原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名湧蓋山
コメント 2016年01月10日(日)
いつものメンバーでの山歩き。
Tドライバー、Oさんと合流し、7時に福岡を出発。道の駅 小国でM浦さんと合流。

このルート、久し振り・・・1986年05月以来です。
初めて登ったのは、1972年(http://alpinesaikou.web.fc2.com/oldphoto/repo.html)


当然ですが、登山口は記憶とは大きく違います。

登山口の大きな表示があります。
駐車場もあります。
ちょっと上には、駐車場とトイレ(冬季は閉鎖)もあります。


牛の放牧の柵を越える。この付近から、牛さんのウ○コが目立ちます。幸い、冬の今は放牧されていませんので、生々しいものはありません。

見上げる山頂は雲の中。
霜柱を踏みしめる。20cm近い長さのものもある。
下山してくる人たちによると、「視界がなかった」

さらに登ると、樹氷の世界。
一気に晴れ渡り、その陽射しと、それに起因する風でどんどん融けていく・・・

山頂、快晴。
乱れた気流があるものの、いい風。
凧を浮揚。うまく風を捉えて、どんどんラインを出す。持ってきている全ての300mほど。
しばらく安定。
しかし、そんな状態は続くはずありません。
雲が渦巻き、上空の風も不安定。凧はゆっくり高度を下げる。
ラインを巻くが追いつかない。100mほど先に落下。引いてもダメ。引っ掛かっている。

落下地点が見えない。
ラインを辿って、山頂から下降。
急な斜面なので、ピッケルを突き刺して下降。

九重で引っ掛かるのは、またもやミヤマキリシマ。
凧を回収。この時点でもシャッター音を出しているカメラを回収。

地面にピッケルを突き刺しながら、斜面を這い上がる。
今日、これが一番疲れました。
全て回収し片付けた。

下山
落ちた樹氷が足を滑らせる。
足元の霜柱が足を滑らせる。
むかるんだ土が足を滑らせる。そして、牛さんのウ○コ・・・

宝満山を登ろうとして、こちらに変更した熊本のご夫婦とすれ違った。
正解です。それにしても凄いバイタリティ。


はげの湯で汗を洗い流して帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1108pixel × 772pixel (175 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト