原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名くじゅう中岳
コメント 2014年01月05日(日)
朝6時に、OさんとTDさんと福岡を出発。

阿蘇の予定でした。仙酔峡に着くと、火山ガス。滝は全く凍っていないし、雪もも少なそう。

当初はご一緒する予定だった若宮山岳会のFさんもキャンセル。

前日の21時に連絡を受けていたのを、すっかり忘れていました。


九重に変更しました。牧ノ戸へ。

10時半に入山。
しっかりと積もっており、楽しい。

久住分かれ付近の避難小屋は人がたくさんいるようなのでスルー。昼食は、御池の避難小屋。

御池はしっかり凍っているものの雪が積もっており、平らな雪原。

風があるので、私は歩きながら食べて中岳へ。

凧揚げ。
乱流に捉われて、何度も落下。
こういうときは、安定した気流まで一気に高度をあげてからカメラをぶら下げる。
しかし、凧もカメラも雲の中・・・
30分ほど試みる。

お二方が登って来られて、下山。

快適なスノーハイク。

九重観光ホテルで汗を洗い流して帰路に着く。



ちなみに、
今日は誕生日でした。
50歳になりました。人生の1/3を過ごしました。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1567pixel × 689pixel (472 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト