原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名伯耆大山(夏道ルート)
コメント 2012年2月11日(土)伯耆大山
今回は、若宮山岳会の皆さんにご一緒させていただきました。
Fさん、Jさん、Tさん、Hさん、Y田さん、ありがとうございました。

前日の10日(金)、出張の仕事を早く済ませて帰宅。仮眠。
21時にY田さんと出発。九州道・中国道・山陽道、広島で中国道に。雪が降っており、タイヤ規制。Y田さんの車なのでスタットレス。快適に走行。
蒜山SAに3時に着く。1時間半ほど仮眠。
若宮山岳会の皆さんと合流。朝食を摂り出発。

7時過ぎ、夏道登山口から入山。
たっぷり積雪している。天気は晴れ、うれしい!

いくつかの先発隊がいるようだ。
竹竿の目印を設置しようとしている団体、地元の方かと思っていたら長崎の方々。

風もなく穏やかな樹林帯を過ぎる。六合避難小屋は見当たらない。すっかり埋もれているようです。
風が強くなる。視界も悪くなる。時折、雲が切れると素晴らしい景色。足場はカリカリになってきた。ストックからピッケルに切り替え、目出し帽を被る。

八合目付近になると、視界が10mほどに、50mほど前に進んでいる先発隊のトレースも風で吹き消されて分からない。しかし、目印の棒はなんとか見えるし、何度も登っているので分かる。

大山頂上小屋は雪に埋もれていました。東側の屋根裏にある出入り口の扉も雪の下。
スコップ2本を交代しながら2mほど掘り進んで取っ手を開ける。
ヘッテンで鉄梯子を降りて、昼食。
ちなにみ、トイレは11月から4月まで使用できません。

外は、ホワイトアウトするかもしれません。6人で縦走するのは危険。
今回も縦走は断念。残念ですが、また来ます!

登ってきたルートを下山。

予定より随分早いので、樹林帯に入ってから、雪洞を作ってみました。
暖かくて快適です。

皆生温泉の宿で汗を流して、一泊。

さっさと下山したので気づかなかったが、弥山尾根で滑落し骨折という遭難があり、残された人も翌日動けなくなり救出されたらしい。
みんな助かったのが何よりです。

しっかり食べ、たっぷり飲んで、じっくり睡眠・・・
12日(日)は、朝風呂、朝食。16時に福岡に戻る。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1773pixel × 1744pixel (473 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト