山頂の雑記帖

このエントリーをはてなブックマークに追加

[表示切替]  [HOMEに戻る]  [留意事項]  [記事検索]  [携帯URL]  [管理用]
BBコード
テキストエリアで適用範囲をドラッグし以下のボタンを押します。
装飾と整形

フォント
この文字はフォントのサンプルです
リスト
標準  番号付  題名付

スマイリー
表とグラフ
データ入力
ファイルから入力(txt/csv)
要素の方向:
横軸の数値:
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
直接入力
凡例
カンマ区切り数値 例:1,2,3
横軸の値 例:2009,2010,2011,2012
オプション
出力内容
グラフタイプ
区切り文字
縦軸の単位例:円
横軸の単位例:年度
マーカーサイズ
表示サイズ
確認と適用
Status表示エリア
プレビュー
絵文字
連続入力
外部画像
  • 画像URLを入力し確認ボタンをクリックします。
  • URL末尾は jpg/gif/png のいずれかです。
確認ボタンを押すとここに表示されます。
Googleマップの埋め込み

  • 説明
  • 説明
確認ボタンを押すとここに表示されます。
HELP

名前
メール
題名
本文※必須
URL
添付FILE 上限500KB
パスワード 英数字で8文字以内(記事修正用)
文字色
質問:私が山頂で揚げている物は何でしょう。
答え:

題名:くじゅう黒岳縦走  名前: 2018/10/31(水) 20:27 No.4468  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4468の画像を原寸大表示します 2018年10月28日(日)
いつものメンバー
I永さん、Oさん、Tドライバーさん。

雨天後、岩場は無理なので、
山歩きに決まる。

紅葉している「お山」
三俣山・大船山・・・
すでにピークを越えています。
次なるのは、くじゅう山系ならば、黒岳。

黒岳縦走です。

9時前に、白水鉱泉付近から入山。
下山は男池駐車場なので、ご一緒の皆さんより先を急ぐ。

4時間かかって、12時半に高塚山のピーク。
風はあるものの、乱風。
人も多い。凧は断念。

天狗岩まで30分。
下山の集団とすれ違う。待ち・・・
登れそうな所を這い上がって、頂。13時。

不安定な風。
しかし、ここで揚げないと、ここまで来た意味がない。
凧を風で膨らませて、一気に浮揚。100mまで。
サッサと回収。

下山開始。30分ほどで風穴。
ソババッケを経て男池駐車場。14時半。

車まで3kmほどある。15時。ふぅ〜

皆さんを待って、男池駐車場で待機。

1時間・・・
2時間・・・
17時を過ぎた。
このままでは、日が暮れる。
風穴まで下っていたときにすれ違った25人ほどの団体も下山していない。
長崎ナンバーのマイクロバスが待機している。

心配になって、装備を確認。今日のルートの往復を準備。
靴を履き替えていると、「お待たせ〜」との声。
I永さんが戻って来られた。
みなさん、ご一緒。よかった。

筌ノ口温泉で汗を洗い流して、帰路に着く。
九重ICの前で、長崎ナンバーのマイクロバスが目の前に。
ご無事で何よりです。

  
 

題名:Re: くじゅう黒岳縦走  名前: 2018/11/08(木) 22:33 No.4469  操作 softbank060139029023.bbtec.net

4469の画像を原寸大表示します 空撮


題名:大船山  名前: 2018/10/23(火) 13:56 No.4466  操作 p1820155-ipngn201105fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp


4466の画像を原寸大表示します 2018年10月22日(月)
日曜日に仕事だったので、代休。
岳麓寺登山口から入山。

  
 

題名:Re: 大船山  名前: 2018/10/23(火) 21:36 No.4467  操作 softbank060139029023.bbtec.net

4467の画像を原寸大表示します 駐車場には20台近くの車、満車です。

標高800m以下、作業道を2km近く歩いて登山口。
歩き始めて2時間半ほどて山頂。

紅葉はピークを過ぎているか、今年は色づきが悪いのか。
ちょっと、もの足りません。

しかし、いい風が吹いている。
凧、一気に浮揚。
150m以上ラインを出す。
風が安定している間に回収。

小一時間して、再び浮揚するものの墜落。

下山開始。
のんびりと2時間ほどで駐車場。



題名:猟師岩・鬼ヶ鼻  名前: 2018/10/19(金) 21:59 No.4461  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4461の画像を原寸大表示します 2018年10月14日(日)
お馴染みの「見晴台」
とはいえ、前回は2か月前。

メンバーは、Iさん、Oさん、Tドライバーさん。
Iさん、Tドライバーさんから、北アルプス立山遠征のお土産をいただきました。ありがたい。恐縮です。

  
 

題名:Re: 猟師岩・鬼ヶ鼻  名前: 2018/10/19(金) 22:00 No.4462  操作 softbank060139029023.bbtec.net

4462の画像を原寸大表示します さらに
  
 

題名:Re: 猟師岩・鬼ヶ鼻  名前: 2018/10/19(金) 22:10 No.4463  操作 softbank060139029023.bbtec.net

西椎原峠まで車。
途中で、見覚えのある方々、労山会の方々。
やろうとしていることは同じ。

岩場でトップロープを3本設置。
先発の3名と私ども4人。
次々と登る。

疲れました・・・
その後、数日間筋肉痛でした。
軟弱です・・・

  
 

題名:Re: 猟師岩・鬼ヶ鼻  名前: 2018/10/20(土) 16:54 No.4464  操作 softbank060139029023.bbtec.net

4464の画像を原寸大表示します 一週間前から気になっていた足元の木の実。
ブナの実でした。



題名:金山(西椎原峠)  名前: 2018/10/13(土) 18:22 No.4460  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4460の画像を原寸大表示します 2018年10月07日(日)
I永さん、Tドライバーさんは、北アルプス遠征へ。
http://blog.livedoor.jp/shinoji2001/

残留のOさんと私は、脊振山系へ。

Oさんに来て頂いて、私の車に乗り換える。
椎原峠近くまで車で上がります。
台風で荒れています。

脊振山系縦走路上から入山ですが、金山までは4.5kmです。

マイナーなルート。
人と会うことはないと思っていました。
しかし、6人の方かだとすれ違いました。
その中でも・・・

「凧さん」と声を掛けられる。

あれっ! 失礼いたしました。
新村のTさん、7月28日にお世話になりました。
まだお会いしたいと思います。

金山の山頂でのんびり昼食。


ピストンで9kmでした。



題名:高岳山系(球磨川支流万江川内川内谷) 沢 
名前: 2018/09/25(火) 17:48 No.4455  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4455の画像を原寸大表示します 2018年09月23日(日)
いつものメンバー、I永さん、Oさん、Tドライバーさん。
先週と同じ万江川の谷。

対岸に谷が見える。
万江川を渡渉。

見どころの13m滝

  
 

題名:Re: 高岳山系(球磨川支流万江川内川内谷) 沢 
名前: 2018/09/25(火) 17:50 No.4456  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4456の画像を原寸大表示します チョックストーンのある滝。
入口の6mCS滝。中には6m斜滝,4m直滝と続くらしいが、ここで終了。

  
 

題名:Re: 高岳山系(球磨川支流万江川内川内谷) 沢 
名前: 2018/09/25(火) 17:51 No.4457  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4457の画像を原寸大表示します さっさと下山。
  
 

題名:Re: 高岳山系(球磨川支流万江川内川内谷) 沢 
名前: 2018/09/25(火) 17:58 No.4458  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4458の画像を原寸大表示します 山江温泉(http://hotarunomura.com/)で汗を洗い流す。

そして、
珠磨焼酎ミュージアム白岳伝承蔵

  
 

題名:Re: 高岳山系(球磨川支流万江川内川内谷) 沢 
名前: 2018/09/25(火) 17:59 No.4459  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4459の画像を原寸大表示します さらに、
深野酒造



題名:白岩山系(球磨川支流万江川葛谷左俣) 沢 
名前: 2018/09/20(木) 21:38 No.4453  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4453の画像を原寸大表示します 2018年09月16日(日)
Oさんは,家族旅行。
M浦さんは,怪我したらしい。山でも,仕事でもないときに・・・。
心配です。おだいじにされてください。

復活したI永さん。
しばらく足が腫れていたらしい。

何度も経験のある上中道谷という案もありましたが,行ったことのない所に魅力を感じて,球磨川支流万江川葛谷。
前回同様に参考にさせていただいたのは,九州の溯渓(http://yingyang1973.blog51.fc2.com/)

まずは,人吉ICからすぐのサンロードで焼酎「球磨の泉・常圧(25゜)1800ml」を入手。
Tドライバーさんは,「ばつぐん」と「球磨の泉」の2本。
これで,ほぼ目的達成。

山江PAより戻った地点の葛。
水道施設付近から入渓。

2つの砂防堤を越える。
勾配が緩急織り交ぜている。

平坦な沢を歩いていると,急に向かい風。
その後,滝を見つける。

高巻きして進むことが続く。
果敢にもTドライバーさんが登っても,ついていけません。

大きな数段の滝。
ここも,全く登れません。高巻きしようとするが,ずいぶん遠回り。
本流から左の沢へ,左俣にルート変更。

しばらく進むが,高巻きしないといけない立派な滝。

  
 

題名:Re: 白岩山系(球磨川支流万江川葛谷左俣) 沢 
名前: 2018/09/20(木) 21:40 No.4454  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4454の画像を原寸大表示します ここでタイムオバー。
I永さん,リハビリ中です。

昼食して,沢を下降。
沢沿いの作業道も歩くが,崩壊が激しい。

山江温泉(http://hotarunomura.com/)で汗を洗い流して帰路に就く。



題名:白髪岳山系(八重谷川) 沢  名前: 2018/09/11(火) 22:04 No.4449  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4449の画像を原寸大表示します 2018年09月02日(日)
前回と同様,メンバーは,Oさん,M浦さん,Tトライバーさん。
最近に見つけたsite(http://yingyang1973.blog51.fc2.com/)を参考にしました。ありがたいです。

八重のバス停付近に車をデポ。

橋から這い上がって,ここが難所。
以前に,生活用水のための取水のため出入りした跡があるものの崩壊。
針金が邪魔・・・
懸垂下降で入渓。

最近の土砂崩れで荒れている。
いくつも滝が連続する。
這い上がったり,巻いたり・・・
昼を過ぎて,昼食。

さっさと下山。
登って来た沢を懸垂下降しながら下る。
取り付き口の橋の下の滝も懸垂下降。


  
 

題名:Re: 白髪岳山系(八重谷川) 沢  名前: 2018/09/12(水) 22:13 No.4450  操作 softbank060139029023.bbtec.net

4450の画像を原寸大表示します Ps ちなみに,
windowsPCが故障。
マザーボードの電解コンデンサーが
ぷっくり となっている。
4〜5年おきに同じ現象。

  
 

題名:Re: 白髪岳山系(八重谷川) 沢  名前: 2018/09/12(水) 22:23 No.4451  操作 softbank060139029023.bbtec.net

サブで使っているWindowsマシンを,7→10にしました。

メインは,もちろん頑強なMacです。もう,20年。
Twentieth Anniversary Macintosh


  
 

題名:Re: 白髪岳山系(八重谷川) 沢  名前: 2018/09/12(水) 22:27 No.4452  操作 softbank060139029023.bbtec.net

4452の画像を原寸大表示します 話が,寄り道しました。


今回の山歩き。
行きがけに入手した物はなかなかでした。
サンロードのオリジナルの焼酎。
(これで,充分です・・・)



題名:阿蘇 中岳  名前: 2018/08/31(金) 22:58 No.4447  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4447の画像を原寸大表示します 2018年08月29日(水)
休みが取れた。
どこにしよう・・・
久し振りに阿蘇の中岳へ。

57号線から、なかなかのドライブコースになっています。
崩落した赤橋付近は、見渡す限り崩壊。
緊張感があります。合掌・・・

潰れた阿蘇山ロープウェーの阿蘇山西駅の山上広場駐車場でも駐車できますので、800円払って・・・
砂千里駐車場から入山。

久し振りの中岳。
北面は雲に覆われている。
微妙な上昇気流で100mほど凧を浮揚。

2時間近く粘って、何度も浮揚。

  
 

題名:Re: 阿蘇 中岳  名前: 2018/08/31(金) 22:56 No.4448  操作 softbank060139029023.bbtec.net

4448の画像を原寸大表示します 下山して、
西風を期待。火口を写すことができるかもしれない。

火口縁の山上広場駐車場。
阿蘇中岳火口の展望台。
まわりの建物で荒れた風。
一気に浮揚するが、弱い・・・

さっと回収。
諸般の事情もあります。
なんとか、撮影したものは、http://kiteview.d.dooo.jp/kite46.html



題名:仰烏帽子山系(逆瀬川谷)  名前: 2018/08/29(水) 20:30 No.4445  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4445の画像を原寸大表示します 2018年08月26日(日)
暑い。
沢しかない。
アブがいない沢。
日帰りができる沢。

五木村しかありません。

逆瀬川
さかせごう

未舗装の荒れた道を経て、川辺川第一発電所。
規模の大きな土石流で荒れています。
小さな水流を渡る。しかし、ここが逆瀬川谷。

谷が少し屈曲した先にある8m滝。http://yingyang1973.blog51.fc2.com/blog-entry-536.html
によると、ここを過ぎた所から核心らしい・・・

しかし、タイムオーバー。
登ってきた沢を下降。

いつものように、五木村の温泉で汗を洗い流して帰路に着く。


行きがけに、
サンロード鬼木店で、焼酎「ばつぐん」を入手済みです。

  
 

題名:Re: 仰烏帽子山系(逆瀬川谷)  名前: 2018/08/30(木) 09:57 No.4446  操作 softbank060139029023.bbtec.net

4446の画像を原寸大表示します 8m滝を登るOさん


題名:星生山・久住山・天狗ヶ城・中岳  名前: 2018/08/25(土) 01:45 No.4444  操作 softbank060139029023.bbtec.net


4444の画像を原寸大表示します 2018年08月20日(月)
ここまでは休みだったので、二日前のリベンジ。

先日とは逆に、まずは星生山。
山頂には二人の登山者。弱い風。
凧、なんとか浮揚。

久住山の山頂。
ここも今日は少ない。
上昇気流を捉えて、浮揚。

次に、天狗ヶ城。
いい風。
200mほど浮揚したものの安定せず、あわてて回収。

中岳。
弱い風。フフラフラと浮揚。
さっさと回収。

帰路に着くが、星生山が気になる。
特に、「星生崎」のピーク。
たどり着くと、風が変わった。
久住山・天狗ヶ城・中岳のピークは雲がかかった。
凧、一気に浮揚。ラインに力がかかる。さっさと回収。

急に天気が変わりそうなので、登山口に急ぐ。
車に戻ると、フロントグラスに雨粒。


[現行ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
[過去ログ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31]
以下のフォームから自分の記事を修正/削除できます [説明]

処理:  記事No:  パスワード:


今日: 2
03/18 (月) 2
03/17 () 1
03/16 () 3
03/15 (金) 4
03/14 (木) 3
03/13 (水) 3
03/12 (火) 8
合計: 45280

- aimix-BBS無料レンタル掲示板 [掲示板の作成はこちら] -

script - Kent-web