原寸大
クリックするとオリジナルファイルを表示します

PR
評価

星の数未評価0件/0件)

評価の投稿
評価:
名前:
本文(全角換算200文字以内)
この記事はまだ評価されていません。
上のフォームから記事の評価を投稿できます。
題名Re: 烏帽子岳(イノコヤ谷(イタゴヤ谷)) 沢
コメント ようやく登山口。

目指すは五勇谷の支谷。名称は、
イノコヤ谷「九州の沢と源流」(吉川満 著)
イタゴヤ谷 http://kawahanakokoro.web.fc2.com/20170610itagoyadani.html

林道を突き当りまで歩く。
そして、入渓。

遡行は、1.5kmほど。
登れない滝は、さっさと巻く。
登るしかない滝は、3人で助け合って這い上がる。(私はあまり役立っていません)

烏帽子岳に近くまで沢を登りつめて、縦走路。

ピークの烏帽子岳までは、ちょっと離れています。

山頂。
ハングした斜面の上です。
上昇気流の風はあるものの、気まぐれな微風。
凧揚げは、数mでダメ。断念。

14時過ぎに下山開始。
1時間ほどで登山口に着くが、お二人がなかなか下りて来ない。
国見岳方面の沢に登っていた熊本の人と情報交換。
16時頃に五木村の温泉に向けて出発。

ここのところ、毎週同じ温泉で汗を洗い流している。

いつものように、
焼酎を入手して帰路に着く。
埋込コード

ご自身のサイトのHTMLに以下のソースコードを貼り付けると縮小版画像を埋込めます。

サイズ 1077pixel × 1318pixel (319 kB)
画像形式 JPEG
All Exif
ヒストグラム
掲示板URL http://bbs15.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=kite00

Norton 製品をお使いの方はこちらを参照して下さい (Symantec社 ヘルプ)

ページを閉じる

前のリスト 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 移動 次のリスト