山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:根子岳(西峰新道〜天狗〜見晴)  名前: 2013/11/06(水) 21:49 No.3139  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3139の画像を原寸大表示します 2013年11月04日(月・振替休日)
紅葉の季節になりました。
どこの山より好きなのが根子岳の紅葉。
赤根子 です。


今回のメンバーは、クライマーDONさん・M浦さん・TDさん。


ヤカタガウドの登山口、お地蔵さんで駐車。たくさんの車があります。工事の人から工事の車が通り難いとのご指摘がありました。みなさん、気をつけましょう。


ハーネスを着けた人が一人で下山。体調不良で断念したらしい。おだいじに。


元登山口の看板から右。西峰新道(通称 市原新道)を登る。崩壊地点に付けていたロープがなくなっている・・・

10日ほど前に職場の階段で怪我していた両足、特に右足が動かし難い。腫れはひいてきたが浮腫みがありパンパン。靴に押し込んで靴紐で縛り上げている。


地蔵尾根ルートと合流して一般道、日ノ尾峠からのルートと合流して、縦走路上の西峰。先発隊の声が聞こえます。

15m懸垂下降して登り。宇部から来られた3人のパーティとすれ違う。難しい5mの岩を登る。福岡からの3人のパーティとすれ違う。その後に、福岡からの5人のパーティと同じグループの逆縦走4人が、振られる懸垂下降地点で上り下り。登って来られる方々がいなくなって、懸垂下降。


ローソク岩に登る。
ここが一番景色がいい!
ここ数年では、一番きれいな紅葉!



懸垂下降して昼食。先発隊のトップが天狗の大下り(通称 熊五郎落し)を登っている・・・あれっ!? 通常登られているルートから左側を登っている。あそこにはピンがないのにどんどん登っていた。凄い!

先発隊の後に続いて、私どもはいつものルートを這い上がる。

天狗岩(天狗峰)の頂はかぜはあるものの上昇気流が巻いて下降気流になる。凧は揚がらず。

先発隊と共に、見晴新道を下山。
途中で、フィックスしたザイルを使わせていただきました。
ありがとうございました。



かんぽの宿で汗を洗い流して帰路に着きました。


  
 

題名:Re: 根子岳(西峰新道〜天狗〜見晴)  名前:登るタクシードライバー 2013/11/10(日) 01:42 No.3140  HomePage 58-3-40-213.ppp.bbiq.jp

 凧さん 猫お疲れ様です。

ローソク岩で凧揚げ出来ずに残念でした
でも素晴らしい紅葉が見れて
最高でした

凧さんは足を怪我してるのに・・・
あの速さで歩けるなんて
やはり超人です

来年も行きましょう!!!



題名:紅葉の根子縦走  名前:クライマーDON 2013/11/04(月) 21:48 No.3137  49-156-233-62.ppp.bbiq.jp


3137の画像を原寸大表示します 11月4日、根子逆縦走 お疲れ様でした。

おかげ様で素晴らしい紅葉が見れましたが、
見晴新道の下りはとにかく疲れました。

次回もよろしくお願いします。

  
 

題名:Re: 紅葉の根子縦走  名前: 2013/11/05(火) 22:28 No.3138  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3138の画像を原寸大表示します クライマーDONさん、こんばんは。
ご一緒して頂きありがとうございました。


根子岳、今年も紅葉を楽しませていただきました。
ここ数年では一番きれいでした。
縦走路には5パーティ、ヤカタガウドが崩壊する前の賑わいを取り戻しており、驚きました。

またご一緒する機会を楽しみにしております。



題名:阿蘇高岳鷲ヶ峰(北稜)  名前: 2013/10/22(火) 20:45 No.3131  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3131の画像を原寸大表示します 2013年10月20日(日)
今回、久々に根子岳の主(元?)I原さんも参加!
ただし、正確には道具だけの参加です。

M浦さんが山道具を車に積むのを忘れたまま阿蘇まで来てしまい、I原さんから借りて来たらしい。

9時半、仙酔峡を出発。雨で濡れた草を掻き分けながら進む。
見上げると雲の中。関門を経て、第1キレット。
ジャンダルムで装備して赤壁。私がリード。ハーケンが錆び朽ちている。セカンドはM浦さん、ラストはTDさん。

北稜、交代しながらピッチを進める。
3P手前で待ち時間に弁当を食べる。視界が広がり雲海が見えてきた。

鷲ヶ峰山頂。
無数の羽アリがいる。身の回りに飛んでいるだけでなく、ザックや服にとまっている。景色がいいのでのんびりしたいが先に進む。

第2キレットの懸垂下降。20メートルの残置ザイルが設置してあった。一体どういう目的なのか。これを使えば、ノーマルルート2をザイルを持たずにソロで行けるだろうが・・・

高岳の弱い風で少しだけ浮揚。
中岳では風が弱くて断念。

駐車場に戻って、車に傷がないことを確認。

かんぽの宿の温泉で汗を流して帰路に着く。

  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(北稜)  名前:登るタクシードライバー 2013/10/26(土) 04:14 No.3133  HomePage 58-3-57-143.ppp.bbiq.jp

3133の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

やっぱり世界の阿蘇
最高でした!!!

天気の良い時北壁トライしましょう。
リードしますよ(笑)

  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(北稜)  名前: 2013/10/26(土) 21:36 No.3134  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3134の画像を原寸大表示します 登るタクシードライバーさん、こんばんは。

やはり、阿蘇はいいですね。
これからも何度も登りましょう。

北壁のリード、了解しました。
しっかりとビレイいたします。



題名:石槌山(北壁・トイルート)  名前: 2013/10/17(木) 22:40 No.3128  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3128の画像を原寸大表示します えっ!
Oさん、足を痛めて不参加、残念・・・

2013年10月12日(土)
16時に福岡を出発。
今回、ご一緒させて頂いたのは、TドライバーさんとチャレンジャーY田さん。

高速を降りてからが遠い。林道が通行止めなので少し遠回り。23時に土小屋に着く。駐車場にテント泊。そして、泥酔、記憶なし・・・

2013年10月13日(日)
06時、起床。快晴。
07時、国民宿舎から入山。あれっ?TDさんが居ない??駐車場に戻るが居ない。どうやら土小屋の登山口に行って登り始めたらしい。再び入山、そして、TDさんと合流。
09時、3の鎖で休憩、そして装備。小屋の工事現場で一文銭を拾う。8月に白馬で一文銭を2枚なくして以来、「一文無し」でした。これで「一文無し」でなくなりました。

10時、トイルートの取り付き。北壁には、3パーティが取り付いている。

1P
そのまま這い上がる。
2P
クライミングシューズに履き替える。TDさんがリード、アブミを架け替えながら登る。手が届きにくいところは、Oさんの発案どおり指示棒にアブミを引っ掛けて・・・
そこで地元のベテランにお会いする。アドバイスを頂きました。心強い。
私はトップロープなので、さっさとA0で這い上がる。

3P
地元の方々を待ってから登る。TDさん、アブミを架け替えながら登るがいろいろな物が引っ掛かり、ATCを落としてしまう。下を見下ろすと、アブミや帽子などいろいろと落ちている。
思ったより時間がかかっているので、Yさんと私はフィックスロープで這い上がる。何がともあれ、トイルート登りました。

アドバイスだけでなく、ザイルまで使わせていただいた地元の方々に感謝!


山頂付近は紅葉がなくなっている。先日の台風で吹き飛んだようだ。吹き飛ばされていない所は、まだ紅葉が始まっていない。人の多さだけが目立つ。

北壁に当たって吹き上げられた風に乗って、一気に浮揚。凧の引きが強い。腕力が要る。クライミングと違ってレストができないので疲れる。

14時、下山開始。弥山まで行列渋滞。
16時、土小屋P。
19時、道後の宿。温泉で汗を流して、食事に出かける。
宿に戻ってから飲む。そして、泥酔、記憶なし・・・

  
 

題名:Re: 石槌山(北壁・トイルート)  名前: 2013/10/19(土) 16:57 No.3129  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

3129の画像を原寸大表示します 登っている様子が分かる写真を頂きました。
  
 

題名:Re: 石槌山(北壁・トイルート)  名前:登るタクシードライバー 2013/10/26(土) 04:07 No.3132  HomePage 58-3-57-143.ppp.bbiq.jp

3132の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

昨日ブログ投稿終了して
落ち着いてコメント書けます(笑)

石鎚山改めて見ても凄い所登ってますね!
凧さんのお陰で楽しい四国遠征でした。
来年は・・・卒業か? カンテルートか?
どちらでしょうか?



題名:宮島弥山  名前: 2013/10/20(日) 20:12 No.3130  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3130の画像を原寸大表示します 2013年10月14日(月・体育の日)
朝食7時のはずなのに、7時20分に目が覚めた。みんなも熟睡しています。

朝食をとって、すぐに宿を出る。

快晴。

宮島口でフェリーに乗って宮島へ。
厳島神社に参拝。干潮なので鳥居に触れてきた。

随分並んでロープウェイに乗る。さらに1km歩いて山頂、14時。
弥山の頂の岩に這い上がる。景色はいいが、風がない。浮揚できず。這い登った岩、降りるのが怖い。石鎚の北壁より怖い思いがした。ザイルの威力は絶大です。ボルタリングした若者がいた。

往復のチケットを買っていたが、1.7kmなので歩いて下山。

あなご飯を食べて、帰路に着いた。
19時、福岡。



題名:猟師岩  名前: 2013/10/06(日) 19:08 No.3127  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


2013年10月06日(日)
Oさんと、TDさんが迎えに来られて出発。
来週の石鎚山のために、アブミ(縄はしご)の練習。

猟師岩は人工で登るルートではないので、ピンの間隔が遠い。
トップロープで登れるように設置。カムを入れる。

ハングした所は、ふぅ・・・
疲れました。

さて、石鎚遠征はどうなるでしょうか。



題名:猟師岩・鬼ヶ鼻  名前: 2013/10/01(火) 22:21 No.3124  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3124の画像を原寸大表示します 2013年09月29日(日)
今回は、Oさんと二人で山歩き。
アブミの使い方の練習が課題。

林道は舗装された所まで、椎原峠付近までは車は入れません。
この一年間の雨で、えぐれています。

天気が不安だが、装備を抱えて岩場へ。

猟師岩の岩場、随分きれいになりました。
整備された方に頭が下がります。感謝!

終了点にザイルを設置して懸垂下降。
しかし、・・・


雨が強くなり退散。
鬼ヶ鼻を経て下山。

  
 

題名:Re: 猟師岩・鬼ヶ鼻  名前:いちみる 2013/10/02(水) 21:02 No.3125  softbank126091011219.bbtec.net

久しぶりのメールです。
猟師岩にはどのようにして行かれたのですか?
椎原峠までの道は、舗装工事中・木の切りだしのため、
主な2か所は通行止めと聞いています。
もしかして、鬼ヶ鼻まで登山道歩きで行かれたのですか?
次の連休は四国詣でですか?
完全リベンジできたらいいですね。

  
 

題名:Re: 猟師岩・鬼ヶ鼻  名前: 2013/10/02(水) 21:25 No.3126  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

いちみるさん、こんばんは。

福岡から三瀬峠を旧道で越えて、
トンネルの料金所を右手に見えたあとに左。

右左・・・、ずっと続きます。
ようやく左に曲がれる所から入山。
昨年は車で椎原峠近くまで行けましたけど、今は無理てす。




南側から岩場に取り付きました。



題名:井原山(新村尾根道)  名前: 2013/09/23(月) 21:12 No.3123  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3123の画像を原寸大表示します 2013年09月23日(月・秋分の日)
遅く起きて、楽しみにしていた録画のNHKスペシャル「神の数式」を2時間見る。

昼過ぎに出発。

新村から入山。
尾根道を這い上がって縦走路。
山頂はガスっている。誰もいない。しばらくすると、2人登ってきた。

風がある。浮揚。
ラインを全て出し切ったが写真はほとんど真白。

下山。

家で汗を流して、次女の誕生日のケーキを買いに行く。



題名:蕨野山(川辺川入鴨谷二の俣谷) 沢  名前: 2013/09/23(月) 21:02 No.3122  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3122の画像を原寸大表示します 2013年09月22日(日)
今回は、お久し振りにチャレンジャーY田さんもご一緒です。
Oさん、TDさんと4人で、沢登り。
今シーズンは終わりだったはずが・・・

川辺川の支流梶原川入鴨谷二の俣谷

このプラン設定の背景には、焼酎「球磨の泉」がある。

車の底を擦りながら取り付きにたどり着く。
10時に入渓。
水がきれいな青。ここの沢は美しい。

前回の靴と違って、いつもの沢靴。安心感がある。
ザイルなし、フリーでどんどん登る。
巻くような大きな滝はないが連瀑。

正午に昼食。
稜線の尾根まで様子が分かった所で下山開始。

伐採された杉の丸太を乗り越えて林道。
昼間なのに鹿が居た。
車まで戻る。

道の駅で焼酎を買って、温泉で汗を流す。
大雨になった。調べると、ここだけ。ふぅ〜

帰路に着く。




題名:井原山(古場岳)  名前: 2013/09/16(月) 18:19 No.3121  HomePage ntfkok250202.fkok.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp


3121の画像を原寸大表示します 2013年09月16日(月・敬老の日)
台風の影響が凄い。いろいろな映像に驚いた。

しかし、福岡は晴れ。

263号線が渋滞。日向峠を越えて水無に行こうとするが、瑞梅寺ダム周辺で崖崩れ。全面通行止め。
仕方なしに三瀬峠を越えて、古場岳から入山。

30分ほどで山頂。
強風です。10m/s以上。
昼食をとって、しばらく待つが変わらず。
下山。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 8
11/24 (金) 8
11/23 (木) 8
11/22 (水) 6
11/21 (火) 8
11/20 (月) 8
11/19 () 7
11/18 () 7
合計: 42710

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web