原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名根子岳(天狗)
コメント 2012年04月22日(日)
天気予報では、雨。
降雨確率100%。

しかし、一気に回復するはず・・・期待


いつもより1時間遅い7時に福岡を出発。
かんぽの宿で、根子岳の主IさんとM浦さんと合流。しかし、Iさんは体調不良で不参加。お大事にされてください。

10時半に、ヤカタガウドから入山。
暑い。天狗の水(力水)の水場に手が加えられていた。
コルからトップはM浦さん。セカンドに私。
つかむ岩が少し変わったように感じる。

天狗峰(天狗岩)で昼食。
M浦さんとTドライバーさんは熊五郎落しを降りて登ってくる。
Oさんは直下の南壁を降りて登ってくる。
私は雲の中、凧揚げ。山頂にかかった雲。少しずつ晴れてくる。
1500枚撮影。

カメラは回収したものの、凧は木に引っ掛かる。5mほど上の枝。糸も切れた。こんな所に残置するわけにはいきません。木登りして回収。

14時過ぎ、見渡すと、一面は雲海!
下山開始。

15時近い、登ってくる集団。
韓国からの登山者たち。草千里・中岳・高岳を経て来られたらしい。根子岳の東峰を越えて行くとのこと、凄い! 朝の天気を思い出すと、ビックリします。

いつものように(とはいうものの、1か月ぶり)かんぽの宿で汗を流して帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 583pixel × 548pixel (271 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト