原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名根子岳(西峰新道〜天狗〜見晴)
コメント 2013年11月04日(月・振替休日)
紅葉の季節になりました。
どこの山より好きなのが根子岳の紅葉。赤根子です。


今回のメンバーは、クライマーDONさん・M浦さん・TDさん。


ヤカタガウドの登山口、お地蔵さんで駐車。たくさんの車があります。工事の人から工事の車が通り難いとのご指摘がありました。みなさん、気をつけましょう。


ハーネスを着けた人が一人で下山。体調不良で断念したらしい。おだいじに。


元登山口の看板から右。西峰新道(通称 市原新道)を登る。崩壊地点に付けていたロープがなくなっている・・・

10日ほど前に職場の階段で怪我していた両足、特に右足が動かし難い。腫れはひいてきたが浮腫みがありパンパン。靴に押し込んで靴紐で縛り上げている。


地蔵尾根ルートと合流して一般道、日ノ尾峠からのルートと合流して、縦走路上の西峰。先発隊の声が聞こえます。

15m懸垂下降して登り。宇部から来られた3人のパーティとすれ違う。難しい5mの岩を登る。福岡からの3人のパーティとすれ違う。その後に、福岡からの5人のパーティと同じグループの逆縦走4人が、振られる懸垂下降地点で上り下り。登って来られる方々がいなくなって、懸垂下降。


ローソク岩に登る。ここが一番景色がいい!
ここ数年では、一番きれいな紅葉!



懸垂下降して昼食。先発隊のトップが天狗の大下り(通称 熊五郎落し)を登っている・・・あれっ!? 通常登られているルートから左側を登っている。あそこにはピンがないのにどんどん登っていた。凄い!

先発隊の後に続いて、私どもはいつものルートを這い上がる。

天狗岩(天狗峰)の頂はかぜはあるものの上昇気流が巻いて下降気流になる。凧は揚がらず。

先発隊と共に、見晴新道を下山。
途中で、フィックスしたザイルを使わせていただきました。
ありがとうございました。



かんぽの宿で汗を洗い流して帰路に着きました。

埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 819pixel × 726pixel (494 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト