原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名根子岳(逆縦走)
コメント 2012年03月20日(火)春分の日
Oさんは風邪。
根子岳の主Iさんは仕事。
M浦さんは連絡が取れず・・・

おまけに、私の車は調子が悪い。
今回はタクシーで阿蘇まで行きました!

6時半に、Tドライバーさんが仕事で使っている車で迎えに来ていただきました。

一か月ぶりの阿蘇。
車の中でも、いつもと違った座席、景色が新鮮です。

9時半に、ヤカタガウドから入山。
西峰への直登ルート、岩穴を左手に見て、藪と立ち木の斜面を這い上がります。今回の一番の核心です。

縦走路に出て、ホッとします。

15m懸垂下降。5m懸垂下降。両側に切り立ったガレ場を過ぎて、尾根筋に這い上がり、さらに立ち木の斜面を這い上がる。
10m足らずの岩をクライミング。Tドライバーさんをビレイする。短いが登り難い。

振られる斜面を懸垂下降。目の前には、大好きなローソク岩。

Tドライバーさんに確保してもらって、ローソク岩の上に。
風はある。揚げる条件は充分!
北側斜面に吹き上げられた風の乗り、一気に浮揚。真上に揚がる。

200枚程度撮影して回収。

支点に付けられたスリングを整理して、懸垂下降。

ナイフリッジを通って、熊五郎落し。またもや、Tドライバーさんに先頭をお願いする。

天狗峰で、遅くなった昼食。

天狗のコルへ、15m懸垂下降して下山。
コルの斜面には、コッヘルや標識が落ちている。
一般登山道も侵食が進みえぐれて崩れています。

登る時に登山口付近にあったフキノトウがない!
他にも登山者いたことは間違えがありません。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1027pixel × 843pixel (482 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト