原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名脊振山系(基山〜雷山)
コメント 2016年03月20日(日)
脊振山系全山縦走。
昨年は西から東に縦走したので、今年は東から。

朝6時前、JR原田駅を出発。いい天気。
足取りは軽いが荷物は重い。
昨年の反省から水は3L、10食分以上の食糧。
いつもの装備以外に、シュラフとシュラフカバーなどもあり20kg以上になる。

道路工事のため立入禁止、少し迂回。幸先が悪い。
基山の山頂。日が昇ったばかり、いい風が吹いている。
凧を揚げる。

車道を歩いていると、トレランの一人とすれ違う。十坊から来たらしい。

柿ノ原峠まで山道は倒木で結構荒れています。
九千部山の山頂。展望台に登って、凧を揚げる。

縦走路の入口で手間取る。こちらから行くとき、毎回脇道に迷い込んでしまう。

トレランの人から一気に追い抜かれる。「トレイルランニングin九千部山 2016」のトップのようだ。

七曲峠で昼食。

蛤岳までのルート脇に「2・4・5・T剤」の埋設地がある。今まで気付かなかった。

すれ違った登山者は3人。
脊振山頂までの標識のキロ数がなかなか減らないように感じる。
木道の一部が傷んでいる。

30km
脊振の山頂近くには車やバイクが何台も停まっている。
山頂は突風交じりの強風。
博多港に停泊する客船が目立つ。

歩き始めて半日、西椎原峠を過ぎる。
このあたりで、Mont-bellのストックを1本拾いました。お心当たりの人がいましたらご連絡をください。

日が暮れて、夜景がきれい。枝や倒木にぶつかるのでヘルメットを被る。
体がふらつくほど風は強い。防寒はしているものの体温が奪われ疲労し足が進まない。

金山の山頂。月夜の景色はきれいだが、風が強くて危険。風邪の当たらぬ南斜面へ。

アゴ坂峠、倒木などでルートがわかりにくくなっており手間取る。

登山者2人とすれ違う。十坊から来たらしい。
トレランのグループともすれ違う。
三瀬峠にはトレランのエイド。

峠で少し休んで歩き出す。

夜中の方が人とすれ違う。
トレランのグループが4人。昨年に途中一緒になった方々。往復の帰りだという。

足が進まなくなったので、新村分岐付近でビパーク。
ツェルトを設営し、シュラフに潜り込む。3時間ほど熟睡。

ここまでしか来れなかったので全山縦走は断念しようと、糸島市コミュニティバスの時刻表を調べる。いずれにせよ、井原の山頂を越えよう。

水を減らす。補充を繰り返していたので、常にほぼ満水だった。
歩き始めると、思いのほか身が軽い。
6時過ぎまで雷山にたどり着けば、全山行けるかもしれない。

井原山。
草木には霜。地面は霜柱。
強風のため身を屈めないと進めない。

まわりが次第に明るくなる。
どんどん歩く。しかし、すぐに登りで足が進まなくなる。
筋肉痛はない。体調は悪くない。しかし、食べても、補えない。
体温を保つために疲労したようだ。

羽金山が遠くに見える。遠くかなたに・・・

午前7時、長野峠で終了。
53kmでした。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 600pixel × 800pixel (67 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト