原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名阿蘇高岳鷲ヶ峰(ノーマルルート2)
コメント 2013年12月15日(日)
気温が下がって、阿蘇が気になる季節。

目的は、赤谷の様子を偵察。
メンバーは、Oさん、TDさん、M浦さん、私。

9時半に仙酔峡から入山。
たくさんの人が登っています。登山目的のバス2台、自家用車も5〜6台。
駐車場の滝はほとんど凍っていない。アイスクライミングはまだダメのようです。しかし、仙酔峡の沢に入っているグループがいる。

天気がいいので、私どもは鷲ヶ峰までピストンすることにしました。

関門を過ぎてアイゼンを装着。
先行する足跡がある。前日のものか。

赤谷、なんとかアイスクライミングできそうな程度に凍っています。来週の課題です。

第1キレット手前で右折。
足場に気をつけて、足を進める。

快晴。
しかし、青空がなくなり、妙な風になった途端に火山ガス。
喉の奥までの刺激。二酸化硫黄です。
鷲ヶ峰で、こんなにガスを吸ったのは初めてです。

山頂。展望がいい。登って来てよかった。
昼食をとる。
強い風を捉えて、一気に浮揚。200mほどラインを出す。
腕に力が入る。降ろすために巻き上げるのに難儀。

気温は-5℃もないが、風のため体感温度が低い。
さっさと下山。

そこでアクシデント。
M浦さんのアイゼンが切断。びっくり!

一歩一歩、用心しながらの下山。当然、いつもより時間がかかりました。

仙酔峡で装備を片付けていると、沢をアイスクライミングしていた人たちが仙酔尾根(バカ尾根)から下りて来られた。見覚えがある人もいる。

いつものように、かんぽの宿で汗を洗い流して帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 3648pixel × 2736pixel (490 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト