原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名犬ヶ岳(恐淵谷) 沢
コメント 2016年10月02日(日)
恐淵谷、今年2回目。

朝8時に福岡を出発。
INさん、Oさん、Tドライバーさんとご一緒。

高速で繋がったので、2時間かかりません。

登山口で装備して歩き出す。
杉の間伐ため作業道ができています。

沢は水量が多い。
泳ぐのが嫌なので気になっていましたが、ドボンと入る所が全て水深が浅間なっていました。ふぅ〜

面倒そうな所は巻いて行こうとしていると、
70代のINさんは、どんどん挑んでいます。凄い・・・
登攀能力は、すでに私を超えています。

ザイルを出さずに大滝まで着ました。

いつもより迫力のある。
大滝をTドライバさんがリード。私がビレイ。
新しい1ピン目がヌンチャクをかける。
2ピン目も。
そして、

あっ!
まさかの滑落!!

登山口でモンベルの沢靴を履くのに格闘しているときに、「腰を痛めた」と言っていたTドライバーさん。
不運が続きます。

Oさんが登って、私が続きました。
確かに、Tドライバーさんが落ちた所、難しい。滑ります。
INさんは、スムーズに登って来られました。


昼食後、下山。
求菩提温泉「卜仙の郷」(\500)で汗を洗い流して帰路に着く。



帰宅後、INさんに頂いた「鳥のたたき」を堪能する・・・うまい!
ありがとうございました。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1280pixel × 960pixel (236 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト