山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:犬ヶ岳(恐淵谷) 沢  名前: 2012/07/16(月) 22:53 No.2755  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2012年07月16日(月)海の日
「九州北部豪雨」のため、じっとしていられない。
いつもの馴染みのある所が・・・!
しかし、できることはない。

というわけで、行くことができる場所は限られている。
反対側の南斜面の山国川や中津は大変なことになっているが、雨の降り方は斜面によって違うので恐淵谷を選定。

Oさんは昨晩の雨量を懸念してキャンセル。
TドライバーさんとチャレンジャーY田さんと、朝7時に福岡を出発。

9時過ぎに登山口に着き。装備し、入山。
水量は特に多いわけではない。降った雨はすでに流れたようです。

青い空、緑の木々、陽射しで水面が眩しい。
快適にどんどん歩いて、大滝までザイルはフリー。


大滝はザイルを出します。リードさせていただきました。

まだ、午前中。
いつもはここで下山するが、もう少し遡行。
登山道に出会った所から登山道で林道まで行き、昼食。

エンジン音! 経読林道をオフロードバイクが登って来られました。岩屋から入山されたとのこと。野峠方向に颯爽と走って行きました。

Tドライバーさんは林道にあったベンチを見つけて、記憶を確認。

登山道を下山。14時前、入渓地点で汗が出るからだを冷やしているとOさんから電話。福岡市は雨らしい。こちらは快晴。メールをチェックすると、福岡市には大雨警報が出ている。

登山口で着替えていると遠くで雷鳴。
求菩提温泉「卜仙の郷」(400円)で汗を流す。30分ほどで一変。外は大雨。

福岡までの帰路。大雨と晴れの地域を通過して、17時半に帰宅。

帰宅直前に通過したラリナガ、私のとは色違いの車が停まっていました。SGさん、頑張っているなぁ〜

  
 

題名:Re: 犬ヶ岳(恐淵谷) 沢  名前: 2012/07/21(土) 21:59 No.2756  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2756の画像を原寸大表示します ルート・マップ


題名:もう沢ですね!  名前:クライマーDON 2012/07/11(水) 06:55 No.2752  HomePage 110-54-55-173.ppp.bbiq.jp


もう今年の沢は2回目ですか。寒くはないですか?

(沢にはピッケル): 沢登の常識になるかもしれません!

時間がとれたら、ご一緒させてください。 

  
 

題名:Re: もう沢ですね!  名前: 2012/07/11(水) 21:01 No.2754  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

クライマーDONさん、こんばんは。

寒くありませんよ。水温が気持ちいいです。

沢にはMIZOのハンマーが良さそうですが、とりあえず使い慣れたピッケルを使ってみました。大きくて邪魔になることも多いですが便利です。

機会がありましたら、是非ご一緒させてください。



題名:井原山(洗谷) 沢  名前: 2012/07/09(月) 21:55 No.2750  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2750の画像を原寸大表示します 2012年07月08日(日)
今回は、夕刻に仕事が入っている私の都合で井原山の洗谷。
遠出したかった方々、スミマセン。

朝9時に現地集合。
登山口にTドライバーさんのタクシー登場。
あれっ、チャレンジーY田さんもご同乗。復活!
もちろんOさんもおられる。

今日の洗谷はたくさんの登山者。
この時点で登山口を通過した登山者4人。
装備して入山する頃にさらに3人。常連さんが2名。

F1はパスして、倒木が少なくなった所から入渓。
この時季は沢がいい。まだ、虫も少ないので快適。

水量が多い。
とは言いつつも、ザイルを出したのは二段の滝だけ。
皆さん、ほとんどフリーです。

下山中にルートを外れて沢に入り込んだ方に、Tドライバーさんがアドバイス。
ショップの企画のたくさんの団体さんが登って行かれます


雷山への縦走路側への支流に入り込み、滝を2つほど登って開けた所で昼食。

その後は下山。
Y田さんは、やはり足が痛そう。ぎこちない。

途中で拾ったストックの部品2つ、元は一つだったか分かりませんが使える状態になったので登山口に置いてきました。



帰宅後に2時間近くかかって仕事へ。2時間ほど仕事して2時間かかって、帰宅。

  
 

題名:Re: 井原山(洗谷) 沢  名前:登るタクシードライバー 2012/07/11(水) 03:54 No.2751  HomePage 58-3-53-84.ppp.bbiq.jp

2751の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

やはりチャレンジャーが参加したら楽しいですね!
今回は登山者の多さにビックリしました

山ブームは来てますね(笑)

北アルプスの為15日朝まで仕事するので
山行きは16日でお願いします(笑)

  
 

題名:Re: 井原山(洗谷) 沢  名前: 2012/07/11(水) 20:49 No.2753  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

登るタクシードライバーさん、こんばんは。

登山者、多かったですね。
若い人が目立ったように感じました。

次は16日ですね。了解しました。
さて、15日はどこに行こうか・・・



題名:宝満山  名前: 2012/07/01(日) 21:24 No.2747  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2747の画像を原寸大表示します 2012年07月01日(日)
午前中は仕事。それも、しっかり長引きました。職場を離れたのは14時半。久し振りに宝満山を目指しました。いつもだったら竈神社から取り付きますが、途中まで車で上がっても停めれそう。

さすが人気のある山。すれ違う人が何人も居ます。
暑い、汗でビッショリ。
45分ほどで山頂。

風はある。準備して、凧を浮揚。しかし、乱流。落下。
乱流を越えた上空まで揚げれば、安定するはず。数回試みる。
しかし、雨も降ってきたので撤収。

30分ほどで下山。


帰宅後、片付け。
そして、電気屋さんへ。
今朝、ブレーカーを2度も落としたレンジを買い換えました。

  
 

題名:Re: 宝満山  名前:S・TAROU 2012/07/01(日) 22:26 No.2748  pl717.nas986.p-fukuoka.nttpc.ne.jp

凧さん こんばんわ。
宝満山でしたか〜。私も暫く登っていません。
45分で山頂とありましたのでびっくりしました。
軌跡を見たら二合目?で車を停めてありますね。
今日も暑かったですね。風も強かったでしょうね。
今日は一日中、家に閉じこもりのままでした。

  
 

題名:Re: 宝満山  名前: 2012/07/02(月) 22:49 No.2749  HomePage ntfkok232153.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

S・TAROUさん、こんばんは。
2合目の手前の道路脇に駐車して、山頂までピストンしました。
竈門神社から1時間を大幅に下回るためには走らないと無理のようです。私は走るのは苦手ですので、ぼちぼち歩きます。。

暑いので土砂降りの中の登山を期待したのですが、ほとんど降りませんでした。



題名:私ではありませんが・・・  名前: 2012/06/24(日) 23:05 No.2746  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2746の画像を原寸大表示します まるで、私が詠んだかような・・・


題名:糠塚山から油山を周遊  名前: 2012/06/24(日) 18:32 No.2742  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2742の画像を原寸大表示します 2012年06月24日(日)
午前中に仕事が終わり、帰宅。
いつものメンバーは、雨で中止らしい。

自宅から柏陵右コルから入山。5年ぶり。ゴミがなくなり、途中にベンチまである。柏陵分岐を過ぎてからルート上の数か所の穴に注意。踏み跡がしっかりあります。以前の暗い藪のイメージとは違います。

糠塚山、標識が変わっています。イスもある。木が成長した分、視界が少し悪くなっています。

萩ノ原峠を経て、油山。
油山山頂は伐採により展望が良くなっています。

赤松展望台も展望が良くなっていました。

天狗岩付近の渡渉2か所、結構大変です。
濁流の中を探りながら渡りました。

少し雨が弱くなった。
この時季、雨の方が快適です。
汗も流れる。虫も居ない。

  
 

題名:Re: 糠塚山から油山を周遊  名前: 2012/06/24(日) 18:33 No.2743  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2743の画像を原寸大表示します 糠塚山、標識が変わっています。
  
 

題名:Re: 糠塚山から油山を周遊  名前: 2012/06/24(日) 18:34 No.2744  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2744の画像を原寸大表示します 油山山頂は伐採により展望が良くなっています。

  
 

題名:Re: 糠塚山から油山を周遊  名前: 2012/06/24(日) 18:34 No.2745  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2745の画像を原寸大表示します 赤松展望台も展望が良くなっていました。



題名:井原山(新村)  名前: 2012/06/23(土) 21:49 No.2740  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2740の画像を原寸大表示します 2012年06月23日(土)
明日の日曜日に仕事が入ったので、登って来ました。

16時過ぎに入山。新村ルート、踏み跡と赤いテープが目立ちます。

1時間弱で山頂。
ガスがかかっています。風を捉えて揚げてみるものの雲の中・・・
ポツリ、ポツリと雨が降ってきたので回収。

さっさと撤退。

  
 

題名:Re: 井原山(新村)  名前: 2012/06/23(土) 21:50 No.2741  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2741の画像を原寸大表示します 写した写真を見ると、ヤマボウシが写っていました。


題名:根子岳(天狗〜オオヤマレンゲ)  名前: 2012/06/18(月) 22:34 No.2735  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2735の画像を原寸大表示します 2012年06月17日(日)
この日は天気予報では雨。
前日の会話
「天気が悪そう」
「雨なら根子岳でしょう。根子岳の主もM浦さんも待っています。」

朝6時に、TDさんとOさんと福岡を出発。
8時半にかんぽの宿で、根子岳の主とM浦さんと合流。

登山口には車はありません。花が満開の時季なのに・・・

ヤカタウドが入山。天気は、くもり。雨は降っていません。
砂防堤の上は水が溜まって、池になっている。
崩落した土砂・・・どこが崩れたのか確認しながら進む。全員が沢ぐつでしたので普通に登れます。このルートを登ったことがない人には、ルートすら分からないかもしれません。

水場を過ぎると、オオヤマレンゲが一か所。
ガレ場を過ぎると左右に白い花。昨年にヘルメットを回収した付近もたくさん。

天狗のコル。
ふぅ、根子岳の主は体調が万全ではないようです。

天狗峰で昼食。一時、休息。

私は、凧揚げ。
弱い上昇気流。出し過ぎると、落下。
分かっていても、ラインを出して落下。引っ張ってもダメ。引っ掛かっています・・・また、回収のために木登り。

あれっ、
根子岳の主とOさんは、ヤカダウドから下山。お疲れのようです。
私どもは、25m懸垂下降後にオオヤマレンゲの群生地にに下降。
花を手で触れ、匂いを嗅ぐ。ここは秘密(らしい)です・・・

水場で、5人全員が合流して登山口へ。

いつものように、かんぽの宿で汗を流して帰路に着きました。

  
 

題名:Re: 根子岳(天狗〜オオヤマレンゲ)  名前: 2012/06/18(月) 22:49 No.2736  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2736の画像を原寸大表示します 木と場所によって、花の大きさが違うようです。

  
 

題名:Re: 根子岳(天狗〜オオヤマレンゲ)  名前:豊津の信ちゃん 2012/06/19(火) 10:27 No.2737  HomePage i218-47-230-173.s02.a040.ap.plala.or.jp

2737の画像を原寸大表示します 凧さん、こんにちは。
お天気を見て14日にヤカタガウドより行って来ました。
下の駐車場に着くと、すぐに一台の車が。
2度目でルート不案内のようでしたので、天狗のコルまでご一緒に。
ガレ場も随分荒れているようでした。
我々はオオヤマレンゲ目的でしたので天狗のコルまで〜〜
木が高くて写すのは大変でしたが、何とか貴婦人をゲット。
1組が縦走路を歩いていましたよ。

  
 

題名:Re: 根子岳(天狗〜オオヤマレンゲ)  名前: 2012/06/19(火) 23:22 No.2738  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2738の画像を原寸大表示します 豊津の信ちゃん、こんばんは。

あちらこちらの山々でオオヤマレンゲが咲いていますが、根子岳が一番だと思います。
登山道のヤカタガウドは注意が必要です。昨年、すっかり変わりました。今年も崩れています。

天狗のコルから見渡してもお分かりのように、たくさん咲いています。天狗峰からナイフリッジまでからのエスケープルートの群生地は、花が大きく、目の前の高さまでたくさんあります。花に近づかなくても、あたり一面に匂いを感じます。


また、都合が良い機会に、ご一緒させてください。

  
 

題名:Re: 根子岳(天狗〜オオヤマレンゲ)  名前:登るタクシードライバー 2012/06/22(金) 03:16 No.2739  HomePage 58-3-48-93.ppp.bbiq.jp

2739の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

根子岳花見登山楽しめました!
根子岳の主も何とか復活?
後はチャレンジャーですが・・・

凧さんが2週続けて不参加なら
暑いけど2週続けてクライミングかな???

心配してます(笑)



題名:10日の鷲。  名前:クライマーDON 2012/06/16(土) 12:40 No.2733  HomePage 175-28-154-31.ppp.bbiq.jp


2733の画像を原寸大表示します 10日の鷲では、凧は上がらなかったようですね!

北陵ルートいろいろ変わってきて、注意がいるようですね(^_-)

17日は天気最悪のようです。

こちらは休養の日にしようと思います。

1泊2日で行ってきた石槌・南の尖峰、秋の紅葉が素晴らしい
らしいです。

チャンスがあれば是非行ってみてください。

  
 

題名:Re: 10日の鷲。  名前: 2012/06/16(土) 17:40 No.2734  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2734の画像を原寸大表示します DONさん、こんにちは。

石鎚の紅葉は「体育の日」前後が一番いいようですが、これまでちょうど良い機会に恵まれたことはありません。

石鎚の北壁が気になります。



題名:阿蘇高岳鷲ヶ峰(北稜)  名前: 2012/06/11(月) 09:31 No.2731  211.121.166.168


2731の画像を原寸大表示します 2012年06月10日(日)
朝6時にTDさんと福岡を出発。
今回、Oさん(私用で欠席)、Y田さん(怪我のため欠席)。
8時半、阿蘇のかんぽの宿で根子岳の主IとM浦さんと合流。しかし、Iさんは不参加。来週は是非ご一緒しましょう!

仙酔峡には2張のテント。先発隊はすでに出発したようです。9時過ぎに入山。しかし・・・
M浦さん、元気がありません。関門までで辛そう。笑顔はあるものの、表情が違う。赤ガレを正面に見る第1キレットに続くガリー2の入口。すでに顔色が違う。ここから下山してもらうことになる。50mのザイルを貸していただく。お土産の玉ねぎと芋、有難うございました。来週には元気な姿に戻られることを願います。TDさんと二人で先に進む。後ろから、「悔しい!」という声が聞こえました・・・。
ガリー2の様子は、昨年と一変。昨年はガレがすっかりなくなっていたのに、ガレに覆われていて段差がない。
ジャンダルムから見上げると、先発隊6名。ノーマルルート1に足を進めていました。
赤壁に張り付くと、ビックリ! 2ピン目から左側に乗り出していた先がない! 壁が崩落したようです。これまでと違った岩肌に戸惑いながらまっすぐ上に這い上がる。ザイルが触れた岩が落ちて、はるか下で音を立てた。登って来るTDさんをビレイするが、いつも以上に緊張する。
湿っているので北壁は断念。北稜ルートを選択。細かく切って登ります。1Pは私、2・3PはTDさん。30mのザイルでつるべ方式。4Pで私。取り付いたとたんに、足元の岩が、あっっ!
一抱えほどの岩が崩落。破片がTDさんの手に当たりました。負傷。ごめんなさい。
あれだけの大きさの岩が落ちた後です。ビビリます。以前に打ち込んだハーケンからの左側への乗り込みで、深呼吸ふぅぅぅ。TDさんもどこも信用できないと確かめながら登って来られます。もう一回、ピッチを切って、壁を登り終わる。支点付近にカラビナが落ちていました。ムマートの青い物です。誰の?心当たりの方はご連絡ください。
鷲ヶ峰の山頂は、風もなく日差しもなく視界も少しだけ。虫が飛び回っている。いつもの爽快感がない。残念。昼食を喉に押し込んで先に進む。第2キレットで先発隊に追い着く。ナイフリッジで先を譲ってもらって進む。ここは本来はザイルを出すべき場所です。最近の事故もここで起きています。
一般登山道から天狗の舞台。ハーネスなどを片付ける。仙酔尾根へ分岐を経て高岳。風はありません。先へ。そして、中岳。大分の山岳会の方々が記念撮影されていました。
人が少なくなり、風が少し出てきて凧を浮揚。2回100m以上揚げました。いずれも回収時に墜落。
中岳火口の観光の施設から緊急避難放送。火山ガスが濃くなったらしい。二酸化硫黄の風下になったらしい。ということは、こちらは安心です。ロープウェイの跡地を経て下山。仙酔峡で先発隊の方々と話をすることができました。その後、かんぽの宿で汗を流しながらもお話しました。比叡山の鹿川庵の方もおられ,先日登った第4スラブの初登者とのこと。

今日はビックリしたことがたくさんありました。その中のベストは、高速道路上で走っていた自転車でした。

  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(北稜)  名前: 2012/06/11(月) 19:58 No.2732  HomePage ntfkok168075.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2732の画像を原寸大表示します 今回のトレース

[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
09/23 () 3
09/22 (金) 8
09/21 (木) 7
09/20 (水) 7
09/19 (火) 10
09/18 (月) 3
09/17 () 3
合計: 42301

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web