山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:阿蘇山系根子岳嫁ノ平(西峰本峰)  名前: 2011/04/17(日) 20:18 No.2371  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2371の画像を原寸大表示します 2011年4月17日(日)
今回、ご一緒させていただいたのは、
S・TAROUさん
風来坊さん
登るタクシードライバーさん

ルートは、
西峰新道(市原新道)、縦走路上の西峰、嫁ノ平(西峰本峰)へは東側に巻いて南側の取り付きへ、そして木登り。カヤの薮こぎをして山頂。

ここから見る根子岳は素晴らしい。
大分のクライマーDONさんたちが熊五郎落しを降りている。

登ってきた道を少し戻って、西回り。
獣道で見覚えのある地点に、市原さんが設置した虎ロープを降りて西峰のコル。緩やかな地蔵尾根を下山。


いたるところにあるイワカガミの群生
ミツバツツジのトンネル
ヒカゲツツジの蕾
アソキスミレ

  
 

題名:Re: 阿蘇山系根子岳嫁ノ平(西峰本峰)  名前: 2011/04/17(日) 20:26 No.2372  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2372の画像を原寸大表示します 入山地点付近には猿がたくさんいました。桜の花の蜜を舐めているようです。


ご一緒したS・TAROUさんと風来坊さんのブログのタイトルが、「騙されて根子岳」となっていないことを願います・・・

  
 

題名:Re: 阿蘇山系根子岳嫁ノ平(西峰本峰)  名前:S・TAROU 2011/04/18(月) 21:23 No.2373  pl603.nas986.p-fukuoka.nttpc.ne.jp

凧さん こんばんわ。
根子岳西峰のご案内有難うございました。
厳しいルートでしたが久しぶりに山を歩いたという感じです。
お陰さまで今朝から全身筋肉が強張っています(笑)
特に腕の筋肉の強張りは久しぶりです。
僅か3・9キロの歩きでしたが運動量としてはその数倍のような感じでした。
とても面白いコースでした。

>ご一緒したS・TAROUさんと風来坊さんのブログのタイトルが、「騙されて根子岳」となっていないことを願います・・・
いえいえ・・・そんなことは・・・少しだけです(笑)

また機会があったらよろしくお願いします。

  
 

題名:Re: 阿蘇山系根子岳嫁ノ平(西峰本峰)  名前: 2011/04/18(月) 22:27 No.2374  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2374の画像を原寸大表示します S・TAROUさん、こんばんは。
楽しかったです。ありがとうございました。
さすがです。動画撮影。余裕ありますね。

今回は、ルートを確かめた登山。
次回は、花を楽しむ登山。
イワカガミ
ヒカゲツツジ
ミツバツツジ
行きましょう!!

  
 

題名:Re: 阿蘇山系根子岳嫁ノ平(西峰本峰)  名前:風来坊 2011/04/19(火) 05:01 No.2375  p5092-ipbfp201fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

2375の画像を原寸大表示します おはようございます、「騙された風来坊」です(笑)
本当は、最初から根子岳西峰の計画だったと思っています(笑)
でも、久し振りにご一緒できて楽しかったです。
花の企画の際は、3日前くらいからの天気を良く調べて決めさせて下さい。

  
 

題名:Re: 阿蘇山系根子岳嫁ノ平(西峰本峰)  名前: 2011/04/19(火) 20:45 No.2376  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2376の画像を原寸大表示します 風来坊さん、こんばんは。
いえいえ、当初の計画は霧島でした。第2案が市房、第3案が今回の登山。

のんびりと景色を楽しむ登山も好きですが、手と足で登る登山も楽しいです。
また、ご一緒させてください。

  
 

題名:Re: 阿蘇山系根子岳嫁ノ平(西峰本峰)  名前:登るタクシードライバー 2011/04/21(木) 13:26 No.2377  HomePage 58-3-49-84.ppp.bbiq.jp

2377の画像を原寸大表示します  凧さん 日曜日はお疲れ様です。

お花見登山は今回のルートで決まりですか?
市原新道は外せないし大丈夫と思います。
問題は西峰本峰山頂にどう登るかです。

根子岳の主の登山道整備に期待しましょう!

  
 

題名:Re: 阿蘇山系根子岳嫁ノ平(西峰本峰)  名前: 2011/04/21(木) 22:19 No.2378  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2378の画像を原寸大表示します 登るタクシードライバーさん、こんばんは。
ヒカゲツツジ、イワカガミ、ミツバツツジ、どのピークにするか。市原さんと相談して決めたいと思います。

ルート整備しませんか?みんなで・・・


念のため、
S・TAROUさん http://tarohazuki.web.fc2.com/
風来坊さん http://furaibow.exblog.jp/i0/
登るタクシードライバーさんhttp://blog.livedoor.jp/shinoji2001/
クライマーDONさん http://blog.livedoor.jp/hideoa/



題名:九重山系  名前: 2011/04/12(火) 21:26 No.2361  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2361の画像を原寸大表示します 2011年4月10日(日)
今回のメンバーは5人。
Oさん、Tドライバーさん、Y田さん、根子岳の主I原さん、私

久し振りに赤川から入山。
登山道整備の研究のためのボランティアの看板。

  
 

題名:ボランティアなのかなぁ・・・  名前: 2011/04/12(火) 21:30 No.2362  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2362の画像を原寸大表示します みんな、丸太や鉄筋を担いで登ります。(正確には、腰痛でリハビリ中の1名を除いて)
  
 

題名:マンサク満開  名前: 2011/04/12(火) 21:34 No.2363  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2363の画像を原寸大表示します このルート、マンサクがたくさん咲いていました。
  
 

題名:久住山  名前: 2011/04/12(火) 21:37 No.2364  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2364の画像を原寸大表示します 2時間ほどで久住山。
微風。揚がりません。

  
 

題名:中岳  名前: 2011/04/13(水) 21:04 No.2365  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2365の画像を原寸大表示します 中岳山頂。
ちょうどいい風。一気に浮揚。

  
 

題名:天狗ケ城  名前: 2011/04/13(水) 22:45 No.2366  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2366の画像を原寸大表示します 天狗ケ城に駆け上がった。
山頂での風は弱く安定しない。
フラフラと浮揚。なんとかカメラを持ち上げた。

  
 

題名:星生山  名前: 2011/04/13(水) 23:12 No.2367  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2367の画像を原寸大表示します 星生山の山頂。
安定しない弱い風。何度も墜落しながら少しだけ浮揚。

  
 

題名:大曲からのルート  名前: 2011/04/13(水) 23:22 No.2369  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2369の画像を原寸大表示します 大曲から星生山への直登ルートが規制されています。

  
 

題名:扇ヶ鼻  名前: 2011/04/14(木) 21:44 No.2370  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2370の画像を原寸大表示します いい風!
一気に250m
しかし、カメラの設定がおかしい・・・
何も写っていない。

気を取り直して、もう一回。


45分で下山。
先に下山していたOさん、Y田さん。お待たせいたしました。

大好きな赤川温泉で汗を流して帰路。

いい天気、いい景色、いい風。
とても楽しい山歩きでした。みなさん、ありがとうございました。



題名:立石山  名前: 2011/04/07(木) 07:41 No.2356  211.121.166.168


2356の画像を原寸大表示します 2011年4月5日(火)
久し振りの立石山

空と海の青色が鮮やか。
トンビが舞っている。風もある。

海からの風が斜面を登って,頂で乱れる。
安定した風が吹いている所を見つけて浮揚。

1200枚撮影したが,なかなか思うようなものがない。

  
 

題名:Re: 立石山  名前:風来坊 2011/04/07(木) 21:18 No.2357  p5092-ipbfp201fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

2357の画像を原寸大表示します こんばんは、凧さん。
ご無沙汰しています。HPに「立石山」とありましたので、今か今かと待ち構えていました。
立石山には青空と青い海が似合いますね。
背振で緑を楽しみ、糸島で海を楽しめる福岡は良いところです。
大事にしたいですね。

  
 

題名:Re: 立石山  名前: 2011/04/07(木) 23:06 No.2358  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2358の画像を原寸大表示します 風来坊さん、ご無沙汰して失礼しております。

ヤマケイにも紹介されている立石山。
低山とはいえ、いい景色です。
思い描いたベストショットは捉えられませんでした。

  
 

題名:Re: 立石山  名前:dig486dj 2011/04/09(土) 08:26 No.2359  HomePage p9054-ipngn100202niho.hiroshima.ocn.ne.jp

2359の画像を原寸大表示します 冒頭の写真 逆さに揚がっていますね。

最近 低山ですが山頂から凧揚げに挑戦しました。
揚がる空間もなく揚がる気もしませんでした。
山頂の形状にもよるんでしょうが ご苦労が偲ばれます。

  
 

題名:Re: 立石山  名前: 2011/04/09(土) 19:21 No.2360  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2360の画像を原寸大表示します dig486djさん、こんばんは。
書き込み、ありがとうございます。

上の写真は、落下中にカメラが引っくり返って撮れたものです。
狭い山頂では、風上は上昇気流ですが、風下は下降気流です。
落下することは免れません。
山頂の様子を捉えた写真のため、これからも続けていきますので、是非見てください。



題名:松本唯一 松本幡郎・松本征夫  名前: 2011/04/04(月) 07:51 No.2355  211.121.166.168


松本征夫氏の先日の訃報で思うこと。

松本唯一
阿蘇火山研究の第一人者
阿蘇の周囲は路という路は全部歩きつくし、また根子岳・高岳・楢尾岳の険峻にいどみ、あるときは高岳の北尾根、赤ガレなどロック・クライミングの岩場をも極めたらしい。
火山構造を明らかにした。

長男・松本幡郎 熊本大学
次男・松本征夫 坊がつる讃歌の作詞 山口大学

親もすごい
息子たちもすごい、とてもすごい!

地質系の分野の大御所たち。



題名:根子岳(見晴新道〜天狗峰)  名前: 2011/04/03(日) 22:06 No.2351  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2351の画像を原寸大表示します 2011年4月3日(日)
朝6時前にTドライバーさんと合流。阿蘇へ出発。
6時15分に、Y田さんから電話。すぐに迎えに行く。命の恩人です。当然です。

かんぽの宿で合流したのは、
根子岳の主I原さん、
腹の具合が悪かったらしく「チョウ(腸)のチョウし(調子)が悪い」というM浦さん(今朝も何キロか走ったらしいので大丈夫、たぶん・・・)、
大分のクライマーDONさん(すこぶる元気です、ヤル気満々)

9時半、入山。他に誰のいない。
見晴台、登山口に1台の車が来たのが見える。
天狗のコル、「あれっ」雪が降ってきた。天気予報を信じて防寒着のない私を見かねて、I原さんがレインの上着を貸してくれた。有難くの拝借。12月に登ったときより、ビレイしてもらって登るのは安心感がある。

天狗峰から見ると、南峰尾根のブックエンドに人が見える。けっこう、苦労しているようだ。
天狗のコルには、黄色のレインを着た家族登山が見える。

  
 

題名:Re: 根子岳(見晴新道〜天狗峰)  名前: 2011/04/03(日) 22:10 No.2352  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2352の画像を原寸大表示します 南峰尾根のブックエンドを通過中
  
 

題名:Re: 根子岳(見晴新道〜天狗峰)  名前: 2011/04/03(日) 22:11 No.2353  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2353の画像を原寸大表示します 天狗のコルから下山する人たち
  
 

題名:Re: 根子岳(見晴新道〜天狗峰)  名前: 2011/04/03(日) 22:14 No.2354  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2354の画像を原寸大表示します 11月3日にもお会いした。大牟田から来られたグループ。あのときに南から登って来る人たちを見て、今回登って来たらしい。


題名:井原山(古場岳)  名前: 2011/04/02(土) 07:39 No.2349  211.121.166.168


2349の画像を原寸大表示します 2011年3月30日(水)
久し振りに古場岳からの入山。最短ルートです。
ササや倒木のため、初めての人には分かり難くなっているように思います。目印やササの下の踏み跡を良く見てください。

山頂に居た1グループが去って,誰もいません。
200m以上ラインを出し,15分ほど浮揚。



題名:伯耆大山(弥山尾根)  名前: 2011/03/28(月) 21:56 No.2345  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2345の画像を原寸大表示します 2011年03月27日(日)
前日土曜日18時に福岡を出発。
Y田さんとご一緒させていただきました。心強い!

米子自動車道の湯原からチェーン規制。
1年ぶりにチェーンを巻きましたので手間取ってしまいました。時速50kmになり、時間もかかります。登山口の駐車場で仮眠についたのは1時半。

4時に起床。5時前に入山。大神神社までは人が通れるだけ除雪している。胸ぐらいの高さの雪に囲まれた細い道を歩く。先発隊は愛媛からの3人グループのみ。1時間ほどで元谷。

トレースのないルートを弥山尾根へ。Y田さんはワカン、私はスノーシューに履き替える。はじめは快適に歩いていたが、傾斜が急になるとダメ。20〜30pの新雪を掻き落とすだけ進めない。アイゼンに替えてY田さんを追いかける。

6日には一面デブリだった所をトラバースして、弥山尾根の取り付き。雪の量と質が前回と違う。全く違う所を登っているように感じる。



添付した写真は、帰路に見上げた大山。

  
 

題名:Re: 伯耆大山(弥山尾根)  名前: 2011/03/30(水) 10:25 No.2347  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2347の画像を原寸大表示します 曇りだった空が晴れてきた。Y田さんの日頃の行いがいいのだろう。素晴らしい景色。爽快な気分で登る。

4Pほど,私がリード。後発隊が2グループ追いついてくる。
福岡山の会の方はソロです。身軽に追い抜いて行かれました。
広島の方々,手慣れており,どんどん登って来られました。先に登ってもらいました。
そこでトラブル。またもや,私の失敗。数m滑落。樹木をつかんんで停止。ルートに這い上がりましたが,気持ちは落ち込んだまま・・・

その後は,先発隊のトレースを追ってY田さんがリード。
難しくはないものの,疲れる。集中力を維持するためには,もっと体力が要る。ふぅ・・・

人の気配を感じるようになって山頂。天気も良く,登って来た甲斐があります。

北からの上昇気流はあるものの上空で巻いています。南側は下降気流。凧は少し揚がってもカメラを持ち上げられない。凧は墜落し,雪庇に引っ掛かる。慎重に回収。
ようやく,数分間50mほど浮揚。



添付した写真は山頂にて。山頂の小屋が埋まっています。

  
 

題名:Re: 伯耆大山(弥山尾根)  名前: 2011/03/29(火) 20:10 No.2348  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

2348の画像を原寸大表示します さらに,倉敷の労山会の方々が登って来られた。手慣れた様子で丁寧に登っているので印象的。ベテランです。
この日は,4グループが弥山尾根に取り付いたことになります。
別山尾根に向かった1グループは,なぜか早々に撤退していました。

思っていた以上に疲れました。縦走するのは次の機会にして夏道を下山することにする。

山頂小屋は2階の屋根まで雪。六合目の小屋は,全く姿がありません。雪で枝が折れた樹木が目立ちました。



添付した写真は山頂にて。命の恩人であるY田さんが手を振っています。



題名:県の広報誌  名前: 2011/03/28(月) 21:26 No.2344  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2344の画像を原寸大表示します 職場にあった県の広報誌。
見覚えのある景色。
日向神じゃないですか。
よく見ると、正面岩にクライマーが。



題名:2011年3月23日  名前: 2011/03/24(木) 13:34 No.2338  211.121.166.168


2338の画像を原寸大表示します 2011年03月23日
ソロで這い上がって、一瞬だけ揚げました。

どこで揚げたかわかりますか?

  
 

題名:Re: 2011年3月23日  名前: 2011/03/24(木) 13:08 No.2339  211.121.166.168

2339の画像を原寸大表示します 休みが取れたので山へ。
井原山に登るつもりでいたが,天気がすっきりしない。
ウェザーニュースで実況天気を確認すると,熊本は快晴!

8時過ぎに出発し,11時前に入山。
山頂付近は真っ白。
雪融けがすすみ,落石を見かける。
ヤカタガウドからガレ場の急斜面。
1時間ほどで,ラクダのコル。
あたりはすべて樹氷。
山頂付近が白く見えたのは,このためです。

  
 

題名:Re: 2011年3月23日  名前: 2011/03/24(木) 13:33 No.2341  211.121.166.168

2341の画像を原寸大表示します 天狗峰を右に巻いて,オオヤマレンゲの群生地。
ここから縦走路に這い上がるのが,今回一番の難所。
時折吹く風でエビの尻尾のような樹氷がパラパラと落ちる。
足もとは雪とエビの尻尾で覆われている。
木をつかみ,凍った地面にピッケルを突き刺し,確実な所を探しながら少しずつ登って,ナイフリッジ手前の縦走路。ふぅ〜

エイフリッジ,5Mの岩壁はフリー
セルフを取りながら3Mの側壁
目の前には,お馴染みのローソク岩





  
 

題名:Re: 2011年3月23日  名前: 2011/03/25(金) 17:40 No.2342  211.121.166.168

2342の画像を原寸大表示します ローソク岩の上にて。

カメラを設定し,凧を広げる。
あっ!糸巻きとともに凧糸を落としてしまう。
糸は200mほどあるので,しっかり下界まで・・・
じたばたと捲き上げ回収。

気を取り直して,凧を広げる。
吹き付ける上昇気流はあるものの乱流。稜線を越えた気流は下降する。向きも風速も乱れる。
5回ほど墜落してから,ようやくカメラを持ち上げた。
凧を見上げていたら,平衡感覚が狂ってしまうので手探りで糸を操る。そろそろ下山しないといけない時間になったので,回収。
何コマか写っていてくれればいいが・・・

登って来たルートを下山。
登山口付近にライフルを持った猟師さんが居ました。一般登山ルートから外れた所を歩いていても撃たれないことを期待します。
午後5時半には,近所の山から戻ったかのように帰宅。



添付した写真は登る前の登山口からのもの

  
 

題名:Re: 2011年3月23日  名前:登るタクシードライバー 2011/03/26(土) 05:18 No.2343  HomePage 58-3-57-104.ppp.bbiq.jp

2343の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

ローソク岩に一人で行くとは・・・
しかも凧を揚げるとは・・・
勇気があり過ぎです!

無事帰ってこれて良かった。
次回みんなで行く時は
凧揚げタイムをローソク岩でとりましょう(笑)



題名:亀山  名前: 2011/03/23(水) 21:34 No.2337  ntfkok152205.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2337の画像を原寸大表示します 2011年03月13日(日)
行きたい所はたくさんある。しかし、条件が良くない。
高速道路には、自衛隊の「災害派遣」の車列が目立つ。
こんな日に、こんなことしていていいのか。
今日ばかりは、レポは非公開。ご一緒の方々も匿名でと・・・

久し振りに、山口の亀山へ。
セミナーパークの奥から入山。
先発の3名。ルートを開拓されたベテラン。いとも簡単に登っていく。
5.10a〜5.11a
ご一緒した方々もどんどん登ります。
私は5.10aでも途中で断念、ビレイに専念。

昼食時、山頂で上昇気流に乗って、100mほど浮揚。安定せず、すぐに回収。

長沢温泉で汗を流して帰路につく。

対向車線には、やはり自衛隊の「災害派遣」の車列が目立つ。
朝から晩まで、どんどんたくさんの救援が向かっているようだ。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 4
02/23 (金) 4
02/22 (木) 3
02/21 (水) 8
02/20 (火) 5
02/19 (月) 9
02/18 () 4
02/17 () 2
合計: 43287

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web