山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:井原山(新村)  名前: 2015/03/29(日) 22:02 No.3504  操作 ntfkok005122.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3504の画像を原寸大表示します 2015年03月28日(土)
朝からいい天気。ここ数日、ずっといい天気。

新村から入山。
登ったことのない沢沿いに藪漕ぎ。縦走路に出て、20分で山頂の標識。

山頂は人がたくさん。
風があるので、凧を一気に浮揚。
サッサと回収。
ちょっとのんびり過ごして下山。



題名:脊振山系(十坊山〜基山)  名前: 2015/03/24(火) 19:25 No.3497  操作 ntfkok005122.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3497の画像を原寸大表示します 2015年03月21日(土)〜22日(日)

脊振山系全山縦走
33時間21分 79.9km
装備 水、食料、ツェルト、寝袋、シュラフカバーなど 20kg

ひとりでの山歩きでは、いろいろなことを考えながら歩くことが多い。情けないことに、今回は中止する理由と下山する方法ばかり考えていました。

そして、そんな中でも今回の山歩きでも様々な発見がありました。

朝5時過ぎに家を出発しバスに乗る。天神に着くのが5分ほど遅れ地下鉄を乗り損ねた。
まわりを見ると、休日の早朝の酔っぱらいは若者ばかり。【発見、その1】
予定の30分遅れで福吉駅に着く。

7時半、歩き始める。十坊山登山口までが遠い。車では、ちょっとの距離なのに。
そして、登山道を歩き始めると暑い。ブレスサーモの下着、冬用の服。これはダメです。

十坊山の山頂付近では伐採作業が行われていた。展望がますますよくなります。【発見、その2】

7人ほど、走る格好の人達がいる。伺うと、天拝山から走って来たらしい。天拝山から金山まで毎月走っていて、今回は集大成とのこと。
驚くことに、そのうちの2人は引き返して天拝山に戻るらしい。150km以上です。
トレールランニングって凄い。どうやら、この週末は縦走している人が多いようです。
「縦走祭り」といわれていました。【発見、その3】

白木峠で休憩されていたトレラン2名を追い抜くが、走る人たちには敵いません。
暑くて疲れる。3月だというのに、この暖かさは予想外でした。このまま歩けるのだろうか不安になる。
浮嶽で食事をとり、元気を取り戻す。
トレラン2名と合流しようとしている人もいる。

峠の林道にエイド(トレランではサポートする人たちのことをこういうらしい)の車が3台。
給水・食事・休憩をされている。
私は水も食事も背負っているので、通過し先を行く。
体調がよくない。暑いので脱水気味。両足とも攣りそうになる。少しずつ足を進める。
さすがに羽金山でトレラン3名に追い越される。
長野峠で休んでいるところに追い付く。
雷山でゆっくり食事。トレランの人たちに30分ほど遅れる。
日が沈み暗くなるが、気温が下がり快適になる。風もあり気持ちいい。

三瀬峠でトレランの方々に追い付く。1時間休憩らしい。
エイドの方々からスープを頂く。ありがたい。
先に出発し、水場で給水。金山に立ち寄り行動食をとる。
ここからトレラン3名と合流。
「先に行きますか」といわれるが、単独より安心感があるし、ペースを維持できるので後ろから着いて行く。
ちなみに、トレランの人たちは金山や脊振の頂には立ち寄らないらしい。

椎原峠で小休止。夜半過ぎになっており、眠い。トレランのリーダーが3分寝ると言って横になられた。私も数分間、熟睡。少し元気になって歩き出す。

気象台のレーダー付近の展望の良い更地。
ライトを消して見上げると、カラス座。そのはるか下、地平線近くに星。
ついに見ることができました。南十字γ星です。【発見、その4】
中学生の頃に脊振から見えることを知って以来、初めて見ました。

21日02時半、脊振山頂直下の広場でビパーク。トレランの人たちはエイドのサポートで休息。その後、先に進んでいかれたはずです。ここからは下りが多い。下りでは全くスピードが違いますので、追い付くはずありません。私は2時間半、睡眠。屋根があるのでツェルトは使わず、寝袋とシュラフカバーのみ。
1時間ほど経ったとき、「わっ、人が寝ている」と声がした。この声の人も縦走なのだろうか。

05時、起きて荷物をまとめる。広場で給水しようとしたが、水が出ません。これは予定外。
ペットボトルの沢水500mLしかない。駐車場の自動販売機でお茶を1L購入。

「基山まで24km」の標識に途方が暮れる思いがする。
蛤岳で湯を沸かして、カップラーメンをすする。ブレスサーモの下着を脱ぐ。

峠を過ぎて、九千部山に取り付く。オフロードバイクが下りてきた。よほどの技術がないと、こんな山道を運転できません。【発見、その5】

石谷山分岐で立っている人から、
「トレランのレースがあっており70人くらいが通ります」
しばらくすると、全く息を切らしていない3人が飛ぶような勢いで走り去った。
その後の人たちは、息を切らせて懸命に走っている。先頭の人たちは別格らしい。トレールランニング、凄い世界だ。【発見、その6】
「縦走している人でしょ、がんばってください」と声を掛けられる。
昨晩のトレランのエイドのひとりだったようです。レースに出ている選手から応援されるなんて・・・元気をいただきました。

九千部山の山頂で小休止。食事。いい風が吹いているが、凧を揚げる余裕がない。

基山に向けて歩き出す。0.5km刻みの標識でカウントダウンしながら進む。
1kmごとにザックをおろして一息。舗装された道が歩きやすい。

基山0.1kmの標識。山頂を見上げると、数字の割に遠い。

ようやくたどり着いた最後の山頂。残りの飲み物を飲み干した。
近くで、子どもがゲイラカイトを揚げていました。確かに、いい風です。しかし、余裕がありません。原田駅まで、まだ歩かないといけません。

原田駅に到着。ふぅ〜

思っていたより疲れました。
20kgの荷物を背負って、冬用の厚い服。ブレスサーモの下着。
身体によくありません。両足とも筋肉痛。右足にはマメまでできました。歩くときの癖の影響です。下るときに右足で踏ん張ることが多いようです。翌日まで、ミオグロビン尿になりました。そのため、軽い貧血。しっかり、飲食して回復。

  
 

題名:Re: 脊振山系(十坊山〜基山)  名前:山馬鹿 2015/03/24(火) 20:39 No.3498  HomePage 操作 cdu11c222.cncm.ne.jp

凄い! 80kmを、一泊二日で・・・
(通常 二泊三日でもかなりしんどいはず、軽量化が必須と)
この縦走路、残りは坂本峠〜七曲峠(笑)
トレラン人気、都会では激しいんですね〜
『南十字γ星』見れて感動でしょう?、40年来の夢♪
豆&血尿&貧血ですか?、大変 お疲れ様でした。

  
 

題名:Re: 脊振山系(十坊山〜基山)  名前: 2015/03/25(水) 20:30 No.3499  操作 ntfkok005122.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3499の画像を原寸大表示します 山馬鹿さん、こんばんは。
ありがとうございます。

もちろん、坂本峠〜七曲峠、歩きました。
七曲峠付近は、思い出したくありません。
道路沿いは、捨て犬と亡骸・・・
最もつらい光景です。人間は残酷です。
「夜中の山は怖くありませんか」と聞かれることがありますが、本当に怖いのは人間です。

南十字、科学者としては証拠が必要。写真を撮るまでが課題です。

ちなみに、
「血尿」ではありません。筋肉の疲労によるミオグロビン尿です。
水分をとって排尿すれば、すぐ回復します。

  
 

題名:Re: 脊振山系(十坊山〜基山)  名前:風来坊 2015/03/25(水) 05:37 No.3500  操作 p17041-ipngn100402fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp

おはようございます、凧さん。
ご無沙汰していますが、今回は背振完全縦走ですか!?
それも一泊二日で!! お疲れ様でした。
グレートトラバースの田中陽希並みの速さです。
でも、南十字γ星が見えて良かったですね。
先週末は予想以上に暑かったので、大変だったと思います。
しばらく静養下さいませ。

  
 

題名:Re: 脊振山系(十坊山〜基山)  名前: 2015/03/25(水) 20:19 No.3501  操作 ntfkok005122.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3501の画像を原寸大表示します 風来坊さん、こんばんは。

トレランの速い人は12時間だそうです。
私は、トレランの人のようには走りません。
必要な物を背負って、一歩一歩。

南十字
中学の頃にこれを目的に登り始めたのでうれしいのです。

ちなみに、
下山の翌日は普通に仕事でした。
次の機会には、今回の逆「東→西かな」と思っています。

  
 

題名:Re: 脊振山系(十坊山〜基山)  名前:登るタクシードライバー 2015/03/26(木) 02:41 No.3502  HomePage 操作 116-94-79-132.ppp.bbiq.jp

 凧さん お疲れ様でした。

凧さんが凧を揚げなかったなんて
信じられない!!!

以前はトレランの人は宝満で見かけてましたが
私も今年の正月雪の脊振で会いました
トレランブームなのでしょうか?

一泊二日で80k体に良くない
歩いてはいけません(笑)

歩くのは満足したでしょうから
次はクライミングしましょう。

  
 

題名:Re: 脊振山系(十坊山〜基山)  名前: 2015/03/27(金) 01:02 No.3503  操作 ntfkok005122.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3503の画像を原寸大表示します 登るタクシードライバーさん、こんばんは。

今回の状況、体力的にギリギリでした。

精進いたします・



題名:亀山(仁光寺フェース)  名前: 2015/03/17(火) 21:44 No.3496  操作 ntfkok005122.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3496の画像を原寸大表示します 2015年03月15日(日)
南は天気が悪い。
後で聞くと、熊本はザァーザァー雨だったらしい。

OさんとTDさんと福岡を出発。
セミナーハウスから入山。

地元のクライマーは、すでに凄い所に取り付いていました。

仁光寺フェース
トップロープを設定。
フレーク左を登る。

昼食後に稜線に登って頂で凧を浮揚。
北側の祠のピークに移動して、再び凧浮揚。

戻って、みなさんが登ったマキフレーク。
取り付いた所が難しい。何度も繰り返して、ほとんどの筋力を失った。時間をかけて、なんとか登る。

トップロープの設定を変えて、ミラクルスラブ。
最後にジタバタと這い上がる。確かに、ここが今回一番簡単。

みなさん、もっとグレードの高い所を試してみる。

15時近くなって、下山。
長沢温泉で汗を洗い流して帰路に着く。



題名:日向神(寿老人)SKルート 懸垂下降  名前: 2015/03/10(火) 22:05 No.3494  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3494の画像を原寸大表示します 2015年03月08日(日)
ずっと課題になっているSKルート。
今回は上から降りてみる偵察です。

まずは寿老人岩の頂から懸垂下降。
あれっ・・・ここは寿老人の岩場。

頂に戻って、テープと踏み跡をたどる。
ここのようです。

どこまで降りるのか見えません。
50mのザイルを2本つないで懸垂下降。しっかりと足場を確認しないと下のピンにたどり着かず振られます。
一人立てる支点で60mザイルで懸垂下降。オーバーハングしています。下が見えなくなるので足場がある所で一旦セルフビレイして、ザイルを引き下ろして更に下降。またオーバーハングしています。
松の木の横の鎖をつけた支点。ひとつ上で切り替える必要はなかった。ここまで上から80m。
登るルートとずれて真下に懸垂下降。
前回の撤退ポイントにたどり着く。ここまで来ると安心感がある。
蜂の巣があったテラスまで下降して切り替えて、更に下降。

全部で150mでした。
ザイルを回収して登山道を登っていると、M浦さんとTDさんと合流。声も届かなくなり心配していたらしい。

もう一度、頂に戻る。
皆さんをご案内。
50m下降。
60mザイルを設置。
松の木の横の鎖まで下降。Oさんが続いて降りて来られる。
TDさん、M浦さんと続いて降りて来られる。4人揃ってからザイルを下ろして、下の撤退ポイントまでザイルを出す。
あとは50mと60mをつないで、一気に懸垂下降。

SKルート、懸垂下降だけで満喫しました。

再び頂に戻って、ザイルを回収。
遅い昼食。

風はあるものの不安定で巻いています。凧は揚がりません。

寿老人の岩場で、1〜2本登って終了。


  
 

題名:Re: 日向神(寿老人)SKルート 懸垂下降  名前: 2015/03/12(木) 20:52 No.3495  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3495の画像を原寸大表示します 何往復もしました・・・


題名:井原山(古場岳)  名前: 2015/03/04(水) 20:57 No.3493  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3493の画像を原寸大表示します 2015年03月01日(日)
雨が上がったのは昼過ぎ。
日暮れまでに帰宅したいので、古場岳から入山。

山頂は強風。雲の中で視界なし。
長居は無用。さっさと下山。


山頂でSoftBankが4Gでつながるようになっていた。



題名:根子岳(見晴新道ショートカット)  名前: 2015/02/28(土) 18:31 No.3489  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3489の画像を原寸大表示します 2015年02月28日(土)
休日出勤の代休が取れたので山。
気になっている所はいくつもある。
中でも、根子岳のヤカタガウド。
崩壊後にも何度も行ったが、行くたびに様子が変わっており、あまりにも危険なので、2年前の5月以降行っていません。

天狗岩から西側への縦走路にたどり着くには、正規ルート以外に2ルート(「オオヤマレンゲ」と「風穴」)ある。しかし、天狗岩の東側のコルにたどり着くには、見晴新道しかない。

見晴新道への近道は、元駐車場から東側に這い上がるものがありましたが崩壊。一枚岩から登るルートもありますが、短くなりません。

そこで今回のルート。
元水場(天狗水)から東側のガレ場へ。
潅木の斜面、獣道を手がかりに登る。
元眼鏡岩の裏側を見ながら、30分ほどで見晴新道。

見晴新道の崩壊地点の北側なので、コルまでには難所の迂回があります。しかし、30分以上短縮短縮できます。

  
 

題名:Re: 根子岳(見晴新道ショートカット)  名前: 2015/02/28(土) 18:41 No.3490  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3490の画像を原寸大表示します ルートを引くのが目的だったので、見晴新道を少し歩いて引き返す。

帰路に一旦、ヤカタガウドを覗いてみるがひっきりなしに落石の音。
状況は悪化しているように思います。


添付したのは、今回のトレースです。

  
 

題名:Re: 根子岳(見晴新道ショートカット)  名前:登るタクシードライバー 2015/03/01(日) 02:31 No.3491  HomePage 操作 58-3-47-182.ppp.bbiq.jp

 凧さん ご苦労様です!

見晴新道ショートカット良いですね
30分短縮、上り下りに使えるなら
最高です
近々に登ってみたいです
これでヒカゲツツジ見に行けますね(笑)

でも今週も月曜日スキーに行きます。


  
 

題名:Re: 根子岳(見晴新道ショートカット)  名前: 2015/03/01(日) 11:21 No.3492  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3492の画像を原寸大表示します 地蔵尾根ルート、見晴新道
ビックリするくらいたくさんのテープが付けられていました。

阿蘇山の噴煙は白色。
少し穏やかになったような気がします。



題名:浮嶽  名前: 2015/02/22(日) 15:35 No.3483  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3483の画像を原寸大表示します 2015年02月22日(日)
予報どおり天気が悪い。
約束がないのでソロで山歩き。

家を出ると、虹。

  
 

題名:Re: 浮嶽  名前: 2015/02/22(日) 15:38 No.3484  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3484の画像を原寸大表示します どこに登ろうか・・・
どうせ展望が期待できないのだから、久し振りの山へ。

  
 

題名:ダブルレインボー  名前:凧男 2015/02/25(水) 19:57 No.3485  HomePage 操作 softbank219015220003.bbtec.net

いやぁ〜見事な虹ですね…。しかもダブルレインボーです。子供の頃、虹の根元には宝物が埋まっている…と信じていました。根元に歩いて行く途中で虹は消えるのですが…。
  
 

題名:Re: 浮嶽  名前: 2015/02/26(木) 21:29 No.3486  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

凧男さん、こんばんは。

虹といえば、凧男さんのハワイでの写真が一番だと思います。


今回、虹を見つけてコンビニの駐車場に入ると、他にも3台続けて駐車場に入ってきました。みんな、虹の写真を撮っていました。

しかし、朝方の虹は天気が悪くなる前兆。その後は雨でした。

  
 

題名:Re: 浮嶽  名前:登るタクシードライバー 2015/02/28(土) 03:22 No.3487  HomePage 操作 58-3-51-93.ppp.bbiq.jp

3487の画像を原寸大表示します  凧さん こんばんは。

今週も日曜日は雨、山は無理と思うので
私は先週と同じパターンで
土曜日遅くまで仕事
月曜日「めがひら」に日帰りで
スキーに行ってきます(笑)

  
 

題名:Re: 浮嶽  名前: 2015/02/28(土) 17:48 No.3488  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

登るタクシードライバーさん、こんにちは。

確かに、日曜日の山は無理のようですね。
雨が降り出しましたね。明日の昼過ぎまで降り続く予報が出ています。

月曜のスキーを楽しまれてください。



題名:陶ヶ岳  名前: 2015/02/16(月) 17:47 No.3481  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3481の画像を原寸大表示します 2015年02月15日(日)
朝7時に福岡を出発。

今回は、OさんとTDさんのいつものメンバーだけではありません。
久々のスナフキンさん、お仕事以外にヨット部監督としてお忙しくされています。

下関JCTから山陽自動車道、宇部JCTを経て山口宇部道路、由良ICで25号線へ。194号線に左折しないといけないのに、間違って61号線へ。陶ヶ岳をぐるりと1周しました。

10時前に入山。30分ほどで岩場。
国体ルートを登ります。
トップはOさん、セカンドは私、サードはスナフキンさん、ラストはTDさん。

上部では、地元の方々が11クラスのクライミングをされていました。

山頂で昼食。12時になりました。
空から灰が降ってきます。秋吉台の山焼きによるもののようです。
直下のお地蔵様付近でクライミング

  
 

題名:Re: 陶ヶ岳  名前: 2015/02/16(月) 17:54 No.3482  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3482の画像を原寸大表示します 風が吹き出したようなので、山頂で様子をみるが微風です。
撤収。

下部の取り付き付近でクライミングした後、長沢温泉で汗を洗い流して帰路に着く。


スナフキンさんは、さすがスポーツマン。
どんどん登って来られる姿が勇ましいのが印象的でした。
写真は、懸垂下降中のスナフキンさん



題名:金山(三瀬城跡)  名前: 2015/02/11(水) 17:36 No.3478  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3478の画像を原寸大表示します 2015年02月11日(水・建国記念の日)
朝8時にOさんと金山へ。
佐賀県側から入山。

数年前から看板がある三瀬城跡。
駐車場を過ぎて、山中から入山。

整備された目印のあるルートを登り詰める。
縦走路への向かうルートから大きく外れて、城跡。
石積みに囲まれた空間。
今までは縦走路の「城ノ山」を三瀬城と思っていました。
こんなに立派な城跡があるとは驚きました。

少し戻って、沢沿いのルート。
古いテープや幹のペンキ。
あれっ!林道・・・
三瀬峠からの新しい林道に出ました。
当初の予定を変更。林道を歩く。どこまで出来ているのだろう。
林道工事終了点。
戻るか、もう一つ東側の登山道まで藪漕ぎか。後者を選びました。
300mほど藪漕ぎして、沢沿いの登山道。
ここも古いテープや幹のペンキ。
最も当てになるのは、雪面の獣の足跡。最近、人は通っていなくても野生のみなさんは歩いているようです。

アゴ坂峠、ここからはたくさんの人の足跡。今日の先行者もある。

山頂付近には、佐賀の高校の山岳部。元気。

12時前、山頂。先行者に追い着く。
昼食をとる。花乱の滝から登って来られたグループが到着されて、下山開始。

山中地蔵へのルートで下山。
九州自然歩道なので、ルートが分かり易い。つまらない・・・

  
 

題名:Re: 金山(三瀬城跡)  名前: 2015/02/13(金) 18:29 No.3479  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3479の画像を原寸大表示します トレースです


題名:阿蘇(仙酔峡)  名前: 2015/02/09(月) 22:09 No.3474  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp


3474の画像を原寸大表示します 2015年02月08日(日)
阿蘇が気になる。
TDさんと福岡を出発して、M浦さんとかんぽの宿で合流。

モチベーションが上がりません。
暖かいので、仙酔峡付近は凍っていない気がする。
根子岳の市原新道〜西峰にするか、見晴新道〜天狗にするか。

装備して見晴新道に取り付く。
しかし、転進。
理由は、思ったより凍っていることと、忘れ物。
仙酔峡へ。

仙酔峡駐車場。
一面雪。駐車場脇では、1cmの積雪、その下は2cmの火山灰。
すぐ横の滝は全く凍っていない。駄目か・・・
ツバメの浄土近くの氷瀑を目指す。
M浦さん、装備に不具合。難儀されています。

期待していた滝、ほとんど凍っていません。
アイスクライミングできません。残念。

  
 

題名:Re: 阿蘇(仙酔峡)  名前: 2015/02/09(月) 22:14 No.3475  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3475の画像を原寸大表示します 高岳直登を検討したが、条件が悪い。
M浦さんの装備の不具合。
強風と雪。
そして、噴煙。

  
 

題名:Re: 阿蘇(仙酔峡)  名前: 2015/02/09(月) 22:20 No.3476  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3476の画像を原寸大表示します 踏ん張らないといけないほどの強風の吹雪。
これより上は、噴煙の風下。
下山するしかありません。

雪と火山灰が堆積した景色。
白と黒のコントラストが異様です。

  
 

題名:Re: 阿蘇(仙酔峡)  名前: 2015/02/09(月) 22:36 No.3477  操作 ntfkok037113.fkok.nt.ngn2.ppp.infoweb.ne.jp

3477の画像を原寸大表示します 中岳・高岳・鷲ヶ峰は噴煙に覆われています。
そんな所に人は居ることはできません。ガスで肺が痛みます。
噴火活動が収まるまで近付いてはいけません。

早い下山になったが、かんぽの宿で汗を洗い流す。

草千里から見ると、噴煙が出ている範囲が大きくなっている。白色、火山灰は含んでいないようです。一見、活動が収まってきているように見えるが、噴煙には二酸化硫黄や硫化水素などという有毒な物が入っています。まだまだ危険です。

これからの火山活動が気になります。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 3
09/23 () 3
09/22 (金) 8
09/21 (木) 7
09/20 (水) 7
09/19 (火) 10
09/18 (月) 3
09/17 () 3
合計: 42301

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web