原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名鬼ヶ鼻・猟師岩
コメント 2011年9月19日(月)
土曜日に日向神を変更して背振にある“鬼ケ鼻岩”で外岩の練習に行ったというフーバーさんからの情報によると、鹿児島黒稜会の福岡の岩場(http://sports.geocities.jp/ckpdw457/2-4-2.html)に鬼ヶ鼻と猟師岩付近について説明がある。フーバーさん、教えて頂きありがとうございました。
そういえば、この付近の岩場にきれいな支点がついていると風来坊さん(http://furaibow.exblog.jp/)から伺ったこともある。
気になります・・・

さっそく、行って来ました。
「明日も遊ぼうね」と約束した昨日と同じメンバー。小学生みたいな中年男3人です。

雨の中、9時過ぎに入山。

鬼ヶ鼻
以前からあった支点と違う。ペツルの新しい支点がたくさん設置されている。登れそうな所もあるが風雨が強い。
あれっ! Y田さんがハーネスを着けている。
濡れたコケの斜面の凹角(10m、5.9)に取り付きます。沢靴では足がきまらず、ズルッ、ズルッ・・・2ピン目で断念。風雨の中では当然無理です。
全体の様子を確認するため。鬼ヶ鼻上部から懸垂下降30m。雨粒が強い風で吹きつけるため、声も透りません。一部はオーバーハングしています。どこを見ても厳しいルートです。

昼食後、猟師岩までの岩場へ。

南側に展望が開けた岩場。やはり、ここでした。
しかし、支点にはボルトだけが・・・ボルトだけではカラビナは掛けられません。
立ち木に支点を取り、30m懸垂下降。ぶらりと吊り下がる。オーバーハングです。3m左には、なんと立派な一抱えほどの大きさのスズメバチの巣たくさんのハチが飛んでいました。

南側斜面、明るい、コケや土が少ない、登り易そう
しかし、スズメバチ・・・

猟師岩山を越えて、小爪谷を下山。藪漕ぎのような登山道を経て林道。ずいぶん歩いて車に戻る。

6時間半、お疲れさまでした。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1545pixel × 1232pixel (393 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト