山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:油山  名前: 2016/01/24(日) 16:35 No.3785  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3785の画像を原寸大表示します 2016年01月24日(日)
当初の予定は、阿蘇。しかし、九州自動車道は通行止め。
脊振にしようと、OさんとTドライバーさんと出発する。
しかし、気温は-4℃、雪がどんどん積もっている。このままだと、登山口まで着かないか、下山したら車を動かせない。
油山に変更。

園芸公園付近から入山。
ニッコりん展望台、吹雪いています。積雪も多い。
(「ニッコりん」とは、城南区シンボルキャラクター油山の妖精らしい)

山頂、強風にさらされています。
温度計は-9℃を示していました。

  
 

題名:Re: 油山  名前: 2016/01/24(日) 16:43 No.3786  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3786の画像を原寸大表示します 積雪は20cmくらい。

山笠の滝を見てみる。
つららはできているものの、凍っていません。

つり橋を経て、車に戻る。

野間大池通り、百年橋通り、日赤通り、路面は真白。
日中なのに融けていません、ビックリです。
気温-3〜-2℃なので当然ですが。

  
 

題名:Re: 油山  名前: 2016/01/25(月) 12:24 No.3787  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3787の画像を原寸大表示します iPhone、寒さでバッテリー切れ。トレースが途中までになっています。


題名:糠塚山  名前: 2016/01/17(日) 14:38 No.3778  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3778の画像を原寸大表示します 2016年01月16日(土)
日曜日は仕事。午後から山に入るつもりだったが雨の予報。
土曜日のうちに登るしかありません。
帰宅したのが15時半。16時から出発。

よく登っている人がいるようで、踏み跡がしっかりある。
30分程で山頂。
久しぶりの糠塚山。

  
 

題名:Re: 糠塚山  名前: 2016/01/17(日) 14:38 No.3779  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3779の画像を原寸大表示します 南側の斜面の杉が伐採されており、視界が開けました。脊振山系がよく見えます。
  
 

題名:Re: 糠塚山  名前: 2016/01/17(日) 14:42 No.3780  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3780の画像を原寸大表示します 下りたことがない尾根筋下山。
途中から藪漕ぎ、そして、見覚えのあるため池、糠塚池。
釣り客が二人いました。
水の音が聞こえるので、沢沿いへ。
ちょっとした滝がありました。

  
 

題名:Re: 糠塚山  名前: 2016/01/17(日) 14:43 No.3781  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3781の画像を原寸大表示します 沢沿いに藪漕ぎ。
砂防ダムを越えて、薄暗くなってきたところで、自然公園の照明が見えました。


登りの3倍近くかかって下山でした。

  
 

題名:Re: 糠塚山  名前:いちみる 2016/01/18(月) 21:47 No.3782  操作 softbank126091011219.bbtec.net

16時から登山開始とは、山にとりつかれていますね(笑)
日曜日は阿蘇赤谷に行ってきました。
思いがけず凍っていてミニアイスクライミングを楽しめました。
ところが下山は雪が雨に変わり、どろどろ灰まみれで悲惨な状況でした。
帰ってからの洗濯が大変でした。
この山域は行くタイミングを考えないといけませんね。

  
 

題名:Re: 糠塚山  名前: 2016/01/19(火) 22:22 No.3783  操作 ntfkok001088.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

いちみるさん、こんばんは。

阿蘇のアイス、いいですね!!
一週間前の虎ヶ峰の遭難は、どこだったのでしょうか?わかりましたか。

春夏秋冬、朝昼晩、山は違う姿で魅せてくれます。
次の山歩きで、どんなことに出会うことができるか、楽しみです。



題名:湧蓋山  名前: 2016/01/10(日) 20:59 No.3776  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3776の画像を原寸大表示します 2016年01月10日(日)
いつものメンバーでの山歩き。
Tドライバー、Oさんと合流し、7時に福岡を出発。道の駅 小国でM浦さんと合流。

このルート、久し振り・・・1986年05月以来です。
初めて登ったのは、1972年(http://alpinesaikou.web.fc2.com/oldphoto/repo.html)


当然ですが、登山口は記憶とは大きく違います。

登山口の大きな表示があります。
駐車場もあります。
ちょっと上には、駐車場とトイレ(冬季は閉鎖)もあります。


牛の放牧の柵を越える。この付近から、牛さんのウ○コが目立ちます。幸い、冬の今は放牧されていませんので、生々しいものはありません。

見上げる山頂は雲の中。
霜柱を踏みしめる。20cm近い長さのものもある。
下山してくる人たちによると、「視界がなかった」

さらに登ると、樹氷の世界。
一気に晴れ渡り、その陽射しと、それに起因する風でどんどん融けていく・・・

山頂、快晴。
乱れた気流があるものの、いい風。
凧を浮揚。うまく風を捉えて、どんどんラインを出す。持ってきている全ての300mほど。
しばらく安定。
しかし、そんな状態は続くはずありません。
雲が渦巻き、上空の風も不安定。凧はゆっくり高度を下げる。
ラインを巻くが追いつかない。100mほど先に落下。引いてもダメ。引っ掛かっている。

落下地点が見えない。
ラインを辿って、山頂から下降。
急な斜面なので、ピッケルを突き刺して下降。

九重で引っ掛かるのは、またもやミヤマキリシマ。
凧を回収。この時点でもシャッター音を出しているカメラを回収。

地面にピッケルを突き刺しながら、斜面を這い上がる。
今日、これが一番疲れました。
全て回収し片付けた。

下山
落ちた樹氷が足を滑らせる。
足元の霜柱が足を滑らせる。
むかるんだ土が足を滑らせる。そして、牛さんのウ○コ・・・

宝満山を登ろうとして、こちらに変更した熊本のご夫婦とすれ違った。
正解です。それにしても凄いバイタリティ。


はげの湯で汗を洗い流して帰路に着く。

  
 

題名:Re: 湧蓋山  名前:登るタクシードライバー 2016/01/15(金) 15:40 No.3777  操作 58-3-49-104.ppp.bbiq.jp

3777の画像を原寸大表示します  凧さん 写真見ました(笑)

無茶苦茶可愛いですね!!!

涌蓋山樹氷が綺麗で正解でした。
はげの湯も良い温泉でした

雪は来週の寒波に期待しましょう。



題名:井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/06(水) 17:45 No.3770  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3770の画像を原寸大表示します 2016年01月06日(水)
天気がすっきりとしない。モチベーションが上がらないまま出発。

水無の駐車場から入山。
アンノ滝へ右折。あまり通ることのないルートです。
どんどん下って、アンノ滝。
ダルメキ谷ルートが沢から外れる地点から入渓。
中俣の左俣の沢です。
以前、井原山の常連さんたちに伺ったことがあるルートです。

ほとんど水量がないので、アプローチシューズのままです。

マイナーなルートですが、歩いている人がいるようです。
2か所、とらロープがある。一方には鎖まである。
沢登りとしては面白くないが、一般ルートよりは楽しい。

  
 

題名:Re: 井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/06(水) 17:46 No.3771  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3771の画像を原寸大表示します
足元の岩、片岩から石灰岩、そして花崗岩が目立つようになると、ほとんどガレ場。そのまま、縦走路に飛び出す。

  
 

題名:Re: 井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/06(水) 17:50 No.3772  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3772の画像を原寸大表示します 山頂、誰もいない。
タッパに入れて持って来たお雑煮の残りを食べる。

4℃、突風交じりの強風。
凧を揚げようとするが厳しい。断念。

一人、登山者が登って来られた。

  
 

題名:Re: 井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/06(水) 17:51 No.3773  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3773の画像を原寸大表示します 水無へ下る。

キツネノカミソリ
今年もしっかり順調です。

  
 

題名:明けましておめでとうございます  名前:風来坊 2016/01/07(木) 04:00 No.3774  操作 p1306248-ipngn201005fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

3774の画像を原寸大表示します 凧さん、明けましておめでとうございます。
今年も精力的に登られていますね。
風来坊は餅が好きですので、山でのお雑煮は格別のような気がします。
あと少しで誕生日を迎えられるようですね、おめでとうございます。
お互い、元気に登りましょう。
脊振の逆縦走、お付き合いしてみたい気もしますが、昨年のタイムを見たら・・・。
頑張って下さいませ(笑)

  
 

題名:Re: 井原山(水無〜ダルメキ谷)  名前: 2016/01/07(木) 20:36 No.3775  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

風来坊さん、あけましておめでとうございます。
そして、ありがとうございます。

縦走
予定できそうな日程が、月夜なので、
東から西へ、「基山から十坊山に向けて」を予定しています。(一度は中途半端になりました)
最大の問題は、水です。脊振山の水場が使えないのが辛いです。
さて、どうなることやら・・・



題名:油山  名前: 2016/01/05(火) 16:35 No.3767  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3767の画像を原寸大表示します 2016年01月05日(火)
車の免許の更新

  
 

題名:Re: 油山  名前: 2016/01/05(火) 16:45 No.3768  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3768の画像を原寸大表示します 午後から入山。山頂の手前から尾根筋に西側に下る。
目指すは、油山川の岩場。
藪漕ぎで進むが、所々赤テープがある。
岩場の尾根をトラバースしてたどり着く。

もう少しいいルートはないだろうか。

岩場の尾根の稜線に上がってビックリ。立派な登山道です。
テープの目印としっかりとした踏み跡。

  
 

題名:Re: 油山  名前: 2016/01/05(火) 16:52 No.3769  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3769の画像を原寸大表示します 赤テープに「SF」と書いてある。
サブ・フェースの意味だろう。

快適に登って行き、急斜面を越える。
目の前には、国見岩。
ルートへの入り口に目印もある。

山頂に立ち寄る。
雨が降り出したので退散。



題名:十坊山(鹿家)  名前: 2016/01/04(月) 16:42 No.3763  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3763の画像を原寸大表示します 2016年01月04日(月)
ちょっと気になってたルートを登ってみました。

鹿家駅から登山口へ。
わかり難い。登山者のための駐車場はある。ありがたい。

  
 

題名:Re: 十坊山(鹿家)  名前: 2016/01/04(月) 17:03 No.3764  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3764の画像を原寸大表示します どこから登ればいいのか。
「相思の桜」への案内はある。
そこから入山。

花も葉もない桜を過ぎる。
尾根筋に藪漕ぎして地図上の三角点へ。

地図上での点線ルート、倒木で歩き難い。

登り詰めると、標識。
わずかな踏み跡を辿り一般道に。

山頂。
誰もいない。岩の這い上がるが、PM2.5で空気が汚れていて展望がない。風はあるので、凧、浮揚。200mほど揚げる。

二人のパーティが登って来られる。

  
 

題名:Re: 十坊山(鹿家)  名前: 2016/01/04(月) 17:07 No.3765  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3765の画像を原寸大表示します 凧を回収して、下山。
  
 

題名:Re: 十坊山(鹿家)  名前: 2016/01/04(月) 17:16 No.3766  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3766の画像を原寸大表示します 標識どおりに下山。
しかし、分かりづらい。

紛らわしいピンクのテープ。
少ない踏み跡。
ふさぐ倒木。
生えている木々。

雑誌で紹介されているものの、このルートは迷いやすいと思います。



題名:井原山(新村)  名前: 2016/01/02(土) 20:06 No.3760  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3760の画像を原寸大表示します 2016年01月01日(金)
三社参り
あいさつ回り
おせち料理

13時半に入山。

山頂、誰もいない。
いい風。一気に浮揚。
200m近く揚がる。

年配の登山者が登って来られた。

縦走路を下山中にすれ違った人がいた。
脊振から十坊まで縦走するらしい。

  
 

題名:Re: 井原山(新村)  名前: 2016/01/02(土) 20:16 No.3762  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3762の画像を原寸大表示します トレースです。


題名:雷山・井原山  名前: 2015/12/29(火) 19:15 No.3759  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3759の画像を原寸大表示します 2015年12月29日(火)
前日に仕事納め。
いい天気、山を歩きたい。

古場岳から雷山・井原山周回をしようと思って、雷山の登山口に駐車。佐世保ナンバーの車の後ろに停める。

時間に余裕がある。
林道を歩いて、長野峠へ。

長野峠近くの登山口から入山。
すれ違う人はいないが、足跡がある。

山頂。
風はない。7〜8名の人がいる。
井原山へ。

ダルメキ谷への分岐手前で、ビックリ!
イノシシの足。
足跡は何度も見てきたが、縦走路に足が落ちていました。
血のついた骨の足先です。
肉食の動物の仕業でしょうか?

井原山、山頂。
昼食。

弱い風で、凧フラフラ。
あまり浮揚できませんでした。

古場岳の登山口へ下山。
車に戻る。


帰宅後、家内の車を洗車。




題名:金山・猟師岩山  名前: 2015/12/29(火) 18:50 No.3758  操作 ntfkok001167.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3758の画像を原寸大表示します 2016年12月27日(日)
Oさんと二人でした。

井出野の林道登山口から入山。
30分もかからずに小爪峠。
金山へ。

何度もアップダウン・・・

ピッケルを背負った登山者とすれ違う。
ようやく、坂を登って見覚えのある標識。
少し進んで、山頂。

昼食。
3人登ってきた。
その中の1人は70歳代とのこと、登ってきた時間が短くならないことを悔しがっておられた。

登ってきたルートを引き返す。
小爪峠で、Oさん曰く、「猟師岩山の岩場を見に行こう」
二つ返事で了解。先に進む。

しっかりと登り坂。
岩場の稜線を進んで、馴染みの岩場。

左岩壁のルートが整備されています。
終了点は立ち木ににスリングするようです。
トップロープの設置はできます。

いつもの下山ルート。西椎原峠を経て、林道を歩いて車に戻る。


ご一緒していただいて登るのは、今年最後。
ありがとうございました。



題名:白滝山  名前: 2015/12/21(月) 21:51 No.3755  操作 ntfkok008013.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp


3755の画像を原寸大表示します 2015年12月20日(日)
阿蘇、陶ヶ岳、白滝山と二転三転…
7時に福岡を出発。
メンバーは、いつも通り。OさんとTドライバーさん。

風が強い。20個の風車がブンブン回っています。
アプローチが楽。上部の駐車場からすぐです。

Climbing Community Alpina の方々により、きれいに整備されています。感謝、感謝です。ありがたい。

http://www.geocities.jp/alpinaclimb/eria/gainen.jpg
まずは、E岩へのマルチ。
1Pを、Oさんがリードして登る。取り付きが危うい。泥とコケで滑りやすい。見覚えがある地点に来た。
そして、2P。ここも見覚えがある。しかし、風が当たって寒い。
「暖かくなってからにしよう」

A岩に戻る。昼食。
Oさんが休息中に、5.7の2ピッチのマルチをTドライバーさんとつるべで登る。水が染み出しているようで濡れている。快適には登れません。

以前、私がリードした「はごろも5.9」をOさんにリードしてもらう。
私とTドライバーさんは、トップロープで登る。
よく見ると、しっかりとした手も足もある。しかし、長いので疲れる。20mで疲れてはいけないのだろうが、フゥ・・・
Tドライーさんが、終了点からトラバースして、次のトップロープを設置。ご苦労様です。

その「次」は、「ななつ星5.10-」
ぱっと見に、ハングしています。無理・・・

私はビレイに専念。
Oさんが登る。踏み込んだ足場の石が崩れて落ちる。怖い!
もちろん、ザイルは張っているので体が落ちたのは、ほんの少し。気を取り直して、しっかりと終了点まで。

続いて、Tドライバーさん。
登ってから一言「はごろも5.9より、楽」

すっかり諦めていた私も張り付く。
Tドライバーさんのアドバイスで、あれよあれよと終了点。ふう〜

Oさんが、ちょっと途中が違う「ななつ星」直登を試す。さすがです。

豊田 蛍街道西ノ市で汗を洗い流して(660円)
帰路に着く。

Tドライバーさんは、年末にかけてお仕事が忙しいらしい。今回が、年内最後。
Oさんは、23日にご一緒する予定でしたが、予報では雨。中止。


さて、年末年始、どうしよう。

ちなみに、
1月は、11日(月)に次女が成人式。17日(日)は仕事。

  
 

題名:Re: 白滝山  名前:いちみる 2015/12/24(木) 21:26 No.3756  操作 softbank126091011219.bbtec.net

山口には良い岩場があるようですね。
久留米から行くには距離的にちょっと悩むところです。
20日は日向神の寿老人エリアに初めて行ってきました。
TDさんの「動画開始!」を参考にさせていただきました(^^)
短いピッチですが、なかなか手ごわいですね。
左の3本をチョンボしながら登りました。
次回は正々堂々と登りたいものです。
来年も情報よろしくお願いします。
ちょっと早いですが、よいお年をお迎え下さい。




  
 

題名:Re: 白滝山  名前: 2015/12/24(木) 23:40 No.3757  操作 ntfkok008013.fkok.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

3757の画像を原寸大表示します いちみるさん、こんばんは。

山口の岩場はClimbing Community Alpinaの方々のおかげで楽しませていただいております。とても有難い。

日向神の寿老人エリアは、今まで他のグループと一緒になったことがありません。楽しまれたようでなによりです。

今年もあと一週間。山に何回の登れることやら・・・

よい年をお迎えください。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 8
11/24 (金) 8
11/23 (木) 8
11/22 (水) 6
11/21 (火) 8
11/20 (月) 8
11/19 () 7
11/18 () 7
合計: 42710

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web