山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:八方ヶ岳(山頂〜カニのハサミ岩)ふたたび 
名前: 2016/02/14(日) 20:05 No.3808  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3808の画像を原寸大表示します 2016年02月14日(日)
夜半過ぎまで降った雨でクライミングは無理。行く場所が限られる。
天気予報では、昼頃から良くなるらしい。
気になる先日のハサミ岩の岩場を見に行くことになりました。

M浦さんは、岩野山の岩場の復旧活動に参加されるらしい。

OさんとTドライバーさんと、朝8時に福岡を出発。

山に近づくほど天気が悪い。
11日と違って、登山口に車が少ない。
先発は一人だけ。

その先発の方とすれ違って、1時間半ほどで山頂。
人気の山です。山頂には4人のグループが居ました。

昼食をとる。
風はあるものの弱く、向きが大きく乱れている。霧というか雲の中、10mほどしか視界もありません。
凧は揚がりません。
気温1℃、おまけに雨まで降ってきた。
長居は無用。

雨の中、山ノ神登山口ルートへ。

カニのハサミ岩への分岐を過ぎて、尾根筋を進む。
ハサミ岩に登るが、ここも雲の中、視界なし。強風。

急坂を下る。Oさんのストックの一部が紛失してしまう。

林道を経て、車に戻る。

癒しの森 ゆーかむ(http://comhits2014.wix.com/yukamu)で汗を洗い流して帰路に着く。



凧が揚がりません。
また、登らないといけない山です。



題名:八方ヶ岳(山頂〜カニのハサミ岩)  名前: 2016/02/12(金) 21:50 No.3805  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3805の画像を原寸大表示します 2016年02月11日(木) 建国記念の日
今回はソロ

朝、のんびりと起きて出発。
9時過ぎから入山。
1時間余りで山頂。

景色はいいものの、雲のために雲仙も阿蘇も九重も山腹しか見えない。
風もない。
1時間ほど待つが全く変わらない。

カニのハサミ岩に向かう。
ルートは分かりやすい。ピンクのテープが目印。
ネットで見たトラロープ、そして手作りの梯子。
このルート、たくさんの人が歩くと崩れてしまいそう。

ハサミ岩の頂。
ゆっくりと昼食をとり、ちょっと昼寝。
1時間ほど過ごすが風はない。(正確には、2〜3m/s程度)
凧は揚がらない。

下山。
林道まで20分。このルート、よく見つけたものだと思う。


是非、
また、機会をみつけて来ようと思う。

  
 

題名:Re: 八方ヶ岳(山頂〜カニのハサミ岩)  名前: 2016/02/12(金) 21:53 No.3807  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3807の画像を原寸大表示します ハサミ岩からの景色


題名:阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート1)  名前: 2016/02/09(火) 21:16 No.3798  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3798の画像を原寸大表示します 2016年02月07日(日)
当初の予定は、赤谷アイスクライミング。
しかし、いい天気。冷えていない。
仕方ないので変更。
久し振りの鷲ヶ峰へ。

先週に引き続き、仙酔峡から入山。

  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート1)  名前: 2016/02/09(火) 21:16 No.3799  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3799の画像を原寸大表示します 関門。氷も雪もほとんどない。

  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート1)  名前: 2016/02/09(火) 22:50 No.3800  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3800の画像を原寸大表示します 第1キレットの下、ガリー2の手前から赤谷を見ると、凍っています。
薄いものの下から上まで・・・
車まで引き返して、装備を換えよう!

しかし、氷が少な過ぎて面白みがなさそう。
思い直して、鷲ヶ峰へ。

  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート1)  名前: 2016/02/09(火) 21:18 No.3801  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3801の画像を原寸大表示します 2か所のガレ場を過ぎて、ザイルを使って西稜の取り付き。
更にひと越えすると・・・
あれれ、ルートが分からない。
何度も来た馴染みの筈なのに・・・

赤テープに惑わされていました。
そして、崩落した土石。
見つけると、いつものルート。

どこも気を抜けない。


山頂。
標識が壊れてしまっています。

  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート1)  名前: 2016/02/09(火) 21:20 No.3802  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3802の画像を原寸大表示します ここから見る根子岳は格好がいい
  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート1)  名前: 2016/02/09(火) 21:21 No.3803  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3803の画像を原寸大表示します 弱い風を捉えて、凧浮揚。
  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート1)  名前: 2016/02/09(火) 22:48 No.3804  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3804の画像を原寸大表示します 下山は、さらに気が抜けません。

関門まで戻って、ふぅ〜


2週連続でお話した仙酔峡のお土産屋さんに、ご挨拶。
お土産屋さんにお土産をいただく!

いつものように、かんぽの宿で汗を洗い流して帰路に着く。

やっぱり、阿蘇は楽しい!
  
 

題名:Re: 阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート1)  名前: 2016/02/12(金) 21:51 No.3806  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3806の画像を原寸大表示します トレースです


題名:阿蘇(赤谷) 偵察  名前: 2016/02/02(火) 21:38 No.3793  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3793の画像を原寸大表示します 2016年01月31日(日)
久し振りに阿蘇に戻ります。

仙酔峡の駐車場にはたくさんの車。
売店の方に話しかけられた。先発隊もいるらしい。

関門付近から見上げると、赤谷とノーマルルートに数人ずつ。

残雪は微かにあるものの、氷はない。
赤谷をつめる。
湿った谷を登るだけです。

  
 

題名:Re: 阿蘇(赤谷) 偵察  名前: 2016/02/02(火) 21:47 No.3794  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3794の画像を原寸大表示します 登っても、引き返すためのピンがない。
氷のない三段の滝手前で引き返す。

関門まで戻って、昼食。

ノーマルルートのパーティは、ほとんど同じ位置。に見える。

仙酔峡に戻る。

手馴れた登山者から話しかけられる。
喜寿の鹿児島黒稜会の方らしい。スゴイ!!
仲間が赤谷からダイレクトルートへ登っているらしい。

もう一つのパーティは、遭難者の遺留品回収らしい・・・

  
 

題名:Re: 阿蘇(赤谷) 偵察  名前: 2016/02/02(火) 21:49 No.3795  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3795の画像を原寸大表示します いつものように、
かんぽの宿で汗を洗い流して、帰路に着く。


来週こそは、凍り付いていることを期待しています。

  
 

題名:Re: 阿蘇(赤谷) 偵察  名前:いちみる 2016/02/05(金) 21:42 No.3796  操作 softbank126091011219.bbtec.net

大寒波の後だったけれど、あっという間に溶けてしまって残念でしたね。
私たちが行った17日の方が少しはいい条件だったようで、登ることができました。
ただ、標高が低くなると雪は雨に変わり、灰まみれになって大変でした(>_<)
今週末は雪の予報も出ていますし、期待大かな?
報告楽しみにしています。

  
 

題名:Re: 阿蘇(赤谷) 偵察  名前: 2016/02/06(土) 18:36 No.3797  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

いちみるさん、こんばんは。

今季は短い冬だったようです。
わずかな可能性を期待して、明日も行って来ます!



題名:井原山(ダルメキ谷) 偵察  名前: 2016/01/26(火) 18:38 No.3789  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3789の画像を原寸大表示します 2016年01月26日(火)
大雪のため、仕事休み。

用事を済ませて、山に向かう。
萩ノ原峠は通行止め。しかし、どんどん車が走って行く。
行ける所までいってみよう、着いて行く。一台前の車が滑ってUターン。滑るものの登った。新しいスタットレス、頑張っています。


  
 

題名:Re: 井原山(ダルメキ谷) 偵察  名前: 2016/01/26(火) 18:39 No.3790  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3790の画像を原寸大表示します 小笠木峠、こちらはチェーン規制。
これって、ダメでしょう。ガチガチです。トラックがバックしている・・・
断念した車が左に寄ったのを追い越して、峠を過ぎる。

三瀬峠の手前でチェーンを巻く作業をしている車などを何台がすり抜ける。

糸島峠、ここもチェーン規制。
対向車線は重機で除雪中。

井原山の登山口のバス停から入山。

スノーシューのトレースがある。
雨が降ってきた。モチベーションが下がる。時間も限られる。
つぼ足で進む。

舗装された林道を横切るところでスノーシューを装着。

  
 

題名:Re: 井原山(ダルメキ谷) 偵察  名前: 2016/01/26(火) 18:47 No.3791  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3791の画像を原寸大表示します 積雪後のトレースはありません。
楽しくなって進む。

仕事の電話あり。職場のHPをiPhoneで書き換える。

ルートをふさぐ倒木。
一気に降り積もった湿った重い雪に耐えられなかったようです。
続きます・・・

時間切れ。
アンの滝で引き返しました。

  
 

題名:Re: 井原山(ダルメキ谷) 偵察  名前: 2016/01/26(火) 18:53 No.3792  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3792の画像を原寸大表示します 下山は30分ほど。

ちょっと急ぐ。
都市高速はダメだったので、202号線を経て帰宅。



題名:片縄山  名前: 2016/01/25(月) 18:25 No.3788  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3788の画像を原寸大表示します 2016年01月25日(月)
大雪のため仕事休み。

朝からずっと雪が降っている。
のんびり過ごしてから、用事を済ました。
山が気になります。

家を出たとたんに、仕事の電話。
家に戻って、急な仕事を片付ける。

再び山へ。

ご近所の片縄山。
柏陵コル左に登って、稜線。
こんな行くの日でも足跡がありました。

山頂。雪で視界がありません。-1℃。強い風。

埴安ルートで下山。

6km以上歩きました。



題名:油山  名前: 2016/01/24(日) 16:35 No.3785  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3785の画像を原寸大表示します 2016年01月24日(日)
当初の予定は、阿蘇。しかし、九州自動車道は通行止め。
脊振にしようと、OさんとTドライバーさんと出発する。
しかし、気温は-4℃、雪がどんどん積もっている。このままだと、登山口まで着かないか、下山したら車を動かせない。
油山に変更。

園芸公園付近から入山。
ニッコりん展望台、吹雪いています。積雪も多い。
(「ニッコりん」とは、城南区シンボルキャラクター油山の妖精らしい)

山頂、強風にさらされています。
温度計は-9℃を示していました。

  
 

題名:Re: 油山  名前: 2016/01/24(日) 16:43 No.3786  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3786の画像を原寸大表示します 積雪は20cmくらい。

山笠の滝を見てみる。
つららはできているものの、凍っていません。

つり橋を経て、車に戻る。

野間大池通り、百年橋通り、日赤通り、路面は真白。
日中なのに融けていません、ビックリです。
気温-3〜-2℃なので当然ですが。

  
 

題名:Re: 油山  名前: 2016/01/25(月) 12:24 No.3787  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3787の画像を原寸大表示します iPhone、寒さでバッテリー切れ。トレースが途中までになっています。


題名:糠塚山  名前: 2016/01/17(日) 14:38 No.3778  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3778の画像を原寸大表示します 2016年01月16日(土)
日曜日は仕事。午後から山に入るつもりだったが雨の予報。
土曜日のうちに登るしかありません。
帰宅したのが15時半。16時から出発。

よく登っている人がいるようで、踏み跡がしっかりある。
30分程で山頂。
久しぶりの糠塚山。

  
 

題名:Re: 糠塚山  名前: 2016/01/17(日) 14:38 No.3779  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3779の画像を原寸大表示します 南側の斜面の杉が伐採されており、視界が開けました。脊振山系がよく見えます。
  
 

題名:Re: 糠塚山  名前: 2016/01/17(日) 14:42 No.3780  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3780の画像を原寸大表示します 下りたことがない尾根筋下山。
途中から藪漕ぎ、そして、見覚えのあるため池、糠塚池。
釣り客が二人いました。
水の音が聞こえるので、沢沿いへ。
ちょっとした滝がありました。

  
 

題名:Re: 糠塚山  名前: 2016/01/17(日) 14:43 No.3781  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3781の画像を原寸大表示します 沢沿いに藪漕ぎ。
砂防ダムを越えて、薄暗くなってきたところで、自然公園の照明が見えました。


登りの3倍近くかかって下山でした。

  
 

題名:Re: 糠塚山  名前:いちみる 2016/01/18(月) 21:47 No.3782  操作 softbank126091011219.bbtec.net

16時から登山開始とは、山にとりつかれていますね(笑)
日曜日は阿蘇赤谷に行ってきました。
思いがけず凍っていてミニアイスクライミングを楽しめました。
ところが下山は雪が雨に変わり、どろどろ灰まみれで悲惨な状況でした。
帰ってからの洗濯が大変でした。
この山域は行くタイミングを考えないといけませんね。

  
 

題名:Re: 糠塚山  名前: 2016/01/19(火) 22:22 No.3783  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

いちみるさん、こんばんは。

阿蘇のアイス、いいですね!!
一週間前の虎ヶ峰の遭難は、どこだったのでしょうか?わかりましたか。

春夏秋冬、朝昼晩、山は違う姿で魅せてくれます。
次の山歩きで、どんなことに出会うことができるか、楽しみです。



題名:湧蓋山  名前: 2016/01/10(日) 20:59 No.3776  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3776の画像を原寸大表示します 2016年01月10日(日)
いつものメンバーでの山歩き。
Tドライバー、Oさんと合流し、7時に福岡を出発。道の駅 小国でM浦さんと合流。

このルート、久し振り・・・1986年05月以来です。
初めて登ったのは、1972年(http://alpinesaikou.web.fc2.com/oldphoto/repo.html)


当然ですが、登山口は記憶とは大きく違います。

登山口の大きな表示があります。
駐車場もあります。
ちょっと上には、駐車場とトイレ(冬季は閉鎖)もあります。


牛の放牧の柵を越える。この付近から、牛さんのウ○コが目立ちます。幸い、冬の今は放牧されていませんので、生々しいものはありません。

見上げる山頂は雲の中。
霜柱を踏みしめる。20cm近い長さのものもある。
下山してくる人たちによると、「視界がなかった」

さらに登ると、樹氷の世界。
一気に晴れ渡り、その陽射しと、それに起因する風でどんどん融けていく・・・

山頂、快晴。
乱れた気流があるものの、いい風。
凧を浮揚。うまく風を捉えて、どんどんラインを出す。持ってきている全ての300mほど。
しばらく安定。
しかし、そんな状態は続くはずありません。
雲が渦巻き、上空の風も不安定。凧はゆっくり高度を下げる。
ラインを巻くが追いつかない。100mほど先に落下。引いてもダメ。引っ掛かっている。

落下地点が見えない。
ラインを辿って、山頂から下降。
急な斜面なので、ピッケルを突き刺して下降。

九重で引っ掛かるのは、またもやミヤマキリシマ。
凧を回収。この時点でもシャッター音を出しているカメラを回収。

地面にピッケルを突き刺しながら、斜面を這い上がる。
今日、これが一番疲れました。
全て回収し片付けた。

下山
落ちた樹氷が足を滑らせる。
足元の霜柱が足を滑らせる。
むかるんだ土が足を滑らせる。そして、牛さんのウ○コ・・・

宝満山を登ろうとして、こちらに変更した熊本のご夫婦とすれ違った。
正解です。それにしても凄いバイタリティ。


はげの湯で汗を洗い流して帰路に着く。

  
 

題名:Re: 湧蓋山  名前:登るタクシードライバー 2016/01/15(金) 15:40 No.3777  操作 58-3-49-104.ppp.bbiq.jp

3777の画像を原寸大表示します  凧さん 写真見ました(笑)

無茶苦茶可愛いですね!!!

涌蓋山樹氷が綺麗で正解でした。
はげの湯も良い温泉でした

雪は来週の寒波に期待しましょう。



題名:井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/06(水) 17:45 No.3770  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3770の画像を原寸大表示します 2016年01月06日(水)
天気がすっきりとしない。モチベーションが上がらないまま出発。

水無の駐車場から入山。
アンノ滝へ右折。あまり通ることのないルートです。
どんどん下って、アンノ滝。
ダルメキ谷ルートが沢から外れる地点から入渓。
中俣の左俣の沢です。
以前、井原山の常連さんたちに伺ったことがあるルートです。

ほとんど水量がないので、アプローチシューズのままです。

マイナーなルートですが、歩いている人がいるようです。
2か所、とらロープがある。一方には鎖まである。
沢登りとしては面白くないが、一般ルートよりは楽しい。

  
 

題名:Re: 井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/06(水) 17:46 No.3771  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3771の画像を原寸大表示します
足元の岩、片岩から石灰岩、そして花崗岩が目立つようになると、ほとんどガレ場。そのまま、縦走路に飛び出す。

  
 

題名:Re: 井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/06(水) 17:50 No.3772  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3772の画像を原寸大表示します 山頂、誰もいない。
タッパに入れて持って来たお雑煮の残りを食べる。

4℃、突風交じりの強風。
凧を揚げようとするが厳しい。断念。

一人、登山者が登って来られた。

  
 

題名:Re: 井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/06(水) 17:51 No.3773  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3773の画像を原寸大表示します 水無へ下る。

キツネノカミソリ
今年もしっかり順調です。

  
 

題名:明けましておめでとうございます  名前:風来坊 2016/01/07(木) 04:00 No.3774  操作 p1306248-ipngn201005fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

3774の画像を原寸大表示します 凧さん、明けましておめでとうございます。
今年も精力的に登られていますね。
風来坊は餅が好きですので、山でのお雑煮は格別のような気がします。
あと少しで誕生日を迎えられるようですね、おめでとうございます。
お互い、元気に登りましょう。
脊振の逆縦走、お付き合いしてみたい気もしますが、昨年のタイムを見たら・・・。
頑張って下さいませ(笑)

  
 

題名:Re: 井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/07(木) 20:36 No.3775  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

風来坊さん、あけましておめでとうございます。
そして、ありがとうございます。

縦走
予定できそうな日程が、月夜なので、
東から西へ、「基山から十坊山に向けて」を予定しています。(一度は中途半端になりました)
最大の問題は、水です。脊振山の水場が使えないのが辛いです。
さて、どうなることやら・・・


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
09/23 () 3
09/22 (金) 8
09/21 (木) 7
09/20 (水) 7
09/19 (火) 10
09/18 (月) 3
09/17 () 3
合計: 42301

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web