原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: 岩屋ロックガーデン
コメント 昼食後、東稜(90m 4級)。
1Pは簡単そうなので、Oさんが準備している間に2ピン目までフリー。ビレイしてもらって3ピン目。左にもピンが見えるが右が簡単そう。登ってしまいました。
Oさんを上からビレイするために見下ろすと、どうやら左が本来のルートだったことに気づいた。しかし、こちらのほうが難しそう・・・
しかし、さすがOさん。「難しいよ」と言いながら、しっかり這い上がる。
「一度降りて、本来のルートを登ったら」なんて勧められるが固辞。

次は、このルート最大の難所、2Pのトラバース。
今日はチャレンジャーなY田さんもいない。Oさんは、「撤退」を提案・・・

気持ちが萎えます・・・

ここで諦めたらいけない! 念のために設置した上から吊るしたザイルもある。私が宣言、「行きます!

下降気味なトラバース。ひとつひとつ慎重に進めば、足場もつかむ所もある。テラスにたどり着く。ふぅ・・・

Oさんはトラバースが苦手なようです。躊躇しながら最初の一歩。 その後は手際よく、テラスまで。

3Pは、BGクラックと同じ。2度目で簡単のはずですが、すでに疲れた・・・

何か所も設置した「お助けひも」を片付けて、4回目の懸垂下降。

Oさんはクラックの取り付きが気になるようで、2度ほど練習。

「おうち温泉天徳の湯」\500で汗を流して帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 3648pixel × 2736pixel (482 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト