原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名阿蘇高岳鷲ヶ峰(北稜)
コメント 2013年10月20日(日)
今回、久々に根子岳の主(元?)I原さんも参加!
ただし、正確には道具だけの参加です。

M浦さんが山道具を車に積むのを忘れたまま阿蘇まで来てしまい、I原さんから借りて来たらしい。

9時半、仙酔峡を出発。雨で濡れた草を掻き分けながら進む。
見上げると雲の中。関門を経て、第1キレット。
ジャンダルムで装備して赤壁。私がリード。ハーケンが錆び朽ちている。セカンドはM浦さん、ラストはTDさん。

北稜、交代しながらピッチを進める。
3P手前で待ち時間に弁当を食べる。視界が広がり雲海が見えてきた。

鷲ヶ峰山頂。
無数の羽アリがいる。身の回りに飛んでいるだけでなく、ザックや服にとまっている。景色がいいのでのんびりしたいが先に進む。

第2キレットの懸垂下降。20メートルの残置ザイルが設置してあった。一体どういう目的なのか。これを使えば、ノーマルルート2をザイルを持たずにソロで行けるだろうが・・・

高岳の弱い風で少しだけ浮揚。
中岳では風が弱くて断念。

駐車場に戻って、車に傷がないことを確認。

かんぽの宿の温泉で汗を流して帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 3648pixel × 2736pixel (458 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト