原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名根子岳(西峰新道〜天狗〜見晴)
コメント 2014年11月03日(月・文化の日)
毎年(とは言っても5年目)、恒例の根子岳紅葉登山。
メンバーは、M浦さん、チャレンジャーY田さん、Oさん、Tドライバーさん、私。
ルートは、昨年同様で西峰新道(通称 市原新道)から天狗峰、そして見晴新道。

登山口には数台の車。今年は先発隊がいます。
登り始めると、見晴新道から先発隊の声が聞こえる。

日ノ尾峠からのルートと合流すると、足跡もある。
西峰からの縦走路で追い着く。嫁ノ平に登るらしい。私どもは天狗峰へ。熊五郎落しに居るパーティ
http://asobow.sakura.ne.jp/bbs/bbs.cgi

第4峰と第3峰で昼食。
ここで凧を揚げようと思ったが、ローソク岩に誰もいない。
大好きなローソク岩に立ち、凧揚げ。しかし、気流が安定しません。
先に進みます。

天狗の大下り(通称 熊五郎落し)で、総勢8名のあそ望山岳会を中心とした人たちと離合。こんにちは。お久し振りにお会いする人も・・・

登ると、
ご一緒したことのある人、こちらをご存知の方などお会いしました。

天狗峰で、凧を一気に浮揚。

結構、時間がかかっている。さっさと下山。
しかし、見晴新道。気が抜けません。

車に戻って片付けているとき、あそ望会の方々が戻って来られた。
私どもと逆の道程を辿って来られたようです。

かんぽの宿で汗を洗い流して帰路に着く。





今回の登山、この帰路の一瞬、強烈なことが、

チャレンジャーY田さんから「あれっ!何」の大声。
夕焼けの西空に火球(金星より明るい流星を火球といいます)。
少し緑色になって破裂して消えました。
今まで見た中では、1〜2位。
これまではの1位はhttp://homepage2.nifty.com/yyamasaki/leo01.html

高速道路、連休の渋滞もたいしたことなく帰宅。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 640pixel × 480pixel (59 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト