原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名金峰山(みたけさん)
コメント 2015年01月12日(月・成人の日)
いつものように朝6時に出発。OさんとTDさんとの三人です。
目指したのは、山口の馬糞ヶ岳。
しかし、美東SAから降雪。鹿野ICで高速を出る。路面は真白。
登山口までたどり着くのが厳しそう・・・
予定変更、登山口までたどり着きやすそうな山へ。
金峰山、後で分かったが「みたけさん」と読むらしい。
登山口には1台の先発隊。「北九州」ナンバーです。

装備を準備していたら、先発隊4名が下山して来られた。年配の方々。雪深そうなので諦めたらしい。

駐車地点から登山口までの林道は、フカフカの雪。10cmほど。
登山口からは樹木に遮られて、雪はほとんどない。
杉の人工林ほ越えて、「思い出の丘」の看板。
雪が日光に照らされて融けて水滴になり、木の上から落ちてくる。

青空が広がっているようだ。風もあるようだ。
高圧電線の鉄塔がある「一の岳」を経て、二の岳である金峰山へ。

金峰山。
ここまで積雪10cmほど、スノーシューは使えない。
山頂は反射板が二つあるものの、見晴らしがいい。南は瀬戸内海が見える。北は雪雲に覆われた白い山々。

弱い風をなんとか捉えて浮揚。
上空は少し風がある。100mほど揚げる。
安定せず、様子見しながらじわじわと回収。

まだ11時。登山口でお会いした人から伺った「三の岳」まで足を伸ばす。
ここまでは、立派な標識があったので同じような物を目指して行くが通り過ぎた。下り坂で引き返す。「三の岳」小さな目印がありました。

金峰山の主峰の二の岳に戻る。正午近くなり昼食。

地元の人が登って来られた。
伺うと、山の名前は「みたけさん」。登って来た反対側の麓での2年前の事件で有名になったとのこと。山口連続殺人放火事件。伺うまで、全く気づいていませんでした。

下山後、石船温泉憩の家(610円)で汗を洗い流す。


まだ、時間がある。
雪が融けた今のうちに馬糞ヶ岳の登山口を確認する。

秘密尾(すまひみつお)登山口へ。途中の氷見神社(ひみじんじゃ)もとても由緒のある時じゃらしい。お参りするべきだった。
登山口まで、雪の上に今日のトレースがある。

次に、反対側の県道361号からの登り口へ。
目の前を猿が通り過ぎる。県道434号は快適。平瀬から361。取り付き間では、こちらが良さそう。

「道の駅 ピュアラインにしき」に立ち寄り、帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 4608pixel × 3456pixel (488 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト