原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名根子岳(オオヤマレンゲ〜天狗)
コメント 2012年10月21日(日)
ようやく根子岳に登れる機会になりました。

朝6時に、Tドライバーさんと福岡を出発。
かんぽの宿でM浦さんと合流。

元登山口までの林道の途中までしか車は行けません。
ツベツキの入口付近に駐車。9時に出発。

林道のどん詰まりに5台ほど駐車している。
車がUターンできるように整備しているグループもいる。ご苦労様です。

50分ほどで元登山口。ふぅ
水場でハーネス装着。
ヤカダウドを断念して下山している人とすれ違う。

ガレ場の清水谷に入る。以前より一層足場が不安定。
登り詰めた所から左側の茂みへ。数年前に付けて白テープを辿る。9月2日の先発の2人が滑りながら這い上がっていた稜線を経て、ウグイス谷へ。

オオヤマレンゲの群生地に着く。オオヤマレンゲと共に崩れ落ちています。岩肌を見せる斜面になっています。

縦走路までのルートは残っていました。ほとんど木登りです。ピッケルを土の斜面に突き刺し這い上がる。

見慣れたルート。ここまで来ると少しホッとします。しかし、油断できません。熊五郎落し(天狗大下り)までの間、少し崩れています。

南峰からの稜線、通称ブックエンドに人がいます。Tドライバーさんのブログに書き込みされていた人たちのようです。

熊五郎落しをM浦さんがリード。私はセカンド。先に頂上に行って凧揚げ。しかし、数mしか揚がらない。風が弱い。断念。

天狗のコルまでは、今まで通り。ただし、上の支点付近の不安定な岩は引っ掛かりもしていません。ただ乗っかっているだけです。いつでも落ちます。

コルからヤカダウドの様子を見に下りる。
ルートが途切れた所から茂みに入って、さらに先まで下りる。
予定変更。このまま下りることにする。ここまでは人が入った跡がある。
10mほど懸垂下降。
急なガレ場をザイルを付けて通過。
茂みに入って太い木にザイルをかける。
下までどれだけあるのだろう。わからない。30mと50mのザイルを繋いで懸垂下降。足場が良い所で下を見る。ザイルが届いていない。ザイルを調整して、ようやく下まで着くようになった。土と岩を落としながら、懸垂下降。9月2日に辿り着いた地点、眼鏡岩を見上げる所からちょっと上まで戻って来ました。

下山は、ずっとガレ場。集中力を必要です。ちょっとした油断で転倒します。

16時半に車に戻りました。
いつものように、かんぽの宿で汗を流して帰路に着きました。


こんなルートの登山は一人ではできません。
M浦さん、Tドライバーさんに感謝!
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 564pixel × 459pixel (234 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト