原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: 雲仙妙見岳・国見岳・普賢岳
コメント 9時半に仁田峠から入山。
まずは妙見岳。遠くまで見渡せます。阿蘇・祖母・傾。あれは霧島かな?

国見岳に這い上がる。風を捉えて、凧浮揚。
乱流に巻かれて墜落。同じことを2回繰り返して撤退。

昨年に立ち入り禁止が解除になった領域。
風穴は、20年前の噴火のとき地震計設置以来だ。
その時に使っていたザックとストックは、今も同じ・・・

12時、立岩の峰で昼食。

普賢岳で、再び凧浮揚。

14時前に駐車場に戻る。
雲仙小地獄温泉で汗を流し、小浜でちゃんぽんを食べて帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 512pixel × 536pixel (220 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト