原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名井原山(洗谷) 沢
コメント 2017年07月09日(日)
朝8時半までに合流して、出発の予定。
しかし、強い雨雲が近づいている。
予報も雨。

7時21分に中止のメールを出す。
8時から電話で確認。
雷鳴が響く、判断は間違っていなかった。

しかし、11時頃になると次第にいい天気になってきた。
家内と買い物に出かけていたが、帰宅。

中止を提案したので、気がひくものの井原山の洗谷へ。

登山口、
やはり登山者のいる形跡はない。

装備して、12時半に入山。

さっそく、F1。
気持ちのスイッチが入らない。
途中まで登って、気持ちが萎えてきた・・・
水量が多い。足場が滑りやすい。
撤退するのも厳しい。

見上げると、人がいる。
見られていると撤退するのは恥ずかしい。
ようやく、スイッチが入る。両手両足をしっかりと突っ張りながら這い上がる。最後の乗り込みで、「手を貸しましょうか」と気遣ってもらう。
ありがたい。感謝。

3人の沢登りの方々、下山中のようです。


スイッチが入ったので、
中止を提案した思いを振り切って、全ての滝をどんどん進む。
最後の滝まで1時間半、ここで下山しようかとも思ったが縦走路へ。

途中でも見かけたが、スズタケが花をつけている。
120年に一度咲くともいわれている、珍しい現象。
一帯が既に色つきが悪く枯れ始めている。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1280pixel × 960pixel (454 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト