原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名阿蘇高岳(仙酔峡から直登)
コメント 2012年01月22日(日)
阿蘇への定期便。福岡を6時に出発。

今回は、Oさん、TドライバーMさん、昨年5月以来のスナフキンさん(H畑さん)。
熊本で合流したのは、自由人になったM浦さん。一週間ほど前、3泊も北岳で凍えていたらしい。2月には谷川岳を目指すらしい。「うらやましい!」存在です。

仙酔峡の駐車場。快晴です。
天気予報は雨でしたので、晴れ男のスナフキンさんのお陰でしょう!

登山者がたくさん居ます。
仙酔尾根から登る人たち。ロープウェイ沿いに中岳から登る人たち。大分ナンバーの車のテント。「鷲同人」と書いてある・・・鷲ヶ峰に向かって行かれた。

仙酔峡の流れは、凍っていません。今回は、アイスクライミングは出来ません。やむなく、偵察。滝の氷具合を確認しながら、高岳を直登。ほとんど融けています・・・

山頂に近づくと、雲がかかる。残雪に足跡をつけながら山頂。


風は安定。凧、100m以上浮揚するものの雲の中へ入って行く。写真は、真っ白な物ばかりです。


中岳を経て下山。

来週に期待しています。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 889pixel × 907pixel (461 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト