山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:片縄山・油山  名前: 2013/09/01(日) 15:41 No.3110  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3110の画像を原寸大表示します 2013年09月01日(日)
雨のために予定は中止。警報が出ているので当然です。
一人でご近所巡り。

柏陵左コルに這い上がって縦走路。片縄山(後野山)292.36mまでピストン。
糠塚387.96mを経て、萩ノ原峠。油山牧場を横切って油山597mへ。
ひとりの登山者とすれ違いました。
自然観察センター近くを通って、萩ノ原峠下の登山口。
普通の道を15分ほど歩いて帰宅。
田んぼだった一角がレンコン畑になっていた。こんな所でもできるとは知らなかった。



題名:尾鈴山(甘茶谷) 沢  名前: 2013/08/31(土) 13:29 No.3109  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3109の画像を原寸大表示します 2013年08月25日(日)
九州内で雨の予報でないのは宮崎だけ。

M浦さんとTDさんと3人で歩いてきました。

雨の中、福岡を出発。4時間で宮崎。
都農ICでは太平洋が見え、青空が見えました。
3時間ほど沢遊び。ザイルを出す所はなかったものの、楽しい沢でした。
4時間かけて、雨の福岡に帰りました。



題名:白馬三山  名前: 2013/08/17(土) 19:14 No.3086  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3086の画像を原寸大表示します 飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰、長野県と富山県にまたがる白馬三山。
今回は、家族登山。我が家全員5人で登りました。

2013年08月10日(土)
01時過ぎに福岡を出発。
山陽道・舞鶴若狭道、一般道を経て北陸道、糸魚川ICへ。
「道の駅 小谷 深山」での入浴・食事などの休憩も含めて14時間かかって、猿倉荘に着く。
ここで一泊。

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/17(土) 19:20 No.3087  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3087の画像を原寸大表示します 2013年08月11日(日)
起床後、5時半の朝食まで荷物をまとめて部屋は出払う。
06時過ぎに入山。
快晴。素晴らしい天気だ!

1時間ほどで、白馬尻。
いよいよ大雪渓。
私は、ピッケル・20mザイル・12本爪アイゼン。他の登山者から見ると過剰な装備。
12時過ぎに頂上宿舎。宿泊の手続きをして、昼食。
30分ほど歩いて、山頂の白馬岳を目指す。

風はあるものの安定しない。雲が湧いては消える。ブロッケン現象も見えた。
3度、凧を浮揚。
居合わせた登山者から、「数年前に木曽駒ケ岳で揚げていなかったか」と問われた。「木曽駒ケ岳の宝剣岳にUFO」と騒いでいた人がいたらしい・・・
東側の崖に墜落。崖下に引っ掛かる。ほんの3mほど下だが、ザイルで懸垂下降して回収。

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/17(土) 19:23 No.3088  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3088の画像を原寸大表示します 2013年08月12日(月)
5時の朝食後に宿舎を出発。
快晴。素晴らしい天気だ!

宿舎から10分の展望のよい丸山。
剣山・立山・槍ヶ岳。白山。よく見える。

ここでハプニング。
次女が転倒。目の前だったので、しっかり見ました。
岩もない砂と土の斜面。
右足でバランスを崩した瞬間に、左足で踏ん張ろうとする。
しかし、斜面だったので足首をねじる。
まずい・・・捻挫です。

しばらく倒れたまま。
通過する他の登山者から声を掛けられるものの、どうしようもない。
インドメタシン入りの軟膏を塗り、立ち上がらせる。
杓子岳(しゃくしだけ)にも登ろうと思っていたようだが諦めさせる。

家内・長女・次女はトラバースルートに行かせる。
三女と私は杓子岳へ。

杓子岳山頂。
いい風が吹いている。凧を一気に浮揚するものの短時間で回収。
滑りやすいガレ場を下りて、次の鑓ヶ岳(やりがたけ)へ。

5人で山頂にたどり着き、早い昼食。
素晴らしい展望、いい風。
凧を浮揚。ラインをほとんど出し切る。200m以上。
回収時に墜落して、アマチュア無線をしていた人の八木アンテナに引っ掛かってしまう。
ご迷惑をお掛けしましたが、すぐに分かっていただきました。ありがとうございます。

白馬鑓ヶ岳温泉小屋まで2時間半のルート。
捻挫した次女の足をテーピング。

次女にスリングを巻いて転倒や滑落を防止する。
我慢強い次女だが歩きが遅くなる。長女・三女に先に温泉小屋へ。
ザックをデポして戻って来て、私のザックを持たせる。
ザイルで次女を担いで下山。
大きくなったものだ。背負ったのは何年ぶりか・・・
17歳なので、わが子ながら子どもを担ぐのとは違う。

鎖場は緊張する。

担いだり、本人に歩かせたりして鑓ヶ岳温泉小屋に到着。
小屋の人にお茶を頂きました。ほっと一息。

温泉で汗を流す。

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/18(日) 00:06 No.3089  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3089の画像を原寸大表示します 2013年08月13日(火)
小屋への到着が遅かったので、朝食の順番も遅い。
06時半に朝食。07時過ぎに白馬鑓ヶ岳温泉小屋を出発。

次女はそろりそろりと下山。
雪渓でアイゼンを着けるが踏ん張りが利かないようだ。
私のアイゼンは12本爪なので、ザイルを使って次女を担ぐ。

小日向のコルで小休止。通常の2倍以上時間がかかっている。
長女と三女を猿倉荘まで先に行かせる。給水して長女に戻って来てもらい私のザックの中身を分担させる。
私のザックを空にする。ザックを使った人の担ぎ方の方がザイルを使うより楽。
1時間、次女を背負って下山。
心配していただいた猿倉荘の方に感謝いたます。

白馬八方温泉おびなたの湯は断念して、帰路に再び「道の駅 小谷 深山」で汗を流して夕食。
途中に1時間運転を家内に交代してもらったので、翌朝07時には帰宅。


PS.
防水袋が紛失。小銭入れ、単眼鏡、風速計、缶詰、五徳ナイフ、筆記用具・・・

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/17(土) 19:28 No.3090  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3090の画像を原寸大表示します 2013年08月14日(水)
お盆の恒例の行事を無事に済ませて、次女は病院へ・・・
骨には異常はないものの、2週間ギプス。
こんな状態での下山、よく頑張ってくれました。
すごい我慢強さ、前向きな笑顔

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/17(土) 20:34 No.3092  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3092の画像を原寸大表示します 白馬三山って、
散々ってことなのか・・・

とはいうものの、来年はどこにしようと協議中です。

  
 

題名:大変でしたね・・・  名前:風来坊 2013/08/18(日) 17:19 No.3093  p16080-ipngn100304fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

こんにちは、凧さん。
ご無沙汰していますが、記事を見てついコメントしたくなりました。17歳のお嬢さんも大変と思いますが、背負った凧さんにも脱帽です。でも、装備が万全で良かったですね。山では何が起こるか分からない見本のような気がします。
凧さんのご経験と体力、改めて素晴らしいと感じました。お嬢さんも頼もしいと思ったのでは無いでしょうか…。
早く良くなると良いですね。次のときは無理しないよう気を付けて下さいませ。昔、ご一緒した時とは体力も気力も落ちている風来坊ですが、凧さんも私の背中を追っている年齢です。
年寄りのたわごとと思って聞き流して下さいませ。

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/18(日) 21:40 No.3094  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3094の画像を原寸大表示します 風来坊さん、こんばんは。
ご心配をおかけしました。

登山中で担いだ物、車のバッテリー、遭難者のザックなどいろいろありましたが、人を背負ったのは約30年ぶりでした。

今回のルートは一般的なもので、決して無理はしていないはずです。しかし、トラブルは起きてしまいました。如何に冷静に、適切に行動するかが、更なる不都合が起こることを防ぐはずです。

今後も益々の修行が必要と感じました。


  
 

題名:Re: 白馬三山  名前:いちみる 2013/08/19(月) 21:46 No.3095  softbank126091011219.bbtec.net

凧さんこんばんわ。
またまたニアミス。
杓子岳の山頂で凧が揚がっているのを見て、
連れに「私が見ているブログに福岡にも山頂で凧を揚げている人がいるんだよね。日本には同じことやってる人がいるんもんだね」と話しながら歩いていました。
次に、白馬鑓でまた凧が揚がっていて急降下、回収する様子も見ていました。
ほんとに凧さんだったんですね。
私は同じルートを、ゆるゆるタイムで周回しました。
下山のあのルートでお嬢さんを背負って行かれたとは仰天です。
健康な人が行くにも、長く険しい道だったのに・・・
偉大な父ですね。
無事下山、何よりでした。

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/20(火) 19:59 No.3096  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3096の画像を原寸大表示します いちみるさん、こんばんは。
ニアミスでした。お話できず残念です。
またの機会には是非、声を掛けてください。

確かに、山頂で凧を揚げようとしている人は、他にもたくさんいるようです。しかし、山頂の気流は不安定ですので、ご覧頂いたように急に墜落します。


添付した写真に写っていませんか?

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前:いちみる 2013/08/20(火) 20:49 No.3097  softbank126091011219.bbtec.net

凧から撮った映像は、かなり精巧ですね。
拡大して見ましたが、残念ながら写っていませんでした。
あっ、思い出しました。
確か、小日向で休憩されていた横を通り過ぎたと思います。
下山中、若い女の子2人が走るように過ぎて行ったのはお嬢さん方だったのですね。
早く回復されることを願っています。

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/20(火) 21:51 No.3098  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3098の画像を原寸大表示します いちみるさん、こんばんは。

写っていませんでしたか、残念。

小日向コルで昼食、その後に長女(20歳)と三女(14歳)が先に下山しました。「走るな」と何度も言っていたのですが・・・
長女は水だけを担いで戻って来てもらい、私の荷物を背負って下山しました。おかげで、次女を背負うことができました。あと一週間ほどでギプスが取れる予定です。
頑張ってくれた長女、今月初めに怪我した傷の抜糸直後の登山でした・・・ふぅ。


添付した写真は、白馬岳で見たブロッケン現象です。

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前:豊津の信ちゃん 2013/08/21(水) 09:28 No.3099  i60-35-80-239.s02.a040.ap.plala.or.jp

凧さん、こんにちは。
娘さんの足、一日も早く回復されることを願っています。
お父さんの偉大さを娘さんも背中で感じたことでしょう。
白馬のあの登山道は滑り易いですよね。
講習会などで遭難救助の仕方などを教わりましたが、先ず落ち着いてこれからのことをどう対処していくか〜
凧さんのドラえもんのザック、いろんなものが出てきますね。
ザックを利用して背負う。これが担ぐ方も背負われる方も楽なようですね。改めて勉強になりました。
毎年家族での登山、羨望の眼で拝見させていただいてます。


  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/21(水) 19:20 No.3100  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3100の画像を原寸大表示します 豊津の信さん、こんばんは。
お気遣い頂きありがとうございます。

娘とはいえ、今では子どもの大きさ・重さではありませんでした。
その後、遅れて下山してからの福岡に着くまでの車の運転も課題でした。


やはり、
いざというときのために、救助方法は学んでおくべきですね。
講習会での設定より、自分の持ち物でのシュミレーションが大切。
今回は、ザックを空にして、ひっくり返して担ぐ方法でしたが、ドサクサで装備の一部を紛失しました。
まだまだ修行中です。


添付した写真は、
次なる機会には、是非とも登りたい山をバックに登っている家族たちです。

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前:クライマーDON 2013/08/25(日) 18:28 No.3102  49-156-233-62.ppp.bbiq.jp

白馬三山縦走、お疲れ様でした(^O^)!

記事、たのしく拝見しました。

次女の方は大変でしたし、
背負った凧さんも、大変だったと思います。

でもこのツァーでますます、ファミリーが団結できたかも・・!

来年のお勧め:燕・大天井・常念・蝶もいいですよ!

  
 

題名:Re: 白馬三山  名前: 2013/08/25(日) 21:13 No.3103  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3103の画像を原寸大表示します クライマーDONさん、お久し振りです。
ますます、沢・岩に励んで楽しまれておられるようですね。


赤ん坊の頃でも、連続して1時間もおんぶすることはなかったはず。しかし、高校3年生を背負っての下山より、その後の福岡までの運転、そして実家でのお盆の行事の方が大変だったような気がします。

来年の予定。まさにその通りです。燕を検討しています。



題名:白髪岳(川辺川平野谷) 沢  名前: 2013/08/24(土) 15:50 No.3101  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3101の画像を原寸大表示します 2013年08月18日(日)
通い慣れた川辺川。
福岡から2時間半余りで到着。

メンバーは、M浦さん、Oさん、TDさん、私。

沢の流れが小さくなって終了。これ以上登ってしまうと車まで戻るのに時間がかかり過ぎるので、登ってきたルートを引き返す。



題名:関東地方をそうつきまわる  名前: 2013/08/14(水) 16:58 No.3078  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2013年08月04日(日)〜07日(水)
4日間、今年もTDさんと遠征です。

2013年08月04日(日)
まずは、エアアジアで成田。レンタカーで谷川岳へ。
天気が悪い。谷川岳ロープウェイ駐車場で一泊。
トイレ、水あり。虫皆無。快適。
20時、 マチガ沢から南東稜に登ったグループが下山して来た。昨日朝から入山して途中でビパーク、雪渓がないので大変だったらしい。

  
 

題名:Re: 関東地方をそうつきまわる  名前: 2013/08/14(水) 16:59 No.3080  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3080の画像を原寸大表示します 2013年08月05日(月)
谷川岳に4時前に入山。しっかり雨。
群馬県警の緊急車両が2台通り過ぎ、担架を持って一の倉沢から入山して行った。
後を追って入山するが、ルートがなかなか分からなかった。
烏帽子沢奥壁南稜の取り付きまで行っても、南稜テラスより上は雲の中。雪渓は、あちらこちら融け落ちている。
撤退。
登山指導センターに下山報告。昨日の滑落者の救助だったらしい。

谷川温泉「湯テルメ谷川」で汗を流して移動。

  
 

題名:Re: 関東地方をそうつきまわる  名前: 2013/08/14(水) 17:00 No.3081  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3081の画像を原寸大表示します 関東地方で晴れているのは、南だけ・・・高尾山を歩くことにする。
天気は晴れ。
1号路で登る。舗装された道。人が多い。
山頂。風はあるものの、人が多いので凧揚げに適さない。
5号路で下山。途中から6号路へ。

ルートイン相模原で一泊。

  
 

題名:Re: 関東地方をそうつきまわる  名前: 2013/08/14(水) 17:00 No.3082  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3082の画像を原寸大表示します 2013年08月06日(火)
雨は降っていないが雲行きが怪しい。
関東地方の一部では、既に大雨洪水警報が出ている。
都心を通って、昼過ぎに筑波山の登山口。
雷が鳴っているので、ロープウェイは運休。
昼食後に、雨なのでレインを着て空身で登る。

途中、小さな子どもたちの集団が道に迷っている。
先頭にいる引率者に後のグループが迷っていることを伝える。

女体山の山頂、雨は降っていない、いい風。しかし、凧はない・・・
男体山までから歩いて戻る。雷雲が近づいていたのでロープウェイで下山。
登りのときの小さな子供の集団はグループがばらばらになり大変そうだった。

交通渋滞で難儀しながら、ルートイン千葉で一泊。

  
 

題名:Re: 関東地方をそうつきまわる  名前: 2013/08/14(水) 17:02 No.3083  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3083の画像を原寸大表示します 2013年08月07日(水)
この二日間の雨がウソのような、いい天気。帰路、成田空港から帰路。
レンタカー800kmでした。

TDさん、ありがとうございました。

  
 

題名:Re: 関東地方をそうつきまわる  名前:登るタクシードライバー 2013/08/15(木) 22:12 No.3084  58-3-52-7.ppp.bbiq.jp

3084の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

谷川岳は残念でしたが
高尾山と筑波山を登れて
楽しい最高の関東遠征でした

ありがとうございました!!!

来年は穂高北尾根か北岳バットレスか?

楽しみにしてます


  
 

題名:Re: 関東地方をそうつきまわる  名前: 2013/08/16(金) 18:43 No.3085  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3085の画像を原寸大表示します 登るタクシードライバーさん、こんばんは。

今回の遠征も楽しませていただきました。
ありがとうございます。
天気の都合から考えるとベストでした。

谷川岳、いつの日か登ってみたいものです。



題名:尾鈴山(欅谷) 沢  名前: 2013/07/29(月) 00:57 No.3074  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3074の画像を原寸大表示します 2013年07月28日(日)
今回は、お久し振りにスナフキンさんともご一緒いたしました。
メンバーは、M浦さん、Oさん、Tドライバーさん、そして、スナフキンさん。

福岡から4時間半。
11時、遅い入渓。
滑るコケ、大きな岩・・・
なかなか進まない。
12時45分、支流を右手に見て昼食。

紅葉の滝を見上げる。圧倒されて、巻いて登山道へ。
この登山道、全長50kmのトロットの跡(昭和33年まで)らしい。

14時、さぎりの滝にて沢登りを断念。
登山道を登って、最大の滝「白滝」へ。

ほんの600mほどなのにトロッコ道だと迂回の連続。

白滝
下から見上げると、すごい落差。
案内板には75mとあるが、もっとありそう。

登山道を下山。所々、近道がある。

16時20分に駐車場に着く。他のメンバーより先に戻ったのにはわけがある。左手が腫れている。

今回、右腕にチクッ。アブかな。
右耳の上にもチクッ。何だろう。
左手にチクッ。手が腫れてきた。少しずつ腫れている部分が広がる。
薬指まで結婚指輪付近まで腫れた。腫れたために指輪が血流を止める。なんとか指輪をはずす。

プレドニンを飲み、デルモートを塗る。
痛くはないが腫れ酷い。
腕時計もいつも通りにはつけられない。

帰路に温泉が見当たらないので、着替えて帰路に着く。

22時に帰宅。

  
 

題名:Re: 尾鈴山(欅谷) 沢  名前:スナフキン 2013/07/29(月) 08:54 No.3075  s650182.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp

昨日はお世話になりました。
車の運転もお疲れ様でした。
皆さんは不完全燃焼だったかもしれませんが、私は久しぶりの沢でしたので、十分に楽しめました。
次の機会もよろしくお願いします。

  
 

題名:Re: 尾鈴山(欅谷) 沢  名前: 2013/07/29(月) 22:30 No.3076  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3076の画像を原寸大表示します スナフキンさん、こんばんは。
お久し振りにご一緒させていただき、ありがとうございました。

今回の沢は岩も滝も巨大でした。
白滝、いつかは登ってみたいですね。

またの機会もよろしくお願いします。

  
 

題名:Re: 尾鈴山(欅谷) 沢  名前: 2013/07/30(火) 21:50 No.3077  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3077の画像を原寸大表示します すでに腫れはひきました。
薬のお陰です。ふぅ・・・



題名:井原山(水無)  名前: 2013/07/27(土) 08:33 No.3073  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3073の画像を原寸大表示します 2013年07月26日(金)
12時に水無から入山。
キツネノカミソリは身頃です。
アンの滝への分岐で右折。尾根筋に登って、ダルメキ谷ルート。
45分ほどで山頂。

たくさんの人たちがいる。いくつかの団体さんのようだ。
ショップのツアーもいる。

昼食をとって待機。
13時半には誰もいなくなった。
山頂付近は雲に覆われて視界が悪いが、風はある。
凧が雲に隠されるまで揚げる。
40分間ほどジタバタするが視界は良くならないので断念。

縦走路を新村分岐まで、第2水無鍾乳洞へ下る。
キツネノカミソリ、一面に咲いています。

山頂であった人たちに追い着き、駐車場に戻る。
40分ほどで下山。



題名:井原山(水無)  名前: 2013/07/21(日) 22:37 No.3071  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3071の画像を原寸大表示します 2013年07月21日(日)
今日は、皆さんと山には行かず、次女を模試の試験会場へ連れて行き、三女の中体連の試合の応援。
一敗したものの、市大会で三位。県大会へ。
試合が終わった時刻は13時半。間に合います!

15時20分に水無から入山。
キツネノカミソリは身頃になりました!
40分ほどで山頂。
風があります。一気に浮揚。

私のweb siteを見たことがある人から、お声を掛けられました。
興味を持っていただいた人から検索のキーワードを尋ねられました。さっそく、スマート・フォンで確認していただきました。
ありがとうございます。

30分ほどで下山。



その後、
次女を迎えに行くこと、三女の塾の送迎。

  
 

題名:Re: 井原山(水無)  名前: 2013/07/21(日) 22:45 No.3072  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3072の画像を原寸大表示します 今日のトレースは青です。


題名:油山  名前: 2013/07/20(土) 20:55 No.3069  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3069の画像を原寸大表示します 2013年07月20日(土)
午前中は仕事。
15時半から、三女の中体連の試合の応援。
勝ち進んだので、明日も試合の応援に行きます。
つまり、山には行けません。


試合が短時間で終わったので、16時半から油山へ。
1時間半弱で帰宅。

  
 

題名:Re: 油山  名前: 2013/07/21(日) 21:58 No.3070  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3070の画像を原寸大表示します ルートです


題名:積岩山(川辺川上中道谷) 沢  名前: 2013/07/14(日) 20:48 No.3066  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3066の画像を原寸大表示します 2013年07月14日(日)
先週と同じメンバー
M浦さん、Oさん、TDさんとご一緒です。
私の車が修理ができていたないので、今日もTDさんのタクシーです。運転、ありがとうございました。

天気がいい。水量も少ない。川辺川に下ってから対岸までも容易。

上中道谷に入渓。
掴む所は、いわゆるガバが多い。しかし、足元はコケで滑りやすい。
連瀑、滝の連続です。登っても、登っても滝。
巻かないといけない所はほとんどない。

2時間弱で二股。ここで昼食。

先週に歩いた所のすぐ近くなので、ルートは明確。
林道に這い上がって終了。

見慣れた林道を下山。車まで戻り、五木の温泉で汗を流して帰路に着く。


添付した画像の青色が今回のトレースです。

  
 

題名:Re: 積岩山(川辺川上中道谷) 沢  名前: 2013/07/16(火) 23:11 No.3068  HomePage ntfkok246159.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3068の画像を原寸大表示します 明日、ようやく車が戻ってきます。


しかし、次の日曜日は、
やんごとなき理由により、山には行けないかもしれません・・・


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 10
07/23 () 10
07/22 () 10
07/21 (金) 6
07/20 (木) 9
07/19 (水) 12
07/18 (火) 8
07/17 (月) 12
合計: 41829

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web