原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名伯耆大山(別山バットレス中央稜)
コメント 2013年02月09日(土)
昼過ぎまで仕事。急いで帰宅、5時間ほど仮眠。
20時家を出る。Oさんを迎えに行き、チャレンジャーY田さんと合流。21時に福岡を出発。

2013年02月10日(日)
02時に蒜山SAに着き、2時間半ほど仮眠。
アイゼン以外を装備して、いつもの南光河原駐車場へ。しかし、満車。宿泊予定のとやま旅館に駐車させてもらう。
6時半に大山寺から入山。1時間弱で元谷小屋。
「あれっ!こんにちは。」K川さんたち3人。東稜を目指すらしい。いつも通り凄い所を登っています。

北壁に向かっているのが、すでに5チーム以上。
弥山尾根を目指している踏み固められたトレースをたどる。少しでも楽をさせて頂きます。途中から谷を右に渡り尾根筋に出て、別山の取り付き。ここにもトレースがあります。先発隊がいるようです。視界が10m程度のガス。初めてのルートなのでありがたい。
ザイルを出して、チャレンジャーY田さんと私でつるべ方式。真ん中にOさんが登ります。「セルフの支点を確保しました。ビレイ解除。登ってきて下さい。」と叫んだら、隣の弥山尾根から「了解。」名前を呼んでコールしないといけない混雑です。

先発に追い着く。狭いルート、先には行けません。ペースを落とします。1月20日に阿蘇の赤谷で追い着いた先発隊でした。この時季、登りたい所は同じになります。前日には弥山尾根を登って、この日は別山尾根、その後も計画が合ったようで凄い。


Y田さんがトップのとき、ザイルが動きません。難儀しているようです。後発隊が追い着いて来ました。大阪の方々らしい。既に50mのザイルの中間。Oさんがトップからコールがないまま登り始める。上の状況がよく分からないが登るしかない。続いて、私も登る。待っている間に冷えて動きが鈍くなっている。なかなか際どい。ふぅ・・・Y田さん、凄い!
疲れたので、再びY田さんにトップをお願いして、尺取虫方式。
稜線筋に登っていたが、別山山頂寸前だけトラバース。回り込んで這い上がる。
別山の山頂。しゃがみ込んでいるスペースしかない。どの向きも急斜面。
温かいお茶を飲もうとするが、風雪が強くて咳き込んでしまい噴出す。

山頂。ここにしっかりとしたアンカーがある。ネットの情報によると、懸垂下降。いいえ、これはちょっと斜めに下ってナイフリッジに行くだけです。先発隊のトレースが分かり難い。
このナイフリッジ、踏み抜く箇所もあり、かなり微妙・・・

後は一般登山道の稜線目指す。風雪が強くなり、トレースはない。視界もない。後は這い上がるしかないはず・・・

馴染みのある登山道。ふぅ!
しかし、風が直接当たり吹雪。顔に当たると痛い。この状況は危険です。
先発隊が下山して行く。他のチームも、K川さんたちも。
私どもも、さっさと夏道登山道を下山。

六合目の避難小屋で休憩。ここまで来ると、風もなくなり、この世に戻って来ました。山は、森林限界のラインで変わります。

思っていたより随分遅い、17時に登山口。

大阪から来られた後発隊の方々が気になります・・・

とやま旅館には、若宮山岳会の方々。夕食は、楽しい宴会になり、即ダウン。

2013年02月11日(月・建国記念の日)
朝6時に目が覚める。
乾かしていた装備などを片付けてから朝食。
とやま旅館はありがたい。

出雲大社に参拝して、出雲大社宝物拝観。そして、そばをすする。
帰路に着くが、マラソンのため交通規制。手間取りました。

18時過ぎに福岡。

先月の縦走と同じように、達成感のある大山でした。ご一緒して頂いたOさん、Yさんに感謝、感謝です。ありがとうございました。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1055pixel × 1118pixel (479 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト