原寸大

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名窓ヶ山
コメント 2014年04月02日(水)
年度初めの会議がスムーズに終わったので、2日の次女の入学式に休みが取れるようになった。

10時からの入学式に出席。
あとは、念の為に保険などの書類を確認する必要がある。
しかし、オリエンテーションが終わって下宿に戻って来るまでに時間がある。


そこで、気になっていた山。
窓ヶ山に登って来ました。

登山口から23分で東峰。
窓といわれる凹部まで4分。
西峰、窓ヶ山の最高峰まで7分。

展望がいい。宮島までよく見える。
しかし、松の木などがあるので、ここでは凧は揚げられない。
来た道を戻る。

窓の付近の岩場から東峰にかけての岩場にはピンが打たれており、何本も登れるルートあり。

東峰で昼食。

午後になっての海風による上昇気流。
なんとか凧を揚げるが不安定。墜落を繰り返す。
数分間だけカメラを吊り上げる。

気流が安定しそうもないので下山。
12分で下山。

次女の用事を済ませて帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 419pixel × 255pixel (31 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト