原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名平治岳・北大船山
コメント 2015年06月01日(月)
日曜日に仕事だったので代休。

この時期は九重のミヤマキリシマが気になります。
いつも通りに吉部に駐車して、平冶岳を北登山口から入山。

微妙だった梯子がなくなっているので、登山者が少ないだろうと思っていましたが、そうではありません。

登れずに渋滞・・・
グループで登られる人たちは、このルートは控えたほうがいいです。
登れる人と登れない人で分断されます。
上から手助けしても、それでも登れない人がいます。
登ってしまったら、下りることは更に難しい。
危険です。

1時間半で山頂。
評判どおり、今年は不当たり。
それでも、平日の月曜日なのに人が多い。

定点付近は木々が茶色になっている。
しばらく風を待つが断念。

北大船山に足を進める。
ここから見ると平冶岳はきれい。

のんびりと昼食。
「凧揚がりましたか?」と声を掛けられ、ビックリ。
井原山でお会いした方々。周船寺から来られたとのこと。
私のザックにつけていた金具に気づいて声を掛けていただいたらしい。覚えていただき、声を掛けていただき、ありがたく思います。
ちなみに、金具は環付カラビナ、ATC、タイブロック、カムなどです。目立つかな・・・

坊がつるを経て吉部に戻る。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 675pixel × 956pixel (136 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト