水) 14:28 No.2762  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


雨で阿蘇の山々はどうなっただろう?
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001208010002



題名:井原山(新村・水無)  名前: 2012/07/28(土) 19:31 No.2760  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2760の画像を原寸大表示します 2012年07月28日(土)
糸島峠が通れないので、やっぱり新村から入山。この時季に登山口には車がないので人気のないルートです。

背負っているザックはフル装備20kg。暑い、シャリバテか、休み休み登る。いつもの2倍の時間がかかった。

インスタント・ラーメンをすすって、水分と塩分を補給。

常連のTさんたちに声を掛けてもらう。

山腹を雲が這い上がってくる。弱い風。
凧は揚がるものの、なかなかカメラが持ち上がらない。
3度ほど揚げ降ろし。600枚ほど撮影。

三瀬峠から入山した年配のグループが水無のキツネノカミソリを見て新村分岐から戻るらしい。不案内のようなのでついて行く。
疲れて水無の駐車場に下山した人もいたようなので、後で迎えに行くのが大変そう。新村分岐で別れを告げて、私は新村に下山。



オオキツネノカミソリは、そろそろ見頃になっていました。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 10
07/23 () 10
07/22 () 10
07/21 (金) 6
07/20 (木) 9
07/19 (水) 12
07/18 (火) 8
07/17 (月) 12
合計: 41829

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web