山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:右田ヶ岳  名前: 2013/02/17(日) 21:42 No.2936  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2936の画像を原寸大表示します 2013年02月17日(日)
今日はいつもよりゆっくり、朝7時に福岡を出発。
ご一緒させて頂いたのは、OさんとTドライバーさん。

目指したのは右田ヶ岳。
高速道路を通っていると目立っていた岩山。
旧版の日本の岩場に1ページだけ載っているので偵察です。

右田小学校付近から入山。
たくさんの観音様を拝んで、石船山。
近くにあるはずの「ロックタワー」という岩場はどこかわからない。
右田ヶ岳に向かって、しばらく進んだところですれ違った人に教えて頂きました。この山の常連さんのようです。ありがたい。

右田ヶ岳山頂には旗がたなびいています。毎日、上げ下げしているのでしょうか。この山頂からの眺望は素晴らしい。
風を捉えて100mほど凧揚げ。あまり安定した風ではないので数分で回収。

少し戻って西峰を経て、屏風岩。
立派な岩場です。しかし、ピンに不安。錆びたリングと数か所ペツル。取り付きだろうと思う地点付近の土砂が崩れている。とても登れるような状況ではありません。残念。

勝坂登山口に下山して車まで戻り、再び入山。
もう一度「ロックタワー」へ。石船山東側直下の40〜50mほどのスラブ状の岩塔です。

今度は場所を確認。トップロープにはできそうもない。
下山。

長沢ガーデンの温泉で汗を流して帰路に着く。

  
 

題名:Re: 右田ヶ岳  名前: 2013/02/17(日) 21:43 No.2937  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2937の画像を原寸大表示します 右田ヶ岳の山頂
  
 

題名:Re: 右田ヶ岳  名前: 2013/02/17(日) 21:43 No.2938  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2938の画像を原寸大表示します 凧浮揚
  
 

題名:Re: 右田ヶ岳  名前: 2013/02/17(日) 21:45 No.2939  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2939の画像を原寸大表示します 屏風岩。
  
 

題名:Re: 右田ヶ岳  名前: 2013/02/17(日) 21:46 No.2940  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2940の画像を原寸大表示します 「ロックタワー」石船山東側直下の40〜50mほどのスラブ状の岩塔
  
 

題名:山頂の旗  名前:凧男 2013/02/19(火) 06:03 No.2941  HomePage softbank219015220019.bbtec.net

2941の画像を原寸大表示します 山頂に旗が掲揚されているとは珍しいですね…。誰か掲揚されているのでしょうか?山頂で凧が揚がったようですが数分で回収…とのこと残念でした。しかし回収の決断が良かったと思います。無理をすれば墜落・機材の破損などが予測されますので…。山登りも凧揚げも「天候に逆らわない…安全第一」だと思います。
  
 

題名:Re: 右田ヶ岳  名前: 2013/02/19(火) 17:53 No.2942  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2942の画像を原寸大表示します 凧男さん、こんにちは。

山頂の旗は野ざらしになっているようなものではありませんでしたので、毎日上げ下げしていると思います。同じようなことをやっている山は、鹿児島の蔵王岳(加治木)や福岡の岩石山(添田)もあります。たぶん、全国にはまだたくさんあると思います。

ご指摘どおり、今後も安全第一にしたいと思います。



題名:こんばんわ  名前:S・TAROU 2013/02/05(火) 23:01 No.2929  pl722.nas986.p-fukuoka.nttpc.ne.jp


こんばんわ。
立石山だったんですね。
芥屋はよく行くんですが立石山は何時も芥屋から眺めるだけ。
久し振りに登ってみたいと思っていました。

>空気が汚いのを息を吸い込むごとに感じる。
ちょっと意外でした。
中国からの汚染物質が影響してたんでしょうかね。

  
 

題名:Re: こんばんわ  名前: 2013/02/06(水) 21:45 No.2930  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

S・TAROUさん、こんばんは。

立石山は、海と空の景色が好きです。


これから5月ぐらいまで黄砂とともに空気の汚れは気をつけたほうがいいように思います。
http://www.fihes.pref.fukuoka.jp/taiki-new/Jiho/OyWbJiho01.htm



題名:立石山  名前: 2013/02/04(月) 22:17 No.2928  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2928の画像を原寸大表示します 2013年02月02日(土)
日曜日が仕事。
土曜日の午後、遅くなって登ってきました。

一気に這い上がる。景色が霞んでいる。
空気が汚いのを息を吸い込むごとに感じる。
阿蘇の火山ガスのほうがましに思う。

西風を捉えて浮揚。
アングルは全て逆光。

夕日見物の人が3人登って来た。

太陽が沈む前に車に戻り帰路に着く。



題名:阿蘇(仙酔峡)  名前: 2013/01/27(日) 18:42 No.2927  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2927の画像を原寸大表示します 2013年01月27日(日)
いつものように阿蘇へ。

今日、ご一緒させて頂いたのは、M浦さん、Oさん、TDさん。

9時過ぎに仙酔峡から入山。
駐車場の横の滝が融けています。下までつながっていません。ガッカリ・・・

水が流れる音がする。足元の氷が割れて、ドボン!
膝まで濡れたが、すぐに凍りつく。

いつもは凍っている滝もシャーベット状。
流れる水のシャワーを浴びながら這い上がる。

お目当てのシークレットプレースの氷は細くなっています。
これでは登れません。ガッカリ・・・


おまけに火山ガスまで吹いて来ました。咳き込む人もいるくらい。長居は無用。撤退。

随分早い下山になってしまいました。
かんぽの宿で汗を流して帰路に着きました。



題名:冬山便り  名前:けい爺 2013/01/22(火) 22:07 No.2924  ntfkok195068.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


凧さんこんばんは。お気づかいありがとうございます。伯耆大山や阿蘇、いつもながらアクティブな行動に敬服いたします。当方足負傷につき、しばらくは皆さんの冬山便りを楽しく読ませていただくことにします。皆さんもけがには十分気をつけられて下さい。
  
 

題名:Re: 冬山便り  名前: 2013/01/23(水) 22:28 No.2926  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2926の画像を原寸大表示します けい爺さん、こんばんは。

肉離れでしょうか、車までたどり着くのが大変だったことと推察いたします。おだいじにされて下さい。



題名:阿蘇(赤谷)  名前: 2013/01/22(火) 08:02 No.2922  HomePage 211.121.166.168


2922の画像を原寸大表示します 2013年01月20日(日)
日曜日の定期便、「福岡発 阿蘇行き」

一緒に福岡を出発したのは、OさんとTドライバーさん。
かんぽの宿で、M浦さんと合流。
仙酔峡の駐車場で、前泊の若宮山岳会の会長さんとI松さんと合流。I松さん、初めまして。

本日の阿蘇の赤谷、九州の物好き全員集合です。
30人位が入山している。
私どもは最後尾。9時半に入山。急いでも渋滞です。

関門に達すると、先発隊が見える。

今冬から凍っている滝を這い上がり、赤谷の出合の滝。
前回(12月)に比べると、よく凍っています。


三段の滝を這い上がって、本日はここまで。ピストンで下山。懸垂の連続です。支点がない所にはハーケンを刺す。

先発隊は赤ガレを下るらしい。手際よく、どんどん下山されていた。

かんぽの宿で汗を流して、帰路に着く。

たくさんの方々とお会いしたり、ニアミスしたりでした。
Sさん、K川さん、Iさん、Kさん、Yさん・・・



題名:伯耆大山(主稜線縦走)  名前: 2013/01/15(火) 21:12 No.2917  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2917の画像を原寸大表示します 初めての伯耆大山の主稜線縦走の条件として、次の2点を重視していた。
・視界があること
・トレースがあること
5年前から、1年に1〜2回登ってきたが、冬にこんな条件になることは難しい。
今回は冬の気圧配置が崩れるはず。しかし、午後には天気が悪くなりそう。

2013年01月13日(日)
前日の土曜日、職場を離れたのが15時過ぎ。
チャレンジャーY田さんに連絡すると、若宮山岳会の会長Fさんもご一緒できるとのこと。
Tドライバーさんと合流して、18時に福岡を出発。

蒜山SAに24時前に到着して、休憩・仮眠。満天の星空。

朝4時に準備開始。南光河原(なんこうがわら)駐車場を6時半に出発。ヘッドライトを点けて歩き出す。快晴。
弥山の山頂に9時過ぎに着く。

8m/sほどの風を捉えて、一気に200m以上浮揚。
しかし、今回はこれからが核心。さっさと回収する。


主稜線が一望できる。先発隊のトレースがある。
ベストな条件です。

9時半過ぎに稜線に踏み出す。
先発の3人は京都大山岳部、頼もしい!
続く3人は香川から来られた方々、慎重にザイルを設置して進んでいます。途中で、先を譲って頂きました。
我々も、先発に見習って一旦はザイルを出す。しかし、足跡はしっかり踏み固められており不安はありません。後は、フリー。
後続にソロの方は冬は初めてらしい。
さらに後続の方は手馴れているようで、どんどん追い着いて抜いて行かれた。
さらに後続に3人のパーティ。

剣ヶ峰、天狗ヶ峰、象ヶ峰を経て、下りが急になる。
振り向くと、歩いて来た稜線が見える。凄い所を歩いたものだ。

ユートピア小屋近くから下る。
いっきに雲が広がり、雲海。三鈷峰が雲に浮かんでいる。

宝珠尾根を下宝珠越まで、二俣に下りて、ひと安心。
大神山神社でお参りして、とやま旅館へ。

15時にもなっていないが、薄暗い。みぞれが降ってきた。

  
 

題名:Re: 伯耆大山(主稜線縦走)  名前: 2013/01/16(水) 07:48 No.2918  HomePage 211.121.166.168

2918の画像を原寸大表示します 宿で乾杯。夕食は蟹鍋で満腹。
みんな、20時には寝てしまう。



この日,夏道登山道にたくさんの登山者を見かけた。その中には,モンベルの社長の一団もあったらしい。

  
 

題名:Re: 伯耆大山(主稜線縦走)  名前: 2013/01/15(火) 23:36 No.2919  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2919の画像を原寸大表示します 14日の朝はゆっくり朝食。

足立美術館を見学。素晴らしい庭園と驚くほどの数の絵画・芸術品。堪能し、感動しました。

帰路、昼食に立ち寄った「八川そば」で食べた「ざいごそば」。美味しさと食べ応えがありました。

18時に福岡に戻る。

  
 

題名:Re: 伯耆大山(主稜線縦走)  名前:探検S 2013/01/16(水) 20:33 No.2920  p9009-ipngn100508fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

縦走路で凧を上げたら飛んでいっちゃいますね…
いや〜何度みても恐ろしい場所です。
天候に恵まれて良かったです!!

  
 

題名:Re: 伯耆大山(主稜線縦走)  名前: 2013/01/16(水) 21:30 No.2921  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2921の画像を原寸大表示します 探検Sさん、こんばんは。
書き込みありがとうございます。

確かに縦走路では凧揚げは難しいです。
しっかりとセルフビレイすることができたら大丈夫です。
次の機会には、スノーアンカーの『デッドマン』を用意したいと思います。

今回は条件に恵まれました。5年間待った甲斐がありました。



題名:阿蘇(仙酔峡)  名前: 2013/01/15(火) 22:03 No.2914  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2914の画像を原寸大表示します クライマーDONさん、ありがとうございます。

2013年01月06日(日)
今年初めての阿蘇はアイスクライミング。

いつものように、Oさん、チャレンジャーY田さん、Tドライバーと
6時に福岡を出発。

8時過ぎにかんぽの宿の着き、(元?)根子岳の主のIさんとM浦さんと合流。Iさんは今回もお会いするだけで不参加、残念・・・
そして、大分のクライマーDONさん、トモさんとご一緒させていただきました。

仙酔峡の駐車場の滝は氷が小さいのでパス。
-4℃だが、風がないので暖かい。

薄氷を遡行して、(元?)シークレットプレース。
先発の足跡がありましたが、誰もいません。


一人ずつ交代して懸垂下降、アックスとアイゼンで這い上がる。
氷が薄いので、アックスを刺すとボロッ、アイゼンで蹴るとボロッ。

楽しめるのは、これかからですね。

一般道で下山し、かんぽの宿で汗を流して帰路に着く。


ちなみに、Yさんのアイススクリューが紛失しました。
拾われた方がおられましたらお知らせください。

  
 

題名:Re: 阿蘇(仙酔峡)  名前:登るタクシードライバー 2013/01/11(金) 03:23 No.2915  HomePage 58-3-46-88.ppp.bbiq.jp

2915の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

仙酔峡は意外な程凍ていませんでした
寒いはずなのに・・・不思議です?

アックスと1本ツメアイゼン凄い性能でした
アイスは道具か技術か
どちらでしょう?

仙酔峡も良いですが・・・赤谷も気になります

  
 

題名:Re: 阿蘇(仙酔峡)  名前: 2013/01/11(金) 22:37 No.2916  HomePage ntfkok253128.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2916の画像を原寸大表示します 登るタクシードライバーさん、こんばんは。

アイスのシーズンは、これからなのでしょうね。期待しています。

道具か技術か、どちらか?
いえいえ、パートナーでしょう。ご一緒していただけるから登れます。

是非、赤谷に行きましょう!



題名:追加の写真 2  名前:クライマーDON 2013/01/06(日) 19:27 No.2913  HomePage 175-28-165-226.ppp.bbiq.jp


2913の画像を原寸大表示します 追加の写真です。


題名:追加の写真。  名前:クライマーDON 2013/01/06(日) 19:26 No.2912  HomePage 175-28-165-226.ppp.bbiq.jp


2912の画像を原寸大表示します 追加の写真です。

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 4
02/23 (金) 4
02/22 (木) 3
02/21 (水) 8
02/20 (火) 5
02/19 (月) 9
02/18 () 4
02/17 () 2
合計: 43287

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web