原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名阿蘇(仙酔峡)
コメント 2011年02月13日(日)
Tドライバーさんと二人で福岡を出発。かんぽの宿でIさんとM浦さんと合流。
パジェロミニに乗り込み仙酔峡へ。
あれっ、TさんとKさん。ラリナガでお馴染みの12クライマー。まずは中岳へ。
福岡ナンバーの3人。楢尾岳へ。ベテランの方々のようだ。
佐賀ナンバーのグループは仙酔尾根へ。

9時頃、仙酔峡から入山。
駐車場の横の滝は先週より凍っているものの、2週間前ほどではない。登れません。
巻いて上に登り、氷面の上に足を乗せる。ドボン。また、足を捻ってしまいました。痛い!

雪と氷の沢登り。しかし、気温が高いようで水の流れの音が聞こえる薄い氷。
沢から這い出て、アイスクライミングのシークレット・ゲレンデへ。
しかし・・・

つららなどが落ちる音。ふわふわな雪。気温はプラスなのだろう。
先週に私が打ったピンが見つからない。Iさんが設置したペツルの支点は立派。
薄い、融けた氷を踏みしめながら懸垂下降。登れる氷が限られる。降りても登れるのだろうか。なぜ僕が・・・
やる気満々の元気なM浦さんも降りて来た。

トップロープで登ります。
右手、左手。研いで尖っているアックスは刺さります。
右足を蹴る。ボロボロ崩れます。何度か蹴って、引っ掛かった所に足を置く。
次に、左足。少し上を蹴る。カバッと氷がはずれます。両足が安定しない。
頼みは両手のアックス。時間がかかると、腕に力が入らなくなる。
上部は氷がない。アックスが岩に当たる。氷を探して突き刺す。
ようやく、這い上がる。両腕がパンパン。腰のザイルもほどけない。

M浦さんも登ってきます。氷が落ちる音。テンションがかかったザイル。
ご苦労さまでした。

Tドライバーさんとアイゼンが壊れたIさんは断念。

昼食後、気になっていたもう一つの谷へトラバース。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1824pixel × 1368pixel (231 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト